美博ノート

フリーダ・カーロ「死の仮面を被った少女」

ザ・ベスト・セレクション(名古屋市美術館)

フリーダ・カーロ「死の仮面を被った少女」

1938年、同館蔵

 1950年代、戦後復興期の日本の美術界に衝撃を与えたメキシコ近代絵画。当時の名古屋の若手画家たちも影響を受けた。名古屋市はメキシコ市と姉妹都市でもあり、市美術館では約530点を所蔵する。

 本作は、はがきサイズのブリキに描かれたフリーダ・カーロ(1907~54)の油彩画。少女がかぶるのは、メキシコの祭り「死者の日」に使う骸骨の仮面。先祖の墓に捧げる花、マリーゴールドを手にたたずんでいる。足元に置かれた農耕祭事で用いるジャガーの仮面は、一体誰がかぶっていたのか。想像が膨らむ。「不在の存在を感じさせる、ミステリアスな魅力があります」と保崎裕徳学芸員。絵を下から見上げると、地のブリキが反射するためか、ジャガーの目が光るのも不思議だ。

(2018年11月6日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「美博ノート」の新着記事 一覧を見る
浄瑠璃人形「お里」

浄瑠璃人形「お里」

中部地方などの祭礼や人形浄瑠璃で使うからくり人形の制作、修復を行う木偶師・二代目萬屋仁兵衛。

桑原翠邦「古道少人行」

桑原翠邦「古道少人行」

「現代書の父」といわれる比田井天来は、1930年に東京で書学院を設立し、中国古典を直接学ぶことを説いた。

比田井南谷「作品68-1」

比田井南谷「作品68-1」

線の表現を極めようと、様々な試みをしてきた南谷。

川村驥山の「狂草作品」

川村驥山の「狂草作品」

所蔵する書作品から、昭和、平成の時代を代表する作家

新着コラム 一覧を見る
ブームの卵

ブームの卵

6月21日 注目グッズ
「撮れる傘 instabrella」など

旅先やアウトドアで自撮り棒があると便利だけど、梅雨の時期は傘も持ち歩きたいし、荷物が増えちゃう……。

私の描くグッとムービー

佐藤穂波さん(イラストレーター)
「ヘアスプレー」(2007年)

高校生の頃、有志でダンスを披露する文化祭の企画がありました。この映画に出てくる曲で踊ることになり、みんなで映画を見たのが最初です。

「讃岐うどん 根の津」のちく玉天うどん

おんなのイケ麺(めん)

東直子さん
「讃岐うどん 根の津」のちく玉天うどん

森鴎外記念館(東京都文京区)に何度かイベントに伺っていて、昔ながらのお店と新しいお店が両方あるこの町の雰囲気が楽しくて、去年の4月、仕事場を移しました。

「菓房処(どころ) 京家」かりんとう饅頭(まんじゅう) 鬼の金棒

オトコの別腹

寺田真二郎さん
「菓房処(どころ) 京家」かりんとう饅頭(まんじゅう) 鬼の金棒

これは都内の表参道にある新潟のアンテナショップで見つけました。もともと、道の駅や物産展、アンテナショップへ行くことが趣味なんです。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。