読んでたのしい、当たってうれしい。

美博ノート

大運河にて

色彩画家のヨーロッパ紀行(一宮市三岸節子記念美術館)

大運河にて

 土や砂を混ぜたざらっとした質感の赤。なめらかな運河の水面の白との対比が印象的な、ベネチアのれんがの色だ。三岸節子(1905~99)は、人けのない冬のベネチアを好み、ゴンドラに乗ってはデッサンを重ねた。

 パリでの個展「花とヴェネチア」は、この赤色「ベネチアンレッド」のためにテーマを決めた。花の絵にも赤を多用した節子。学芸員の大村菜生さんは、「燃えるような赤が好きだったのでは」と話す。

 館の展示室の一部として残る土蔵の中で、洋画の画集を眺めて育った節子。ピカソやマティス、ボナールらに影響を受けた。同じ画家の夫・好太郎が31歳で急逝した後は、欧州への憧れを胸に秘めながら、静物画を描き義母や3人の子どもを養った。

 子が独立後の49歳で初渡欧、1年半念願の地を満喫した。63歳での再渡欧は20年の滞在となった。本展では2度の欧州滞在から描かれた風景画を中心に29点を紹介する。

(2021年9月7日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

美博ノートの新着記事

  • 生田敦盛 穏やかな表情で子を見つめる平敦盛の姿は、今にも消え入りそうだ。

  • 桃太郎/金太郎 歴史画家として知られる守屋多々志は、古今東西の物語や伝説をもとにした作品も多く残した。

  • 帯留「葡萄」 「養殖真珠ならではの統一性という特徴を生かした洗練されたデザイン」

  • 真珠貝玉箱 東南アジアで制作され、貿易により徳川家康が入手したと考えられる小箱

新着コラム