美博ノート

「デュルシュ通り」

フランスに生きた日本人画家 木村忠太の世界(ヤマザキマザック美術館)

 フランスで暮らし、南仏やパリの風景を描きながら、光の表現を追究した画家・木村忠太(1917~87)。本展は、60年代~晩年の油彩を中心に計58点を展示し、画業をたどる。

 木村は印象派などに憧れ、36歳のとき、妻とフランスへ渡った。しかし最初の数年は、絵の方向性が定まらず、心身不調にも陥った。「転機は南仏旅行でした。明るい光に感動し、心身も徐々に良くなった。絵の方向性も見えてきたようです」と同館主任学芸員の吉村有子さん。

 パリの閑静な通りを描いた本作はその頃の作品。木村は油彩の制作時、横に素描を貼り、風景を目にした当時の感動や光を思い出しながら描いた。「街のシックな雰囲気が表れている。建物や車を青く染めるほど、夕暮れ時の青紫の空の印象が強かったのだろうと想像します」

(2020年1月14日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「美博ノート」の新着記事 一覧を見る
「セーヌ河畔」

「セーヌ河畔」

ヤマザキマザック美術館の創立者、故・山崎照幸氏は、画家の木村忠太(1917~87)を高く評価し、油彩の大作3点を購入した。

「呼ぶ」

「呼ぶ」

伊勢神宮に奉納された作品は神宮美術館に所蔵されるものの、あくまで神への献納品。「当館に納められること自体が、祈りの行為に基づきます」と学芸員の瀬戸裕子さんは話す。

「紬織(つむぎおり)着物 青垣」

「紬織(つむぎおり)着物 青垣」

植物染料にこだわった紬織を手がける人間国宝の染織家、志村ふくみ(95)。「自然への畏敬の念を持ちながら制作する姿勢は祈りそのもの」と学芸員の瀬戸裕子さんは話す。

「絹垣(きんがい)渡御(伊勢神宮遷宮)」

「絹垣(きんがい)渡御(伊勢神宮遷宮)」

人間の力を超えるものに対してなにがしかを願う「祈り」という行為。本展では、伊勢神宮に奉納された芸術作品450点超の中から、祈りの精神性を表した約40点を紹介する。

新着コラム 一覧を見る
「宗家 源 吉兆庵」の陸乃宝珠(りくのほうじゅ)

オトコの別腹

大貫勇輔さん
「宗家 源 吉兆庵」の陸乃宝珠(りくのほうじゅ)

甘い物は舞台の合間に、片手でパッと食べられる物が好み。陸乃宝珠は差し入れでいただきました。

「中国飯店」の五目あんかけ焼きそば

おんなのイケ麺(めん)

石井幹子さん
「中国飯店」の五目あんかけ焼きそば

この店の料理はどれもおいしいんですが、必ず注文するのがこれ。魅力は何と言っても具材の種類が多いこと。豊富な野菜に豚肉やエビなどが入っていて、これだけで必要な栄養分がとれたような安心感があるんです。

『ゴジラにかける特撮の未来』

シネマNEWS

世界初︕ゴジラと講談&落語がコラボ︕︖

初代ゴジラ作品である『ゴジラ』(1954)と伝統芸能である<講談>と<落語>がコラボレーションした世界初のイベントゴジラ寄席 in OSシネマズ『ゴジラにかける特撮の未来』の開催が決定。

『MOTHERマザー』

シネマNEWS

新境地!長澤まさみが暗黒面の顔を見せる!

『日日是好日』の大森立嗣監督が、長澤まさみ、阿部サダヲを迎えた最新作『MOTHER マザー』が初夏に公開される。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。