旅してサプリ

世界遺産の森で 身も心もすっきり

青々とした緑の中で瞑想

青々とした緑の中で瞑想

  • 青々とした緑の中で瞑想
  • 金剛峯寺「根本大塔」内部
  • 参拝者を導くようにたたずむ供養塔
  • 精進料理のお弁当

 
 約1200年前、弘法大師・空海が開いた真言密教の聖地・高野山では、山全体を寺ととらえ、豊かな森を守ってきました。樹齢600年、高さ60メートルを超える巨木もそびえる森を舞台にした「森林セラピー」を体験してきました。

取材・文/蒔苗沙都子
 写真/鳥元真生

 標高900メートル、夏でもひんやりした空気が漂う高野町は、どこを歩いてもスギやヒノキのすがすがしい香りに包まれている。その香りの源は、すぐそこに迫る高野山の深い森。スギやヒノキ、コウヤマキなど「高野六木(こうやりくぼく)」と呼ばれる木を植樹し、健やかな森を保ってきた。

 2007年に始まった「森林体験プログラム」は、聖地の森で心身を浄化し、五感を使って森と向き合う時間だという。午前10時、高野山寺領森林組合の森林ガイド・西田安則さん(55)と高野山の信仰の中心地・奥之院の参道を歩き始めた。

 自然との向き合い方を知る

 約2キロメートルにわたる参道には、豊臣秀吉や武田信玄らの供養塔、芭蕉の句碑など約20万基が並ぶ。石の供養塔や木々は青々としたコケに包まれ、それらが一体となって森を作っているよう。西田さんに促され、コケと同じ高さまで目線を下げてみると、ふわふわと生い茂るコケの中に、小指の大きさほどのキノコが無数に見えた。「目線を変えることで森の見え方が違いますよね」と西田さん。森の新しい楽しみ方を教えてもらった。

 森の音、香りに感覚を研ぎ澄ます

 森の中での瞑想(めいそう)にも挑戦。ござの上に座り込むと、木々の香りに加え、地面から立ち上るみずみずしい土の匂いにも気づく。その全てを体に取り込みたくて、深呼吸を数回。寝転がって目を閉じる。鳥のさえずりや沢の水音に耳を澄ませ、時折ザァっと音をたてる木々から風の強さを感じ、まるで自分も自然の一部分になったような気分に。

 仏教には香りで身を清める習慣があるという。金剛峯寺の「根本大塔」にも、複数の香木を混ぜた粉末「塗香(ずこう)」を置き、参拝者は香りで身のけがれを除く。

 森が放つ天然の「塗香」で身も心も清め、すがすがしい気持ちで再び都会の生活に戻った。

 

 

森林体験プログラム
代表的なコースは8コースで、いずれも所要時間約4時間。インストラクター1人1万2600円(同行は10人まで)。事前要予約。日程や人数、スケジュールなどはグループごとに相談。精進料理弁当は1200円(お茶付き、要予約)。
問い合わせは金剛峯寺山林部(0736・56・2016)

 

 

 高野山の香りを自宅でも

「香老舗 高野山大師堂」では、高野山で採取されたコウヤマキやスギなどを水蒸気蒸留して作られたアロマオイルを販売。清々しい高野山の香りが自宅でも楽しめる。高野槙(まき)のオイル(5ミリリットル)1470円ほか。

【DATA】
高野町高野山732(TEL0736・56・3912)。
インターネットによる通信販売も。
http://www.koyasan.co.jp/daisido/

(2013年8月6日、マリオン・ライフ、マリオン・プレゼント掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「旅してサプリ」の新着記事 一覧を見る
改修が進む根本中堂のとち葺きの回廊屋根がメディアに公開された。ヘルメットをかぶった僧侶がスピーカーで解説=大津市坂本本町、井本久美撮影

最澄ゆかりの比叡山延暦寺とその周辺をめぐる

2021(令和3)年に最澄入滅から1200年の大遠忌を迎えるにあたり、19(令和元)年5月、「伝教大師最澄1200年魅力交流委員会」が発足した。最澄の魅力を求め、延暦寺へ。

最澄ゆかりの比叡山延暦寺とその周辺をめぐる(2)

最澄ゆかりの比叡山延暦寺とその周辺をめぐる

最澄ゆかりの比叡山延暦寺とその周辺をめぐる(3)

最澄ゆかりの比叡山延暦寺とその周辺をめぐる

最澄ゆかりの比叡山延暦寺とその周辺をめぐる(4)

最澄ゆかりの比叡山延暦寺とその周辺をめぐる

新着コラム 一覧を見る
「きかんしゃトーマス」

シネマNEWS

「きかんしゃトーマス」劇場版最新作、場面写真解禁!前売り特典も決定!

2020年には原作誕生から75周年を迎え、全世界で人気を博す「きかんしゃトーマス」。

「クレヨンしんちゃん」

シネマNEWS

今旬な俳優・山田裕貴、映画しんちゃんゲスト声優で声優初挑戦!!

ラクガキングダムの王国軍を率いて「ウキウキカキカキ作戦」を実行に踏み切るキーパーソン・防衛大臣役にゲスト声優として山田裕貴が大決定!

三遊亭兼好さん(落語家) 「運動靴と赤い金魚」(1997年) 

私の描くグッとムービー

三遊亭兼好さん(落語家)
「運動靴と赤い金魚」(1997年) 

ゲラゲラと笑って見るのが好きな人間でしてね。でも、この映画は私が28歳で入門して間もない頃かな、妻がDVDで借りてきたのを一緒に見て、幼い兄妹と家族の温かさに胸を打たれた作品です。

ブームの卵

ブームの卵

1月24日 注目グッズ
「ボルダリングレース」など

東京五輪で初めて正式競技として採用されるスポーツクライミングを、卓上で気軽に楽しんでみない?

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。