ひとえきがたり

高松駅(香川県、JR予讃線、高徳線)

連絡船の記憶 風化させない

夕暮れの高松港に停まる宇野行きのフェリーの向こうに、かまぼこ屋根の高松駅舎が見える=高松市玉藻町

夕暮れの高松港に停まる宇野行きのフェリーの向こうに、かまぼこ屋根の高松駅舎が見える=高松市玉藻町

  • 夕暮れの高松港に停まる宇野行きのフェリーの向こうに、かまぼこ屋根の高松駅舎が見える=高松市玉藻町
  • 地図

 本四架橋のないころ、高松駅は四国の玄関口だった。旧国鉄とJRの宇高連絡船が1910年から78年間、高松駅と岡山県の宇野駅を結び、列車と船を乗り継ぎ、多くの人と物が運ばれた。船が着くたび、乗り換え通路に人があふれ出し、船着き場までひかれたレールで貨物列車が連絡船内へ吸い込まれていった。

 5月11日は宇高連絡船にとって特別な日だ。60年前のこの日朝、高松を出航した連絡船「紫雲丸」が濃霧の中、貨物船と衝突し、沈没。修学旅行中だった小中学生を多数含む168人が亡くなった。高松市郊外の高台にある西方寺には慰霊碑が立ち、今年も法要が営まれた。

 100人を超える参列者の中には、親戚に会うために紫雲丸に乗船し、一命を取り留めた元会社経営者の赤川庄市さん(90)や、76年から連絡船の船長を務めた萩原幹生さん(76)の姿もあった。ともに高松に暮らす。萩原さんは退職後、事故当時の様子を知りたいと遺族のもとを訪ね歩き、今も交流を続けている。

 88年に瀬戸大橋が開通すると、宇高連絡船は廃止された。2001年には、港から300メートル離れた場所にガラス張りのモダンな駅舎ができ、駅前から海は見えなくなった。港付近は再開発され、ホテルや飲食店の入った高層ビルが並ぶ。

 駅に戻り改札を抜けると「連絡船うどん」の店舗から、だしの香りが漂ってきた。連絡船のデッキで売られた名物の讃岐うどんを再現したという。店の前には船の舵輪(だりん)のモニュメント。駅前には錨(いかり)も展示されている。しかし、目を留める乗降客はほとんどいない。「駅も港も様変わりしました。でも、事故も連絡船のことも風化させてはいけませんね」と萩原さんがつぶやいた。

文 永井美帆撮影 楠本涼 

 興味津々  

 JR高松駅(高松市)には、同駅と宇和島駅(愛媛県宇和島市)の327キロ(内子線区間を除く)を結ぶ予讃線と、徳島駅(徳島市)の74.5キロを結ぶ高徳線が乗り入れている。

 駅から高松港へは徒歩約5分。「鬼ケ島」の別名で知られる女木(めぎ)島や男木(おぎ)島、小豆島、直島などに向かうフェリー・高速船が毎日運航している。問い合わせは、各運航会社へ。

 香川県宇多津町の古街(こまち)地区には宇多津駅から徒歩15分。昭和初期の古民家を改装した宿泊施設や、明治期建造とされる蔵のカフェがある。問い合わせは町観光協会(0877・49・8009)。

 

興味津々
レールのモニュメント

 駅近くの高松港旅客ターミナルビル3階には宇高連絡船記念展示場がある。ビルの入り口には貨物列車が船に出入りするためのレールのモニュメント=写真=も。展示場は午前9時~午後7時。問い合わせは香川県交流推進課(087・832・3380)。

(2015年5月19日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「ひとえきがたり」の新着記事 一覧を見る
南阿蘇水の生まれる里白水高原駅(熊本県、南阿蘇鉄道高森線)

南阿蘇水の生まれる里白水高原駅(熊本県、南阿蘇鉄道高森線)

阿蘇山火口丘にある夜峰(よみね)山の裾野に、田園が広がる。その中を走ってきた列車が、十二角形の屋根を持つログハウス風駅舎の前で止まった。

余部(あまるべ)駅(兵庫県、JR山陰線)

余部(あまるべ)駅(兵庫県、JR山陰線)

城崎温泉駅から普通列車で西へ30キロ。トンネルを抜け、余部橋梁(きょうりょう)に差し掛かった瞬間、眼下に青々とした日本海が広がった。

遠野駅(岩手県、JR釜石線)

遠野駅(岩手県、JR釜石線)

田園風景を抜けると、重厚な佇まいの駅舎が現れる。欧州の建築様式を採り入れた瓦屋根の2階建て。1950年建造の駅舎は今取り壊し論争の渦中にある。

広電宮島口駅(広島県、広島電鉄宮島線)

広電宮島口駅(広島県、広島電鉄宮島線)

今年、世界遺産登録20周年を迎える宮島・厳島神社への玄関口。広電の電車を降りた人々が、JR宮島口駅からまっすぐ港へのびる道を歩いてくる人々と駅前ロータリーで合流し、足早にフェリー乗り場へと向かっていく。

新着コラム 一覧を見る
『男はつらいよ』

シネマNEWS

シリーズ史上初!『男はつらいよ』入場者プレゼントで豪華3種ポストカードセット!!

観客動員数が100万人を突破!大ヒットを記念して、『男はつらいよ』シリーズ史上初となる入場者プレゼントの実施が決定した。

世田谷美術館

気になる一品

世田谷美術館

「素朴派」の絵画を多く収蔵する世田谷美術館。ショップでは、素朴派を代表する仏のアンリ・ルソー「フリュマンス・ビッシュの肖像」をモチーフにした「ルソースタンドメッセージカード」が人気だ。

段ボールSL 島英雄作(熊本県南関町)

アートリップ

段ボールSL
島英雄作(熊本県南関町)

千平方メートルの屋内展示場に子どもたちの歓声が響く。その指さす先にあるのは段ボール製の蒸気機関車(SL)「D51」だ。全長20、幅3、高さ4メートルの実物大で、車輪を動かす装置など1700の部品はすべて段ボール。精巧に再現され、今にも動き出しそうだ。

「六月の光」

美博ノート

「六月の光」

異国の地で「描くこと」と向き合い続けた画家・木村忠太(1917~87)。36歳で渡仏して以来、帰国したのは一度だけだが、フランス語は全く話せなかったという。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。