読んでたのしい、当たってうれしい。

シネマNEWS

夕暮れの中、銭湯「まるきん温泉」に続く道に生田斗真が湯舟で“ほっ…”と一息

『湯道』ティザービジュアルが完成!

(C)2023映画「湯道」製作委員会
(C)2023映画「湯道」製作委員会

▼シネマNAVI シネマNEWS一覧
https://www.cinemanavi.com/article_list/

 

 主演:生田斗真×脚本:小山薫堂×監督:鈴木雅之による日本の文化「お風呂」を題材とした『湯道』より、ティザービジュアルが完成、企画・脚本の小山薫堂と主演の生田斗真からコメントが到着した。

 第81回米アカデミー賞外国語映画賞をはじめ、国内外問わず数々の賞を総なめにした『おくりびと』(08)の脚本を手掛け、ご当地キャラクターブームを牽引した「くまモン」の生みの親でもある、まさに企画のプロフェッショナル・小山薫堂。その小山が2015年に提唱し、日本の文化「お風呂」について精神や様式を突き詰める新たな道・「湯道」が、構想約7年の歳月を経て、本人の完全オリジナル脚本で映画化!メガホンを取ったのは『HERO』『マスカレード』シリーズを手掛け群像劇を得意とする鈴木雅之。

 主演の生田斗真をはじめ、濱田岳、橋本環奈、さらに超豪華キャスト陣が大集結!心も身体もシットリ感動、ホッコリ幸せな気分に整う、“お湯”を愛する全ての人々に贈るお風呂エンタメが誕生する。

 グラデーションがかった夕暮れ空の下、お一人様、夫婦、親子、そして手拭を首に巻いた猫のカップルまでも集う今作の舞台・銭湯「まるきん温泉」へ続く道―。日本の文化「お風呂」を題材にした本作にピッタリな古き良き日本を感じるノスタルジックな“道”ビジュアルになった。この銭湯を配した“道”ビジュアルに対し、企画・脚本の小山薫堂は「自分が見過ごしていた幸せに気づける場所・・・それが銭湯です。風呂に浸かって幸せになる方法がこの映画で分かります。」とコメントを寄せた。

 夏が終わり、気候も涼しくなって、だんだんとお湯が恋しくなる季節―。亡き父の遺した古びた銭湯「まるきん温泉」を巡って反発し合う兄弟、事情を抱えつつ明るく働くヒロイン、まるで湯気のように立ち上り、湯のように流れていく常連客たち、そして、湯を通して人生の豊かさを見出す「湯道会館」の人々。様々な人間模様を描いた本作は、お風呂のように心温まる笑いと涙で、日本中を暖かい湯気で包み込む。

 2023年2月23日(木・祝)日本中がお風呂に沸く!!

(記事・画像の無断転載・複製を禁じます。すべての情報は更新時点のものです。資料提供:シネマNAVI )

今、あなたにオススメ

シネマNEWSの新着記事

新着コラム