読んでたのしい、当たってうれしい。

美博ノート

「名古屋城の菊花大会」

城のある風景(杉本美術館)

杉本健吉 1999年 水彩 99×198センチ
杉本健吉 1999年 水彩 99×198センチ

 杉本健吉が生まれた家は祖父の代まで石工だった。祖父に連れられ、名古屋城の石垣をよく見に行ったという。そのためか、杉本が描く城は石垣や堀が主役の絵が多い。

 90代半ばの頃、名古屋城の秋の風物詩を描いた本作もその一つ。学芸員の鈴木威さんは「丹念に描き込み、石垣への思い入れが伝わる」と話す。

 画面の下半分からは、人々の楽しげな様子が伝わってくる。

 カメラを構えたり子どもを肩車したり、ファッションも多彩。

 鈴木さんは「どういう人たちだろうと想像する楽しさがあります」。

 石垣の左端、居並ぶ武者装束の一団をとりまく人の中には、着物姿の自分も紛れ込ませた。

 背景をよく見ると金箔を貼り合わせた跡のような格子状だが、これは描き込んだもの。上部や右下隅の金雲と合わせて屏風を思わせる。

 移りゆく時代と人を、見守り続ける城の視点で描いた物語絵のようだ。

(2021年4月6日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

今、あなたにオススメ

美博ノートの新着記事

  • 置物・人形 ヘラの跡がよく見える、素焼きの人形。本作の作者・月谷初子(1869~1945)は、日本で最初期に洋風彫刻を学んだ陶彫作家だ。

  • 円筒深鉢 近現代美術を中心に所蔵する愛知県美術館と、古代~現代の陶磁器専門の愛知県陶磁美術館。両館コレクションを一堂に集める本展では、学芸員が独自の視点で設定した四つのテーマで作品が展示される。

  • 尿(いばり)する裸僧 裸の僧侶が鉢に向かって放尿する、強烈な印象の作品を生み出したのは、夭折の洋画家・村山槐多(1896~1919)だ。

  • 穴窯の中で金色にゆらめく炎に焼かれているのは、仏教の経典を収めるための経筒。描いたのは、現在の愛知県碧南市出身の美術工芸家・藤井達吉(1881~1964)。七宝、染織、金工、和紙工芸、日本画などジャンルを横断して制作し、刺繡やアップリケを施したびょうぶなど先駆的な作品を生み出した。

新着コラム