ぶらり、ミュージアム

日本画と和菓子 展覧会の余韻に浸れるカフェ

(山種美術館)

Cafe 椿

イタリア・カッシーナ・イクスシー社の家具による落ち着いた雰囲気の「Cafe 椿」。カフェだけの利用も可能です

  • Cafe 椿
  • 「速水御舟展」特製和菓子「ほの穂」(500円)
  • 速水御舟《炎舞》【重要文化財】山種美術館蔵

 美術館や博物館に併設されているカフェをどんな時に利用しますか?多くの方は「疲れた足を休めたい」「見てきた作品について語り合いたい」「座ってゆっくり作品を思い返したい」などではないでしょうか。展覧会ごとに特別メニューを提供するカフェもここ数年ぐんと増え、今やカフェは欠かせぬ存在となっています。中でも今回ご紹介する山種美術館の「Cafe椿」は、09年10月に現在の東京・広尾に移転してから現在まで展覧会ごとに特製和菓子を提供し続けています。これまでになんと120種類以上、日本画専門の美術館ならではの試みではないでしょうか。

 日本画の展覧会は作品管理のため会期が短いことが多く、山種美術館の展覧会も約1カ月半で終了となってしまいます。そんな限られた期間の各展覧会に、それぞれ5種類も特製和菓子を提供し続けているのですからその情熱たるや並大抵のものではありません。

 現在開催中(10月14日まで)の「再興院展100年記念 速水御舟 ―日本美術院の精鋭たち―」でも新たに5種類が用意されています。その中でも注目すべきは速水御舟の代表作である重要文化財「炎舞」の和菓子です。実は過去に二度、製作を試みたものの、美術館からのゴーサインが出ず、試作品段階でボツになってしまったという経緯があるのです。例えば「炎舞」に表現された不動明王のような炎の表現や、リアルな蛾(が)は食べ物のモチーフとしては、明らかに不向きです。(蛾が乗ったお菓子とか口にしたくないですよね…)。今回は、三度目の正直とばかりに、「炎舞」を見事な和菓子に昇華させています。

 ちなみに「Cafe椿」の特製和菓子は、青山の老舗菓匠「菊家」に特別にオーダーしたもの。関東風の大きめの和菓子は、展覧会鑑賞後の疲れた体にやさしく、おなかも心も満たしてくれます。

 会場で目にしてきた作品を思い浮かべつつ、特製和菓子をおいしく頂く。こんなゆったりとした時間を過ごせるのも展覧会鑑賞のだいご味です。

 「Cafe椿」
 http://www.yamatane-museum.jp/museumshop/

 菓匠「菊家」
 http://home.h00.itscom.net/kikuya/

 

耳よりばなし

和菓子と一緒に何を飲みましょう

 「Cafe椿」はドリンクメニューにもこだわりが垣間見られます。昭和7年創業・京都寺町三条の老舗「スマート珈琲店」のブレンドが京都以外で飲めるのはここだけです。また今の時季なら京都・蓬莱堂の抹茶から点てている「冷抹茶」や関西ではポピュラーですが、関東では見かけない「冷やしあめ」(土佐の生姜とニッキを京都の職人さんがブレンドした飲み物)ものどを潤すのにぴったりです。米問屋の奉公から身を起こした山種美術館創立者・山﨑種二氏にちなんで米粉を使った洋菓子メニューも人気だそうです。


データ

山種美術館

〒150-0012
東京都渋谷区広尾3―12―36
開館時間:午前10時から午後5時
※入館は閉館の30分前まで

休館日:毎週月曜日(祝日は開館、翌日は休館)、展示替え期間、年末年始
ハローダイヤル:(03)5777―8600
URL:http://www.yamatane-museum.jp/

通常展料金:一般1000円(特別展は料金が異なる)


 【筆者プロフィール】

中村剛士(なかむら・たけし)
Tak(タケ)の愛称でブログ「青い日記帳」を執筆。展覧会レビューをはじめ、幅広いアート情報を毎日発信する有名美術ブロガー。単行本『フェルメールへの招待』(朝日新聞出版)の編集・執筆なども。
http://bluediary2.jugem.jp/

(記事・画像の無断転載・複製を禁じます。すべての情報は更新時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「ぶらり、ミュージアム」の新着記事 一覧を見る
大分県立美術館

9年ぶりにオープン 
「五感で楽しめる」県立美術館

2015年4月24日(金)、「日本一のおんせん県」を名乗る九州・大分に大分県立美術館(OPAM)が開館します。長崎県美術館(2005年)、青森県立美術館(2006年)以来、9年ぶりに新設される県立美術館です。

MOA美術館

尾形光琳の魅力を存分に

今年(2015年)は、本阿弥光悦(1558~1637)が、元和元年(1615年)に徳川家康から鷹峯の地を拝領してちょうど400年目にあたります。

国立歴史民俗博物館

「歴博」に歴史あり

「国立」を冠し芸術作品・美術工芸品を収蔵、展示する東京国立博物館、京都国立博物館、奈良国立博物館、九州国立博物館はあまりにも有名で、足を運ばれたことのある方も多いと思います。

水戸芸術館

美しいチタン製のシンボルタワー

水戸と聞いてまず真っ先に頭の中に思う浮かぶものと言えば、納豆、黄門さま、偕楽園の梅(次点であんこう鍋)ですが、NHKの地震発生時や台風接近時のニュース映像にしばしば登場する、銀色に輝くスマートな塔(タワー)もベスト3と同じくらい真っ先に思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

新着コラム 一覧を見る
国立科学博物館

気になる一品

国立科学博物館

博物館漫画「へんなものみっけ!」の作者、早良(さわら)朋さんが国立科学博物館で開催中の「大哺乳類展2」のために描き下ろしたチーターの「チー太」とマッコウクジラの「まっ子」がぬいぐるみになった。

OROCHI 澄川喜一作(島根県益田市)

アートリップ

OROCHI 
澄川喜一作(島根県益田市)

飛行機が萩・石見空港に近づくと、赤褐色の石州瓦の屋根が点在する益田市内の町並みが見えてきた。ひときわ目を引いたのが、建物すべてが石州瓦で覆われた文化施設、島根県芸術文化センター「グラントワ」だ。

現代グラフィック CCGA現代グラフィックアートセンター

私のイチオシコレクション

現代グラフィック 
CCGA現代グラフィックアートセンター

当館は1995年、大日本印刷が本業に近い分野で文化活動を行う目的で、設立しました。ポスターや版画など約2万点を所蔵しています。

ブームの卵

ブームの卵

3月22日 注目グッズ
「モリラボ 花粉バリアスティック」など

スギ花粉のシーズンまっただ中。マスクだけでは対策しきれない人も多いでしょう。そんな人向けに開発されたのが、「モリラボ 花粉バリアスティック」だよ。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。