アートリップ

ムーブメントNo.3 
フロリアン・クラール作(神奈川県川崎市)

「音楽の町」に溶け込んで

制作期間は6~7カ月=相場郁朗撮影

制作期間は6~7カ月=相場郁朗撮影

  • 制作期間は6~7カ月=相場郁朗撮影
  • インド出身の彫刻家アニッシュ・カプーア作「ダブル・インバーション」。くぼんだ鏡面の前に立つと、上下が逆さまに映る=相場郁朗撮影

 川崎駅前にそびえ立つ複合施設、ミューザ川崎。音楽ホールへ向かうと、アプローチの壁面に浮かび上がるサーフボード形のオブジェに出会った。

 都市基盤整備公団(当時)が建設した同施設にあるこのオブジェは、ドイツ出身の現代美術家、フロリアン・クラールさん(50)が2003年に制作。「音楽」がテーマのアートワークのうちの一作で、高さ1・8×幅12・6メートルのアルミニウム製だ。約120のパーツを三つの大きなブロックに溶接し、ボルトでつなぎ合わせた。音楽との共通点を問うと、「リズミカルな調和が抽象的な全体像を生み出しているところ」と話してくれた。

 工場や研究所が立ち並ぶ川崎だが、実は音楽との関わりが深い。市内には昭和音大や洗足学園音大があり、歴史の長い市民オーケストラや合唱団も。同市は駅西口エリアの再開発にあたり、「音楽のまち・かわさき」を打ち出した。その象徴がシンフォニーホールを擁するミューザ川崎だ。同施設には本作を含め、七つの音楽にまつわる作品が点在する。

 合唱でホールの舞台に立ったという藤井靖子さん(48)は「れんがの壁になじんでいるのがいいですね」と目を細める。「風景の一部として、時間とともに少しずつ変化して見えてくるかもしれない。そんなふうに感じてもらえたら」とフロリアンさん。

(下島智子)

 ミューザ川崎

 2003年12月竣工(しゅんこう)。「MUSIC」と、人が集まる場を表す「座」をかけ合わせて命名。全1997席の客席が舞台を360度取り囲む「ワインヤード形式」のシンフォニーホールをはじめ、飲食店などの店舗があるホール棟と、高さ約130メートル、地上27階のオフィス棟からなる。アートワークは「地域との結びつき」「音楽」「国際性」「親しみやすいアートワーク」の4テーマで実施。5カ国7組のアーティストが参加した。

 《アクセス》 川崎駅から徒歩3分。


ぶらり発見

昭和電工

 市民ナビゲーターの解説を聞きながら工場夜景を船から眺める、川崎工場夜景屋形船クルーズが人気=写真は昭和電工。毎月第2・4(土)(6~11月は毎週)運航。4000円、小学生3000円(要予約小学生以上対象)。所要時間約3時間。問い合わせは旅プラスワン(03・6866・9608)。

 かわさき餃子(ぎょうざ)舗の会(TEL044・276・8161)加盟の市内21店では、神奈川県産みそを使った「かわさき餃子みそ」で餃子を味わう。みそは駅併設の「かわさき きたテラス」でも購入可(756円)。

(2019年3月19日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「アートリップ」の新着記事 一覧を見る
小田原讃歌(さんか) 片岡鶴太郎作(神奈川県小田原市)

小田原讃歌(さんか)
片岡鶴太郎作(神奈川県小田原市)

東海道線の車窓に穏やかな海が広がった。小田原駅に降り立つと、箱根に向かうのか、荷物を抱えた国内外の旅行客でにぎわっている。小田原はかつての東海道の宿場町で城下町として栄えた。

テクノコスモス 逢坂卓郎、田中常雅作(東京都大田区)

テクノコスモス
 逢坂卓郎、田中常雅作(東京都大田区)

JR蒲田駅に隣接する大田区役所には、知る人ぞ知る吹き抜け空間がある。3~11階の高さ約30メートル。上層階からのぞき込むと、ぴんと張ったワイヤに、銀色の様々な物体が。よく見るとそれは、工業部品だ。

うつろひ 宮脇愛子作(群馬県高崎市)

うつろひ
 宮脇愛子作(群馬県高崎市)

強い風が吹いて新緑の木々が揺れる。群馬県高崎市の県立公園「群馬の森」正面入り口を進むと、左手に細い線が交差したようなオブジェが見えた。

SALT 村岡三郎作(青森市)

SALT
村岡三郎作(青森市) 

4月中旬、雪を頂いた八甲田山のふもとにある雲谷地域を訪れた。市街地からのバスを降りると、空気が澄んでいる。26万平方メートルの広大な敷地を持つ青森公立大学国際芸術センター青森には、野外作品22点が点在していた。

新着コラム 一覧を見る
やなぎみわ さん(美術家、演出家)「8 1/2(はっかにぶんのいち」(1963年)

私の描くグッとムービー

やなぎみわ さん(美術家、演出家)
「8 1/2(はっかにぶんのいち」(1963年)

大学生のとき、オールナイト上映で見ました。何が言いたいのか全然わからなかったけれどラストで感動した、初めての映画です。

ブームの卵

ブームの卵

5月24日 注目グッズ
「SinkPlate」など

食器を洗っていて、気がつくと洋服がビショビショにぬれていたことってない?

「久世福商店」の蜜自慢かりんとう

オトコの別腹

中村征夫さん
「久世福商店」の蜜自慢かりんとう

水中での撮影は体力勝負です。自分の体やカメラが潮に流されないように、撮りたい瞬間を待つ。神経も使います。その合間に食べたくなるのが、このかりんとう。

「リストランテ文流」の海の幸とキノコのスパゲッティ(トマトクリーム)

おんなのイケ麺(めん)

文月悠光さん
「リストランテ文流」の海の幸とキノコのスパゲッティ(トマトクリーム)

2010年に大学進学で札幌から上京しました。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。