ぶらり、ミュージアム

赤レンガが作品を引き立てる美術館

(東京ステーションギャラリー)

創建当時の赤煉瓦(れんが)を生かした2階展示室

創建当時の赤煉瓦(れんが)を生かした2階展示室

  • 創建当時の赤煉瓦(れんが)を生かした2階展示室
  • おもむきのある螺旋階段
  • 2階回廊からドームを見下ろす
  • 廣村正彰氏が赤レンガをそのままデザインした「Brick Block Memo」

 大正3(1914)年に完成し、今年で開業100周年を迎える東京駅。建築家・辰野金吾が手掛けた赤レンガ作りの豪華な建物(重要文化財)は日本の玄関口にふさわしい風合いをかもし出しています。その東京駅の駅舎内にある東京ステーションギャラリーは2012年に新たなロゴマークと共にリニューアルオープンを果たしました。

 Tokyoの「T」の字か、はたまたレールをモチーフにしたものか、捉え方によってはいかようにも見えますが実はこのロゴマークはレンガを積み重ねた目地の部分を表しているそうです。普段は陰の部分である目地を前面に出した「ルビンの壺」のようなデザインです。

 手掛けたのは、グラフィックデザイナーの廣村正彰氏。東京工芸大学芸術学部教授、アーティスト(「始発電車を待ちながら」にも出展)とマルチな才能を発揮している廣村氏。新たに東京ステーションギャラリーのロゴを作るにあたり、冨田章館長はじめとする美術館スタッフに徹底的な聞き込みを行い、約1年間かけて作り出したそうです。

 東京ステーションギャラリーは以下の3つのコンセプトで展覧会構成をしています。

 1)近代美術の再発掘 2)駅中の美術館として鉄道、建築、デザイン展の充実 3)現代アートを分かりやすい形で紹介。これらのコンセプトを「つなぎ合わせる」意味もロゴデザインには付与されています。

 そしてまた場所柄、「人と人を結ぶ」「人とアートを結ぶ」といったコンセプトも内包しているそうです。駅舎の中にあるという他の美術館にはない特徴、利点をシンプルな中に上手く表現されています。館長はじめとする美術館スタッフの想いも込められたとても素敵なロゴデザインです。

 ちなみに、建物を支える構造用レンガ(イギリス積み)をそのまま利用し展示空間としているのも他の美術館にはない大きな特徴のひとつです。ホワイトキューブで相対するのとは違った温かみのあるくつろげる空間は、気構えることなく作品と向かい合える「ここにしかない場所」でもあります。かつてバルテュスがここで自分の個展を開催したいと願ったという理由もよく分かります。

 東京ステーションギャラリー
 
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/

 廣村デザイン事務所
 
http://www.hiromuradesign.com/

 

耳よりばなし

 東京ステーションギャラリー2階にあるミュージアムショップ TRAINIART(トレニアート)は他と比べて圧倒的に「鉄分」の高いショップです。展覧会関連グッズの他に鉄道関連のグッズを取りそろえています。寝台列車のヘッドマークをあしらったグッズや、山手線チロルチョコなど、鉄道ファンならずとも思わず手が伸びてしまうユニークな商品であふれています。また廣村正彰氏が赤レンガをそのままデザインした「Brick Block Memo」(1890円)はここでしか入手できないレアな逸品。お土産にもぴったりです。
 TRAINIART(トレニアート)
 http://www.ejrt.co.jp/trainiart/


データ

東京ステーションギャラリー

〒100-0005
東京都千代田区丸の内1-9-1
開館時間:午前10時~午後6時(金曜日は午後8時まで)
※入館は閉館30分前まで

休館日:月曜日・展示替期間・年末年始
電話:03-3212-2485
URL:http://www.ejrcf.or.jp/gallery/


 【筆者プロフィール】

中村剛士(なかむら・たけし)
Tak(タケ)の愛称でブログ「青い日記帳」を執筆。展覧会レビューをはじめ、幅広いアート情報を毎日発信する有名美術ブロガー。単行本『フェルメールへの招待』(朝日新聞出版)の編集・執筆なども。
http://bluediary2.jugem.jp/

(2014年3月10日掲載。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。すべての情報は更新時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「ぶらり、ミュージアム」の新着記事 一覧を見る
大分県立美術館

9年ぶりにオープン 
「五感で楽しめる」県立美術館

2015年4月24日(金)、「日本一のおんせん県」を名乗る九州・大分に大分県立美術館(OPAM)が開館します。長崎県美術館(2005年)、青森県立美術館(2006年)以来、9年ぶりに新設される県立美術館です。

MOA美術館

尾形光琳の魅力を存分に

今年(2015年)は、本阿弥光悦(1558~1637)が、元和元年(1615年)に徳川家康から鷹峯の地を拝領してちょうど400年目にあたります。

国立歴史民俗博物館

「歴博」に歴史あり

「国立」を冠し芸術作品・美術工芸品を収蔵、展示する東京国立博物館、京都国立博物館、奈良国立博物館、九州国立博物館はあまりにも有名で、足を運ばれたことのある方も多いと思います。

水戸芸術館

美しいチタン製のシンボルタワー

水戸と聞いてまず真っ先に頭の中に思う浮かぶものと言えば、納豆、黄門さま、偕楽園の梅(次点であんこう鍋)ですが、NHKの地震発生時や台風接近時のニュース映像にしばしば登場する、銀色に輝くスマートな塔(タワー)もベスト3と同じくらい真っ先に思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

新着コラム 一覧を見る
「きかんしゃトーマス」

シネマNEWS

「きかんしゃトーマス」劇場版最新作、場面写真解禁!前売り特典も決定!

2020年には原作誕生から75周年を迎え、全世界で人気を博す「きかんしゃトーマス」。

「クレヨンしんちゃん」

シネマNEWS

今旬な俳優・山田裕貴、映画しんちゃんゲスト声優で声優初挑戦!!

ラクガキングダムの王国軍を率いて「ウキウキカキカキ作戦」を実行に踏み切るキーパーソン・防衛大臣役にゲスト声優として山田裕貴が大決定!

三遊亭兼好さん(落語家) 「運動靴と赤い金魚」(1997年) 

私の描くグッとムービー

三遊亭兼好さん(落語家)
「運動靴と赤い金魚」(1997年) 

ゲラゲラと笑って見るのが好きな人間でしてね。でも、この映画は私が28歳で入門して間もない頃かな、妻がDVDで借りてきたのを一緒に見て、幼い兄妹と家族の温かさに胸を打たれた作品です。

ブームの卵

ブームの卵

1月24日 注目グッズ
「ボルダリングレース」など

東京五輪で初めて正式競技として採用されるスポーツクライミングを、卓上で気軽に楽しんでみない?

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。