美博ノート

「空が動く」

中谷ミチコ その小さな宇宙に立つ人(三重県立美術館)

縦83×横163×奥行き6センチ 2017年

縦83×横163×奥行き6センチ 2017年

 少女や動物をモチーフに、型取りした石膏の凹部に樹脂を流し込んだ作品を制作する彫刻家・中谷ミチコ(1981~)。多摩美大を卒業後、独東部ドレスデンで7年間学び、帰国後は三重県を拠点に活動する。本作は、少女がカラスを抱きかかえると同時にとき放つ様子を表現。

 粘土の原型を石膏で型取りし、固まると粘土をかき出して中を空洞にする。水彩で内側を着彩した手足部分には、透明樹脂を流し込んだ。黒く着色した樹脂を流したカラスは、凹部の深さによって色の濃淡が現れる。

 空を飛び、重力にあらがいながら存在する鳥や、夢といったイメージを、いかに彫刻に置き換えるかを模索し、現在の作風にたどり着いた。「凹部の空白を樹脂で埋めて『ある』ことにするなど、不在と存在の間を行き来する作品です」と中谷は語る。

(2019年8月13日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「美博ノート」の新着記事 一覧を見る
「セーヌ河畔」

「セーヌ河畔」

ヤマザキマザック美術館の創立者、故・山崎照幸氏は、画家の木村忠太(1917~87)を高く評価し、油彩の大作3点を購入した。

「デュルシュ通り」

「デュルシュ通り」

フランスで暮らし、南仏やパリの風景を描きながら、光の表現を追究した画家・木村忠太(1917~87)。

「呼ぶ」

「呼ぶ」

伊勢神宮に奉納された作品は神宮美術館に所蔵されるものの、あくまで神への献納品。「当館に納められること自体が、祈りの行為に基づきます」と学芸員の瀬戸裕子さんは話す。

「紬織(つむぎおり)着物 青垣」

「紬織(つむぎおり)着物 青垣」

植物染料にこだわった紬織を手がける人間国宝の染織家、志村ふくみ(95)。「自然への畏敬の念を持ちながら制作する姿勢は祈りそのもの」と学芸員の瀬戸裕子さんは話す。

新着コラム 一覧を見る
「きかんしゃトーマス」

シネマNEWS

「きかんしゃトーマス」劇場版最新作、場面写真解禁!前売り特典も決定!

2020年には原作誕生から75周年を迎え、全世界で人気を博す「きかんしゃトーマス」。

「クレヨンしんちゃん」

シネマNEWS

今旬な俳優・山田裕貴、映画しんちゃんゲスト声優で声優初挑戦!!

ラクガキングダムの王国軍を率いて「ウキウキカキカキ作戦」を実行に踏み切るキーパーソン・防衛大臣役にゲスト声優として山田裕貴が大決定!

三遊亭兼好さん(落語家) 「運動靴と赤い金魚」(1997年) 

私の描くグッとムービー

三遊亭兼好さん(落語家)
「運動靴と赤い金魚」(1997年) 

ゲラゲラと笑って見るのが好きな人間でしてね。でも、この映画は私が28歳で入門して間もない頃かな、妻がDVDで借りてきたのを一緒に見て、幼い兄妹と家族の温かさに胸を打たれた作品です。

ブームの卵

ブームの卵

1月24日 注目グッズ
「ボルダリングレース」など

東京五輪で初めて正式競技として採用されるスポーツクライミングを、卓上で気軽に楽しんでみない?

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。