旅してサプリ

猫は島の「守り神」 魚と観光客を招くニャン

仁斗田港に集まる猫。「ほれー、まんまだよお」と地元の人がご飯を与える

仁斗田港に集まる猫。「ほれー、まんまだよお」と地元の人がご飯を与える

  • 仁斗田港に集まる猫。「ほれー、まんまだよお」と地元の人がご飯を与える
  • 「猫神社」には鎮守神のような猫がいた
  • 島で朝とれた魚介の刺し身や天ぷらが並ぶ「マリンライフ」の夕食
  • 「田代島にゃんこ共和国国民証」

 
 宮城県の「猫島」として知られる田代島。大漁の守り神として大切にされてきた猫と島の人々の絆に触れ、島の美味を堪能しました。

取材・文/松崎聖子

 

 猫の神様をまつる神社

 「ミャアミャア」の声がカモメか猫か分からなかった。港で船を迎える猫、猫、猫。ここ田代島は、住民約80人に対し猫の数が2倍以上の約180匹という、まさに「猫の楽園」だ。

 JR石巻駅前からバスと定期船「網地島(あじしま)ライン」を乗り継いで約1時間、島民の大半が70歳代以上。好漁場で知られる金華山沖が近く、昔から漁業で栄えてきた。島内に飲食店はないが、数軒の民宿でとれたての魚を味わえる。訪れた6月初旬、民宿「マリンライフ」の夕食にはワラサやイカ、ドンコ、ツブ貝などが並んだ。季節によりウニ、カキ、アワビも楽しめるという。

 島では古来から「猫は大漁を招く」と大事にされ、島中央部には「猫神様」をまつった「猫神社」もある。島南部の仁斗田(にとだ)には約150匹、北部の大泊(おおどまり)には約30匹の猫がいるとされる。「猫島」として注目を集め、2010年には約1万2300人の観光客が訪れたという。

 復興に「猫の手」借りる

 だが東日本大震災で主力のカキ養殖や漁業が大打撃を受け、被災した島民に猫の世話ものしかかった。そこで地元の有志が立ち上げたのが「田代島にゃんこ・ザ・プロジェクト」。一口1万円で支援金を募り、カキ養殖や猫の世話代に充てる。11年6月から呼びかけたところ、3カ月で1万2千口が集まった。翌年「社団法人田代島にゃんこ共和国」に組織変更。現在は募金の受付を終了し、支援者に「田代島にゃんこ共和国国民証」と養殖のカキの加工品を「お返し」として送っている。

 「猫の手を借りたから、恩返ししなきゃ」と同共和国副理事長の濱温(はま・ゆたか)さん(55)。年内に猫用の診療所を作る計画もある。ともに助け合い再生を目指す、人と猫との絆を感じた。  

 

 田代島 にゃんこ共和国

http://nyanpro.com

募金の受付は終了したが、基金を島の復興や漁の設備、猫の医療費やエサ代などに生かす活動に取り組んでいる。ホームページで島の猫情報を発信中。

 

 

 猫の手ストラップ

猫の手ストラップ仙台のガラス工房が制作。ピンクの肉球が愛くるしい。島内の民宿「漁師民宿 はま屋」(大泊53、TEL0225・98・2620)、「マリンライフ」(仁斗田38、TEL21・4122)ほか、島外では「復興ステーションBAPPA」(石巻市中央2、TEL96・4334)で購入可。500円。売り切れの場合あり。

(2014年7月9日、マリオン・ライフ、マリオン・プレゼント掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「旅してサプリ」の新着記事 一覧を見る
改修が進む根本中堂のとち葺きの回廊屋根がメディアに公開された。ヘルメットをかぶった僧侶がスピーカーで解説=大津市坂本本町、井本久美撮影

最澄ゆかりの比叡山延暦寺とその周辺をめぐる

2021(令和3)年に最澄入滅から1200年の大遠忌を迎えるにあたり、19(令和元)年5月、「伝教大師最澄1200年魅力交流委員会」が発足した。最澄の魅力を求め、延暦寺へ。

最澄ゆかりの比叡山延暦寺とその周辺をめぐる(2)

最澄ゆかりの比叡山延暦寺とその周辺をめぐる

最澄ゆかりの比叡山延暦寺とその周辺をめぐる(3)

最澄ゆかりの比叡山延暦寺とその周辺をめぐる

最澄ゆかりの比叡山延暦寺とその周辺をめぐる(4)

最澄ゆかりの比叡山延暦寺とその周辺をめぐる

新着コラム 一覧を見る
「宗家 源 吉兆庵」の陸乃宝珠(りくのほうじゅ)

オトコの別腹

大貫勇輔さん
「宗家 源 吉兆庵」の陸乃宝珠(りくのほうじゅ)

甘い物は舞台の合間に、片手でパッと食べられる物が好み。陸乃宝珠は差し入れでいただきました。

「中国飯店」の五目あんかけ焼きそば

おんなのイケ麺(めん)

石井幹子さん
「中国飯店」の五目あんかけ焼きそば

この店の料理はどれもおいしいんですが、必ず注文するのがこれ。魅力は何と言っても具材の種類が多いこと。豊富な野菜に豚肉やエビなどが入っていて、これだけで必要な栄養分がとれたような安心感があるんです。

『ゴジラにかける特撮の未来』

シネマNEWS

世界初︕ゴジラと講談&落語がコラボ︕︖

初代ゴジラ作品である『ゴジラ』(1954)と伝統芸能である<講談>と<落語>がコラボレーションした世界初のイベントゴジラ寄席 in OSシネマズ『ゴジラにかける特撮の未来』の開催が決定。

『MOTHERマザー』

シネマNEWS

新境地!長澤まさみが暗黒面の顔を見せる!

『日日是好日』の大森立嗣監督が、長澤まさみ、阿部サダヲを迎えた最新作『MOTHER マザー』が初夏に公開される。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。