読んでたのしい、当たってうれしい。

オトコの別腹

上村聡史さん
「満」の豆あんぱん

「満」の豆あんぱん
「満」の豆あんぱん
「満」の豆あんぱん 上村聡史さん

 国産の天然酵母にこだわって、生地がしっかりして、コクがあるっていう印象。生地に豆、真ん中にあんこが入っているんですが、そのバランスがいいんです。

 都内の新宿区に10年前から住むようになって、和テイストのシックなお店があるなって、気になって行ったんです。こだわりのパンなのに、お値段がリーズナブルで、気軽に食べられて、満足できる普段着スイーツかと思います。

 差し入れでもよく持って行きます。僕は演出者として、自分のプランやイメージを伝えていくのが仕事ですが、演じる俳優は、例えば「戦場にいる」という場面があると、一瞬でそのイメージを頭と体に流していかなければならない。相当なエネルギーを使うと思います。それで1時からのお稽古でも4時くらいにはおなかがすいちゃうんですね。おいしい食べ物って不思議ですね。稽古の合間に食べると、話が盛り上がります。芝居とは違う脳を使うし、いい切り替えができます。

 今は、コロナの感染予防で、休憩は別々です。アクリル板をたてて、壁を向いて食べていることも。いつかまた、差し入れして盛り上がりたいですね。

◆曙橋本店 東京都新宿区住吉町8の10の102(問い合わせは03・5367・4007)。
  210円。
  (月)~(土)の午前8時半~午後8時((日)(祝)は9時半から)。

  無休。
  JRの品川駅・日暮里駅構内にも。


 かみむら・さとし 演出家。1979年生まれ。
 「炎 アンサンディ」ほかで第22回読売演劇大賞最優秀演出家賞などを受賞。今年7月に、都内の世田谷パブリックシアターで、「森 フォレ」を上演予定。
 名古屋・兵庫にも巡演。

(2021年5月13日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

今、あなたにオススメ

オトコの別腹の新着記事

  • 河合敦さん
    「港常」のあんずちゃん
     小学4年生のころ、塾が終わるとみんなで自転車に乗ってよく立ち寄ったのが駄菓子屋。マンガを立ち読みして、このあんずちゃんを買っていました。水あめの甘さとアンズのほどよい酸っぱさがおいしかった。勉強で疲れた頭によかったのかも。大人になって、たまに思い出しては食べたくなって、駄菓子屋をのぞいていました。駄菓子屋が減った40代後半からは、年に何回かネットで箱買いをしています。

  • 蒲田健さん
    「常乃菓舎(ときのかしゃ)」のモンブラン
    僕の地元、たまプラーザ周辺はスイーツ激戦区。2021年にお店がオープンした時は心配していましたが、家族で試しに食べてみたところ、そのおいしさに一同驚愕(きょう・がく)。

  • 小堺翔太さん
    「トップス」のチョコレートケーキ
    小学校低学年の頃からずっと、誕生日には必ずこのケーキを食べています。東京・赤坂の旧TBS会館にお店があった頃、チョコレートが好きな僕に、父(小堺一機さん)が買ってきてくれました。

  • 岩永洋昭さん
    「福田屋本舗」のカステラ
    今は亡きおじさんと過ごした時間や、地元にいた日々を思い出す、変わらない思い出の味です。

新着コラム