読んでたのしい、当たってうれしい。

美博ノート

虎図

石水博物館「五黄の寅 虎の美術とエトセトラ(干支,c'est 寅)」

虎図 川喜田半泥子 1950年 紙本着色  32.6×38.2センチ
虎図 川喜田半泥子 1950年 紙本着色 32.6×38.2センチ

 かわいらしくユーモラスなトラ。「東の魯山人、西の半泥子」とも称された陶芸家、川喜田半泥子(1878~1963)の作品だ。

 伊勢の豪商の家に生まれた半泥子は百五銀行(本店・津市)頭取などを務めながら書画や茶の湯をたしなみ、特に陶芸は自宅に窯を築くほどのめり込み、主に茶陶を制作した。また文化事業を支援し、後に石水博物館の母体となる財団を設立した。

 寅年生まれで、中でも強運とされる「五黄の寅」であるのを誇りにしていたという。72歳の五黄の寅年に描かれた本作は、江戸時代の禅僧・仙厓義梵の「虎図」の影響を受けている。学芸員の桐田貴史さん(27)は「若い頃から禅を学んだ半泥子は仙厓の禅画に心動かされるものがあったのでしょう」。

 迎える2022年は36年に一度の五黄の寅。本展は川喜田家の収集品や半泥子の作品から、トラや干支にかかわる作品を紹介する。

石水博物館
http://www.sekisui-museum.or.jp/

(2021年12月28日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

今、あなたにオススメ

美博ノートの新着記事

  • 上絵金彩綾棒踊(あやぼうおどり)図花瓶 山吹色から青色へ。本作品にも見られる鮮やかなグラデーションを得意としたのは明治時代に活躍した京都の窯元・九代帯山与兵衛(1856~1922)。技巧的な造形と華麗な色使いが、海外で高い評価を得た。

  • 釉下彩透彫(ゆうかさいすかしぼり)朝顔文花瓶 全体を包み込むように、大輪の花を咲かせる朝顔。透かし彫りが涼やかな本作品は、京都の窯元・七代錦光山宗兵衛(1868~1927)が、新しい技術や流行を取り入れて制作した。

  • 上絵金彩花文麒麟鈕(きりんちゅう)大香炉 墨色で丹念に描かれた木目模様。ふたには透かし彫りが施され、最上部に構える麒麟(きりん)の小さな牙が何本も見える。

  • 徳川家康画像(部分) 徳川家康晩年の肖像は、九男で尾張家初代の徳川義直(1600~50)が描いたものだ。面長でふくよかな顔、福耳、小ぶりな口などの特徴を捉えている。

新着コラム