美博ノート

「空が動く」

中谷ミチコ その小さな宇宙に立つ人(三重県立美術館)

縦83×横163×奥行き6センチ 2017年

縦83×横163×奥行き6センチ 2017年

 少女や動物をモチーフに、型取りした石膏の凹部に樹脂を流し込んだ作品を制作する彫刻家・中谷ミチコ(1981~)。多摩美大を卒業後、独東部ドレスデンで7年間学び、帰国後は三重県を拠点に活動する。本作は、少女がカラスを抱きかかえると同時にとき放つ様子を表現。

 粘土の原型を石膏で型取りし、固まると粘土をかき出して中を空洞にする。水彩で内側を着彩した手足部分には、透明樹脂を流し込んだ。黒く着色した樹脂を流したカラスは、凹部の深さによって色の濃淡が現れる。

 空を飛び、重力にあらがいながら存在する鳥や、夢といったイメージを、いかに彫刻に置き換えるかを模索し、現在の作風にたどり着いた。「凹部の空白を樹脂で埋めて『ある』ことにするなど、不在と存在の間を行き来する作品です」と中谷は語る。

(2019年8月13日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「美博ノート」の新着記事 一覧を見る
柳原義達「犬の唄」/中谷ミチコ「犬の唄」

柳原義達「犬の唄」/中谷ミチコ「犬の唄」

彫刻家・中谷ミチコ(1981~)は17歳の時、同・柳原義達(1910~2004)の彫像「犬の唄」=写真左は石膏原型=を見て、この道を志した。

柳原義達「道標」/中谷ミチコ「あの山にカラスがいる」

柳原義達「道標」/中谷ミチコ「あの山にカラスがいる」

石膏と樹脂を素材に作品を制作する彫刻家・中谷ミチコ(1981~)。

「天地の守護獣 天地」

「天地の守護獣 天地」

こま犬を思わせる2体の守護獣。どこか愛らしい表情でたたずむ姿は、今にも動き出しそうだ。

「四十九日」

「四十九日」

鮮やかな色使いで神獣や守護獣などを描き続ける現代美術家・小松美羽(1984~)。

新着コラム 一覧を見る
ブームの卵

ブームの卵

8月23日 注目グッズ
「TAP TAPE(タップテープ)」など

「TAP TAPE(タップテープ)」は、ノートやアルバム、壁などにメモや写真を貼りたいときに役立つ、スタンプ式の両面テープだよ。

坂本慎太郎さん(ミュージシャン)「6才のボクが、大人になるまで。」(2014年)

私の描くグッとムービー

坂本慎太郎さん(ミュージシャン)
「6才のボクが、大人になるまで。」
(2014年)

一人の少年の6歳から18歳で独り立ちするまでを描いた成長物語。同じキャストを1年ごとに実際に12年かけて撮影しているんです。

「江戸蕎麦(そば) ほそ川」の穴子天せいろ

おんなのイケ麺(めん)

石原洋子さん
「江戸蕎麦(そば) ほそ川」の穴子天せいろ

ほそ川さんの天ざるは、穴子の天ぷらです。よくあるエビ天じゃなくて。珍しいでしょ?

「PATISSERIE Pavlov」のフレンチトースト

オトコの別腹

LEO(今野玲央)さん
「PATISSERIE Pavlov」のフレンチトースト

まだ実家暮らしの頃、共働きの母が週末になると時折、朝食に作ってくれたフレンチトースト。外で食べるような立派なものではなかったものの、僕にとっては特別な味です。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。