美博ノート

フリーダ・カーロ「死の仮面を被った少女」

ザ・ベスト・セレクション(名古屋市美術館)

フリーダ・カーロ「死の仮面を被った少女」

1938年、同館蔵

 1950年代、戦後復興期の日本の美術界に衝撃を与えたメキシコ近代絵画。当時の名古屋の若手画家たちも影響を受けた。名古屋市はメキシコ市と姉妹都市でもあり、市美術館では約530点を所蔵する。

 本作は、はがきサイズのブリキに描かれたフリーダ・カーロ(1907~54)の油彩画。少女がかぶるのは、メキシコの祭り「死者の日」に使う骸骨の仮面。先祖の墓に捧げる花、マリーゴールドを手にたたずんでいる。足元に置かれた農耕祭事で用いるジャガーの仮面は、一体誰がかぶっていたのか。想像が膨らむ。「不在の存在を感じさせる、ミステリアスな魅力があります」と保崎裕徳学芸員。絵を下から見上げると、地のブリキが反射するためか、ジャガーの目が光るのも不思議だ。

(2018年11月6日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「美博ノート」の新着記事 一覧を見る
西村千太郎「納屋橋風景」

西村千太郎「納屋橋風景」

名古屋市美術館は、地元を中心に東海地方にゆかりのある作家の作品も収集している。本作は、同市出身の洋画家・西村千太郎(1907~94)の風景画。

アメデオ・モディリアーニ「おさげ髪の少女」

アメデオ・モディリアーニ「おさげ髪の少女」

名古屋市美術館開館30周年を記念し、6千点以上の所蔵品から「エコール・ド・パリ」「メキシコ・ルネサンス」など四つのテーマで、92点を展示する。

「彼女らの魂」

「彼女らの魂」

仏のガラス工芸家で香水瓶を多く手がけたルネ・ラリック(1860~1945)は、ガラスの特性を生かした様々なデザインに挑戦した。

「シダ」

「シダ」

仏のガラス工芸家、ルネ・ラリック(1860~1945)が、香水瓶を手がけるようになった初期の代表作が12年の「シダ」。

新着コラム 一覧を見る
シャンプーハット こいでさん(芸人) 「レナードの朝」(1990年)

私の描くグッとムービー

シャンプーハット こいでさん(芸人)
「レナードの朝」(1990年)

この物語は、脳神経科医オリバー・サックスの回想録が基になっています。

「銀座 立田野」の立田野あんみつ

オトコの別腹

木場勝己さん
「銀座 立田野」の立田野あんみつ

子どもの頃、祖母が火鉢であんこを煮てくれました。それをお汁粉にしたり、おはぎにしたりと、あんこは家で食べる物だったんです。

「スパ吉」の明太子(めんたいこ)とウニとイカのバター風味

おんなのイケ麺(めん)

花澤香菜さん
「スパ吉」の明太子(めんたいこ)とウニとイカのバター風味

学生の頃はお仕事と学業の両立で、頑張った日は「自分にご褒美」って、スパ吉に行っていました。本当においしいんです。

タブレット純の「昭和歌謡に恋した私」

タブレット純の「昭和歌謡に恋した私」

<上> ムード歌謡・ロシア民謡編

歌手でお笑い芸人のタブレット純さんが、自身のエピソードを交えながら昭和歌謡の魅力を紹介します。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。