美博ノート

「デュルシュ通り」

フランスに生きた日本人画家 木村忠太の世界(ヤマザキマザック美術館)

 フランスで暮らし、南仏やパリの風景を描きながら、光の表現を追究した画家・木村忠太(1917~87)。本展は、60年代~晩年の油彩を中心に計58点を展示し、画業をたどる。

 木村は印象派などに憧れ、36歳のとき、妻とフランスへ渡った。しかし最初の数年は、絵の方向性が定まらず、心身不調にも陥った。「転機は南仏旅行でした。明るい光に感動し、心身も徐々に良くなった。絵の方向性も見えてきたようです」と同館主任学芸員の吉村有子さん。

 パリの閑静な通りを描いた本作はその頃の作品。木村は油彩の制作時、横に素描を貼り、風景を目にした当時の感動や光を思い出しながら描いた。「街のシックな雰囲気が表れている。建物や車を青く染めるほど、夕暮れ時の青紫の空の印象が強かったのだろうと想像します」

(2020年1月14日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「美博ノート」の新着記事 一覧を見る
「蝶たち」

「蝶たち」

ルート・ブリュックは教会やお気に入りの自然、母と子など身近なものをモチーフにしてきた。

「ライオンに化けたロバ」

「ライオンに化けたロバ」

本展では、フィンランドを代表するセラミックアーティスト、ルート・ブリュック(1916~99)の初期の食器や陶板から後期のタイル作品まで約200点を紹介する。

「竹林老狸(ちくりんろうり)」

「竹林老狸(ちくりんろうり)」

うっそうとした竹林から現れる狸。丸い体に太めの尻尾、黒々とした鼻や手足の先でそれとわかる。ふっくらと体を覆うのは冬毛だろうか。

「ワニのベンチ」

「ワニのベンチ」

陶芸作家の父が作る動物が好きだった。彫刻家、鈴木紹陶武のモチーフは、一貫して動物だ

新着コラム 一覧を見る
「フルーツパーラー クリケット」のアイスバー

オトコの別腹

斉藤上太郎さん
「フルーツパーラー クリケット」のアイスバー

新鮮なフルーツをたっぷり使ったアイスバー。ヨーグルトやチョコレート、赤ワインなどのベースに、裏ごしした数種のフルーツを混ぜたり、果肉をそのまま埋め込んだりした、カラフルな全6種。

「柴田商店」のとんこつみそラーメン

おんなのイケ麺(めん)

東海林のり子さん
「柴田商店」のとんこつみそラーメン

豚骨なのにさっぱりしたスープが非常においしいの。魚粉も使われているみたいで、その味にやられちゃって。

コンフィデンスマンJP プリンセス編

シネマNEWS

『コンフィデンスマンJP プリンセス編』オンラインイベント開催!

大人気シリーズの待望の映画第2弾『コンフィデンスマンJP プリンセス編』。

糸

シネマNEWS

『糸』ついに、公開日が決定!

新型コロナウイルスの影響で、公開が延期されていた『糸』の新たな公開日が8月21日(金)に決定、主演の菅田将暉と小松菜奈よりコメントが到着した。

お知らせ(更新情報)
レイアウトを一部変更しました。何卒ご了承くださいますようお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症拡大を受け、開催を中止・延期するイベント、プレゼントがございます。

中止を決定したものにつきましては、その都度情報を更新し、公開を取り下げます。
なお、中止・延期となったイベント等の詳細につきましては主催者にお問い合わせいただきますようお願いいたします。

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。