シネマNEWS

ルーカス、スピルバーグらがこだわる“音”の重要性とは?

『ようこそ映画音響の世界へ』予告編到着!

(C) 2019 Ain't Heard Nothin' Yet Corp.All Rights Reserved.

(C) 2019 Ain't Heard Nothin' Yet Corp.All Rights Reserved.

  • (C) 2019 Ain't Heard Nothin' Yet Corp.All Rights Reserved.
  • (C) 2019 Ain't Heard Nothin' Yet Corp.All Rights Reserved.
  • (C) 2019 Ain't Heard Nothin' Yet Corp.All Rights Reserved.

▼シネマNAVI シネマNEWS一覧
https://www.cinemanavi.com/article_list/

 

 ハリウッドの映画音響にフォーカスした世界初のドキュメンタリー映画『ようこそ映画音響の世界へ』の予告編が到着した。

 映画音響と一言でいっても、その中身は広く、登場人物の声はもちろん、環境音や効果音、音楽など、映画における“音”の全てを指す。本作は、世界的に活躍する映画監督たちや、『スター・ウォーズ』(77)などを手掛けたベン・バート、『地獄の黙示録』(79)などで知られるウォルター・マーチ、『ジュラシック・パーク』(93)などに携わったゲイリー・ライドストロームといった映画音響界のレジェンドを始めとした、その道のスペシャリストたちへのインタビューと共に、“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく感動と興奮のドキュメンタリーである。

 予告編は、『地獄の黙示録』のワンシーンからスタートし、『スター・ウォーズ』や『ブラックパンサー』など数々の名作映画の中でも音が印象的なシーンの映像と共に、「音は感情を伝える」と語るジョージ・ルーカスや「(音は)映画を左右する」と語るソフィア・コッポラら著名な映画監督に加え、名作映画を支えてきた音響技術者らが映画音響の重要性を語る姿が映し出される。

 1927年に初めてのトーキー映画が誕生し、ハリウッド・ルネサンスの時代を経て、現代へと日々発展し続ける映画音響の世界。名作映画とその裏側、それを支える技術者たちの創作と発見にまつわる貴重な体験談の数々が映画ファンを予告映像からワクワクさせる内容となっている。

 映画音響とは、観客を作品世界に引き込んでいく未知なる音作り。それに挑み続ける音響技術者たちの飽くなき挑戦と奥深き仕事の秘密を知れば、これからの映画鑑賞も違ったものになるはず!!

『ようこそ映画音響の世界へ』予告編

 8月28日(金)より 新宿シネマカリテほか全国順次公開

(記事・画像の無断転載・複製を禁じます。すべての情報は更新時点のものです。資料提供:シネマNAVI )

「シネマNEWS」の新着記事 一覧を見る
461個のおべんとう

『461個のおべんとう』“ありがとう”溢れる舞台挨拶実施!

11月16日(月)都内にて、全国絶賛公開中の『461個のおべんとう』の“ありがとう”溢れる舞台挨拶が実施された。

『燃えよドラゴン』

『燃えよドラゴン』ディレクターズ・カット版で上映決定!

32歳という輝かしいキャリアの絶頂で突然の死を迎え、映画界に衝撃を与えた伝説のアクションスター、ブルース・リー(1940年11月27日、米サンフランシスコ生まれ)。

浜の朝日の嘘つきどもと

『浜の朝日の嘘つきどもと』映画化決定!

『百万円と苦虫女』『ふがいない僕は空を見た』などの話題作を世に送り出し、2020年1月に公開された『ロマンスドール』でも大きな注目を集めたタナダユキ監督が、主演に高畑充希を迎え、オリジナル脚本で映画『浜の朝日と嘘つきどもと』を制作。2021年に全国公開することが発表された。

ドラえもん

『STAND BY ME ドラえもん 2』結婚おめでとう!「のび太&しずか結婚応援団」が決定!

国民的キャラクター「ドラえもん」の50周年記念の年、3DCGアニメーションで描かれる『STAND BY ME ドラえもん 2』。

新着コラム 一覧を見る
THANK(サンク)(愛知県知立市)

建モノがたり

THANK(サンク)(愛知県知立市)

一面木組みの天井が、まるで布のように垂れ下がる。夕暮れ時、子どもの声が響くこの施設はだれがどうしてつくったの?

「石器と貝殻のビーズ」

美博ノート

「石器と貝殻のビーズ」

大小様々な石器、貝殻のビーズ。ケニアやヨルダンの遺跡から発掘された約8万年前~1万5千年前のものだ。

カラーメゾチント ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション

私のイチオシコレクション

カラーメゾチント ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション

当館は、銅版画家・浜口陽三(1909~2000)の2千点に及ぶ作品や資料を収蔵しています。パリを拠点に活躍した浜口の歴史上の功績は、モノクロの銅版画技法「メゾチント」に色彩表現を取り入れたことです。

ブームの卵

ブームの卵

11月20日 注目グッズ
「多角消しゴムZIGZAG(ジグザグ)」など

ずっとカドで消せる消しゴムがあったらいいな♪ そう思ったことある人は「多角消しゴムZIGZAG(ジグザグ)」(幅50×奥行き16×高さ18ミリメートル、220円)がおすすめだよ。

お知らせ(更新情報)
新型コロナウイルス感染症拡大を受け、開催を中止・延期するイベント、プレゼントがございます。

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪


◆お知らせ

中止を決定したものにつきましては、その都度情報を更新し、公開を取り下げます。
なお、中止・延期となったイベント等の詳細につきましては主催者にお問い合わせいただきますようお願いいたします。
マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。