美博ノート

フリーダ・カーロ「死の仮面を被った少女」

ザ・ベスト・セレクション(名古屋市美術館)

フリーダ・カーロ「死の仮面を被った少女」

1938年、同館蔵

 1950年代、戦後復興期の日本の美術界に衝撃を与えたメキシコ近代絵画。当時の名古屋の若手画家たちも影響を受けた。名古屋市はメキシコ市と姉妹都市でもあり、市美術館では約530点を所蔵する。

 本作は、はがきサイズのブリキに描かれたフリーダ・カーロ(1907~54)の油彩画。少女がかぶるのは、メキシコの祭り「死者の日」に使う骸骨の仮面。先祖の墓に捧げる花、マリーゴールドを手にたたずんでいる。足元に置かれた農耕祭事で用いるジャガーの仮面は、一体誰がかぶっていたのか。想像が膨らむ。「不在の存在を感じさせる、ミステリアスな魅力があります」と保崎裕徳学芸員。絵を下から見上げると、地のブリキが反射するためか、ジャガーの目が光るのも不思議だ。

(2018年11月6日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「美博ノート」の新着記事 一覧を見る
「子供遊水合戦」

「子供遊水合戦」

本展は、展示機会の少ない民具などを披露するシリーズ展の初回で、「消防」がテーマ。

「言の種」

「言の種」

現在のアートシーンでは、既存の鑑賞場所に縛られない自由な場「オルタナティブ・スペース」の動きが盛んだ。

ゼロ次元 記録写真

「ゼロ次元 記録写真」

戦争や天災の混乱と復興に揺れた1940~50年代の愛知。55年には、名古屋市・栄に愛知県美術館の前身である文化会館美術館が開設され、芸術発信の拠点が築かれた。

「大曽根風景」

「大曽根風景」

 約1年半の大規模改修工事を終えた愛知県美術館。全館リニューアル記念の本展は、100年前の1919年を起点に、愛知の前衛的なアートシーンを地域のコレクションで追う。

新着コラム 一覧を見る
刀剣博物館

気になる一品

刀剣博物館

国宝を含む多数の刀剣類を所蔵、公開する刀剣博物館。ショップでひときわ存在感を放つのが、「日刀保たたら 玉鋼」(50グラム前後、1500円)だ。

素朴派 ハーモ美術館

私のイチオシコレクション

素朴派 ハーモ美術館

素朴派とは、美術教育を受けていない画家たちの総称です。

蛇の樹 ニキ・ド・サンファル作(東京都多摩市)

アートリップ

蛇の樹
ニキ・ド・サンファル作(東京都多摩市)

多摩センター駅から遊園地へ向かうれんが道を歩いていくと、原色の色鮮やかなモニュメントに出くわした。口を開け、四方八方を向く多頭の蛇。

「九つ井」のざるそば

おんなのイケ麺(めん)

酒井はなさん
「九つ井」のざるそば

鎌倉にある実家に近くて、亡くなった両親とよく行ったお店です。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。