アートリップ

ムクムク 水の光と大地に捧げる詩
 五十嵐威暢作(北海道北斗市)

曲線で広がる道南の湖や花

85色、420ピースほどのドイツ製手吹きガラスが使われている。作品下の窓からは、発着する新幹線が見える

85色、420ピースほどのドイツ製手吹きガラスが使われている。作品下の窓からは、発着する新幹線が見える

 青函トンネルを抜け、北海道新幹線の新函館北斗駅に降り立つ。乗客でにぎわう改札を通り、正面通路に出ると、色鮮やかに輝く5基のオブジェが現れた。縦4メートル、横15・7メートルの壁面に配置されたLED内照式ステンドグラスだ。

 2016年3月、北海道新幹線開業を記念して設置された。原画を手がけ、監修したのは、北海道滝川市出身の彫刻家五十嵐威暢さん(75)。モチーフは、大沼国定公園の大沼湖や花など、道南の豊かな自然だ。「子どものように自由につくりたい」と、色紙を曲線ばさみで即興的に切って作ったピースを、紙吹雪のように落とし、偶然できた形を採用した。

 五十嵐さんの原画をもとに制作したのは、クレアーレ熱海ゆがわら工房。通常ステンドグラスは、四角の金属枠で区切りガラスの荷重を分散させるが、本作は曲線の金属枠で構成することに挑戦。内部に直線や円形の鉛線を張り巡らし、ガラス片を固定した。「目が覚めるような華やかなステンドグラスを、生命力を持った自由曲線で作りたかった」と五十嵐さんは語る。

 旭川から函館観光に訪れた団体職員の金子幸代さん(35)は「駅に着いてすぐ目に入ったきれいな色に驚いた。旅のドキドキ、ワクワク感が高まります」と話す。清涼な水が湧き出したようなのびのびとした形は、雄大な自然の広がりを予感させる。次の目的地で出会うだろう豊潤な景色を思い、胸が高鳴った。

(上江洲仁美、写真も)

 新函館北斗駅

 2016年3月26日に開業した北海道新幹線の終点。東京―新函館北斗駅間は最速3時間58分。駅構内にはアンテナショップや観光案内所などがある。


ぶらり発見

テテ・カフェ 新函館北斗駅から徒歩3分のテテ・カフェ(問い合わせは0138・77・0606)では、北海道産牛乳を使用した濃厚なジェラート(写真、シングル400円、季節により異なるフレーバー約10種類)や道南の食材などを使ったパフェが味わえる。きじひき高原は、同駅から車で15分。標高560メートルに位置するパノラマ展望台からは、大沼湖や駒ケ岳、函館山、津軽海峡などを一望できる。問い合わせは北斗市観光協会(77・5011)。

(2019年8月27日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「アートリップ」の新着記事 一覧を見る
Cycloid V(ファイブ) 森万里子作(東京都港区)

Cycloid V(ファイブ)
森万里子作(東京都港区)

滑らかな曲線が美しい弧を描いて上昇しては、緩やかに下りてくる。

ルーフアート 余田(よでん)卓也 作 (大阪市福島区) 

ルーフアート
余田(よでん)卓也 作 (大阪市福島区) 

大阪市内を一周するJR大阪環状線外回りの電車が福島駅に向けて減速すると、車窓に一瞬何かが現れた。ビルにはさまれた屋根に浮かび上がるのは、黒と白のアルファベットや数字の重なりだ。

フルーツバス停 吉次(よしつぐ)工業 作(長崎県諫早市)

フルーツバス停
吉次(よしつぐ)工業 作(長崎県諫早市)

冬の日差しを浴びた海の向こうに、雲仙岳がかすんで見えた。

段ボールSL 島英雄作(熊本県南関町)

段ボールSL
島英雄作(熊本県南関町)

千平方メートルの屋内展示場に子どもたちの歓声が響く。その指さす先にあるのは段ボール製の蒸気機関車(SL)「D51」だ。全長20、幅3、高さ4メートルの実物大で、車輪を動かす装置など1700の部品はすべて段ボール。精巧に再現され、今にも動き出しそうだ。

新着コラム 一覧を見る
明治学院大学13号館(東京都港区)

建モノがたり

明治学院大学13号館(東京都港区)

キャンパスの奥まった一角にある箱のような建物。木の格子にすっぽり覆われたこれは何?

NTTインターコミュニケーション・センター〔ICC〕

ロゴ散歩

NTTインターコミュニケーション・センター〔ICC〕

電話事業100周年を記念して1997年にオープンしたNTTインターコミュニケーション・センター〔ICC〕。

薔薇(ばら)

美博ノート

薔薇(ばら)

花瓶いっぱいに咲きほこるバラ。バラは和田英作(1874~1959)が好んで描いたモチーフだ。

十倉金之作 昭和初期 43.5×24×31.5センチ

私のイチオシコレクション

八雲町郷土資料館・木彫り熊資料館

北海道土産として知られる木彫り熊は函館の北約70キロに位置する八雲町で始まりました。

お知らせ(更新情報)

■新型コロナウイルス感染症拡大を受け、開催を中止・延期するイベント、プレゼントがございます。

中止を決定したものにつきましては、その都度情報を更新し、公開を取り下げます。
なお、中止・延期となったイベント等の詳細につきましては主催者にお問い合わせいただきますようお願いいたします。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願いいたします。



♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。