アートリップ

巣鴨信用金庫 中青木支店 
エマニュエル・ムホー作(埼玉県川口市)

壁面に躍る 24色のキューブ

オリーブの木やキンギョソウなどの植物が彩りを添える=篠田英美撮影

オリーブの木やキンギョソウなどの植物が彩りを添える=篠田英美撮影

  • オリーブの木やキンギョソウなどの植物が彩りを添える=篠田英美撮影
  • 張り出したキューブがリズミカルな印象を与える=篠田英美撮影

 住宅や雑居ビルが立ち並ぶ道路を進むと、視界に「色」が飛び込んできた。赤や黄、青、緑など、白を基調に計24色で構成される建物は、縦横1・5メートルの奥行きの違うキューブを積み重ねたような形で、壁面が凸凹としている。

 建物は、埼玉県川口市の巣鴨信用金庫中青木支店。鉄骨造りの2階建てだ。2014年6月の移転を機にデザインを一新した。手がけたのは東京在住のフランス人建築家、エマニュエル・ムホーさん(47)。建物が立つ交通量の多い交差点の「動き」のある環境を見て、見る場所によって印象が変わる配色をした。正面から眺めると白の面積が多いが、数歩歩いて角度を変えると、キューブ側面の様々な色が出現する。

 エマニュエルさんの色使いの原点は、学生時代に見た東京の街並みだ。「初めて日本に来て駅を出た時に、街の中に看板や建物などの無数の色が浮いて見えて、とても美しいと思いました」。自身が心を動かされたように、色を使って人を笑顔にしたいと、デザインに鮮やかな色を取り入れるようになった。

 巣鴨信金経営企画部の中野エリ子さんは「外観に興味をもって、店内に入ってきてくださるお客様もいます。建物が新しくなり、職員のモチベーションもあがっています」と話す。

(町田あさ美)

 巣鴨信用金庫

 1922年に創業。東京都、埼玉県に41支店を持つ。デザイン店舗は、現在六つ。エマニュエルさんが携わることになったのは、2009年に新設した埼玉県の新座支店の建設中。役員が偶然目にした彼女の作品に感銘を受けたことがきっかけ。新座支店はインテリアなどの一部を、その後の5店舗は設計からエマニュエルさんに依頼した。デザインは、店舗ごとに異なるコンセプトがあり、中青木支店は「24色のメロディー」。

 《アクセス》 JR西川口駅からバスで約10分。


ぶらり発見

蘭州牛肉麺

 西川口駅付近は中国料理店が軒を連ねる。駅西口から徒歩6分のザムザムの泉(TEL048・299・4628)では、本場の味と評判の蘭州牛肉麺(1300円)が食べられる。麺は太さの違う9種類から選ぶ。午前11時~午後10時。(月)~(木)休み。

 巣鴨信金中青木支店から徒歩14分のSKIPシティ 映像ミュージアム(TEL265・2500)では、映像の原理や歴史、テレビや映画の仕組みを体験しながら楽しく学べる。入館料510円。(月)((祝)の場合は翌平日)休み。

(2019年2月12日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「アートリップ」の新着記事 一覧を見る
アローの木 東恩納(ひがしおんな)裕一作(東京都渋谷区)

アローの木 
東恩納(ひがしおんな)裕一作(東京都渋谷区)

東京・渋谷駅から原宿駅へ。若者でにぎわう明治通りを歩いていると、広場に、カラフルな矢印が飛び交う「木」が現れた。

風の地平線 蜃気楼(しんきろう) 大成浩作(富山県魚津市)

風の地平線 蜃気楼(しんきろう) 
大成浩作(富山県魚津市)

水平線上に陸の景色がゆらゆらと……。富山県・魚津港で見られることの多い蜃気楼。快晴の冬の一日、港を訪れると、その様子をイメージした彫刻に出会った。

静岡県富士山世界遺産センター 坂 茂(ばん・しげる)作(静岡県富士宮市)

静岡県富士山世界遺産センター 
坂 茂(ばん・しげる)作(静岡県富士宮市)

つんと冷えた朝の青空に映える、雪化粧の富士山。そのふもと、静岡県富士宮市に逆円錐(えんすい)形の建物がたたずむ。一昨年開館した県富士山世界遺産センターだ。

空の粒子/パッセージ2015 青木野枝作(大阪市中央区)

空の粒子/パッセージ2015 
青木野枝作(大阪市中央区)

寒空の中、せわしなく人々が行き交う大阪市・淀屋橋近くの御堂筋。一区画入ると、石張りの日本生命保険本店東館ビルを囲む植栽豊かな歩道が現れた。

新着コラム 一覧を見る
「揚州商人」の揚州濃厚塩ラーメン(柳麺)

おんなのイケ麺(めん)

愛希れいかさん
「揚州商人」の揚州濃厚塩ラーメン(柳麺)

宝塚の下級生時代、上級生の方に連れていっていただいたお店です。一番のお気に入りが、この揚州濃厚塩ラーメン。

「新珠製菓」の羽二重餅

オトコの別腹

細川俊夫さん
「新珠製菓」の羽二重餅

毎年9月に福井県越前市で開催する、武生国際音楽祭の音楽監督をしています。24年間通っていて、このお菓子は地元の銘菓。滞在するたびにいただいています。

「えじこ型のこけし」

美博ノート

「えじこ型のこけし」

伝統的なこけしといえば、細長い胴に丸い頭が一般的。だが、展示室には、一風変わったえじこ型のこけしも並ぶ。

岡田美術館

気になる一品

岡田美術館

ショップでは、喜多川歌麿の肉筆画に描かれた女性や雪景色をモチーフにしたチョコレート「歌麿・深川の雪」が販売中。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。