アートリップ

時の旅人 
鈴木典明作(滋賀県草津市)

街道の往来 SF風に

20度傾斜した台座に立つオブジェ。アルファベットのXのように交差している=松谷常弘撮影

20度傾斜した台座に立つオブジェ。アルファベットのXのように交差している=松谷常弘撮影

  • 20度傾斜した台座に立つオブジェ。アルファベットのXのように交差している=松谷常弘撮影
  • 近くには東海道と中山道の分岐を示すマンホールが=松谷常弘撮影

 琵琶湖に面する滋賀県草津市。JR草津駅から南へ10分ほど歩くと、近代的な建物にまじって、漆喰(しっくい)の壁に格子窓のある屋敷が現れた。追分の道標や高札場跡もある。かつて東海道と中山道が合流し、本陣を構えた草津宿の面影がうかがえる。

 ふと、誰かが疾走する気配を感じて見上げると、無数のステンレス棒が張り出す一対のオブジェが立っていた。高さ約2・5メートル、幅は最長3メートル。同県高島市の芳春院住職で、中学校美術教諭の鈴木典明さん(54)が、1998年に制作した。

 草津市では、88~2000年度に、市民に心の潤いを提供する目的で、街角に立体作品を設置する事業を実施。土地柄にちなんだ作品を募り、全28基が点在する。本作もその一つだ。

 作品のテーマは「旅人」。溶接で形作った輪郭に、6~12ミリと太さの異なるステンレスの丸棒を接合し、人々が忙(せわ)しなく行き交う様を表現した。残像効果のような趣に鈴木さんは、「SF映画好きが高じまして」と笑う。街道の要衝として栄えた草津宿を、どれだけの人が往来したか思いを巡らせると、曹洞宗の宗祖・道元禅師の教え「輪廻(りんね)転生」と重なった。「袖振り合うも多生の縁。一期一会の縁で人はつながっている」と鈴木さん。過去から現在、未来へと続く時間の軌跡を表すとともに、人々の往来でこの町が発展する願いも込めている。

(尾島武子)

 草津宿

 江戸時代の主要路「五街道」のなかで、江戸・日本橋を起点に、京都・三条大橋まで続いた「東海道」の52番目の宿場町。内陸を通る「中山道」が、草津宿で合流する。参勤交代の大名行列、公家、庶民などの往来で、交通の要衝として栄えた。1843(天保14)年の文献には、大名などが利用する2軒の本陣をはじめ、2軒の脇本陣、72軒の旅籠(はたご)が軒を連ねた記録が残る。

 《作品へのアクセス》JR草津駅東口から徒歩約10分。草津まちづくりセンター前に設置。


ぶらり発見

うばがもち

 草津宿街道交流館(TEL077・567・0030)は、作品から徒歩5分。資料展示のほか、江戸時代の草津宿の町並みをジオラマで再現する。入館料200円。午前9時~午後5時(入館は30分前まで)。(月)((祝)(休)の場合は翌平日)、12月28日~1月4日休み。

 草津名物「うばがもち」(写真、12粒、600円~)は、草津駅から徒歩15分の、お菓子処 うばがもちや本店(TEL566・2580)で。同店は、歌川広重の浮世絵「草津 名物立場」にも登場した。午前9時~午後7時((土)(日)(祝)(休)は8時~8時)。

(2018年12月4日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「アートリップ」の新着記事 一覧を見る
キリン 鞍掛(くらかけ)純一作(東京都練馬区)

キリン 
鞍掛(くらかけ)純一作(東京都練馬区)

静かな住宅街の一角。東京都練馬区立美術館につながる「美術の森緑地」に足を踏み入れると、不思議な生き物たちの彫刻群に出会った。

ドラゴン21 釜戸町のみなさん作(岐阜県瑞浪(みずなみ)市)

ドラゴン21 
釜戸町のみなさん作(岐阜県瑞浪(みずなみ)市)

渓流の瀬音と木々の緑が気持ちいい。大小七つの滝が続く、岐阜県瑞浪市釜戸町の渓谷「竜吟峡(りゅうぎんきょう)」。ふもとまで下りると、2匹の竜をモチーフにした高さ7メートルのモニュメントが立っている。

ガラスの砂浜 (長崎県大村市)

ガラスの砂浜 
(長崎県大村市)

長崎空港近くの砂浜が、季節外れのにぎわいを見せている。親子連れや若い男女が夢中でのぞき込んでいるのは足元。よく見ると、浜辺はカラフルな「ガラス砂」で覆われていた。

「項(Relatum)」 李禹煥(リウファン)作(東京都江東区)

「項(Relatum)」 
李禹煥(リウファン)作(東京都江東区)

来場者が足早に行き交う「東京ビッグサイト」の西展示棟1階。屋外へ出ると、目の前の人工池の水面が風に揺れてきらめいた。近づくと、4個の自然石に囲まれ、厚さ12センチの鉄板が沈んでいる。

新着コラム 一覧を見る
「赤福」の赤福餅

オトコの別腹

伊藤健太郎さん
「赤福」の赤福餅

伊勢(三重県)は第二の故郷という感じです。母方の祖父母の家が伊勢神宮の近くにあって、学校が夏休みや冬休みの間は伊勢に滞在することが多かったんです。

「道頓堀今井」のきつねうどん

おんなのイケ麺(めん)

阿川佐和子さん
「道頓堀今井」のきつねうどん

東京生まれで、関東の味に慣れていたので、小学生の頃、初めて食べた関西のきつねうどんに、とても感動しました。

「グレーの柳」

美博ノート

「グレーの柳」

黎明(れいめい)期の洋画の啓蒙(けいもう)と普及に努めた浅井忠(ちゅう)(1856~1907)。

フォービスム ひろしま美術館

私のイチオシコレクション

フォービスム ひろしま美術館

今年開館40年を迎えた当館では、フランス近代美術を中心とした所蔵品約300点から、約100点を年代順に展示しています。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。