私の描くグッとムービー

榎本マリコさん(イラストレーター、画家)
「ぼくのエリ 200歳の少女」(2008年)

心寄せる 少年とバンパイア

 スウェーデン郊外の閉鎖的な町で、いじめを受けている12歳の少年オスカーが主人公。夜にひとりで復讐する妄想をして、憂さ晴らしをしています。そこへバンパイアのエリがマンションの隣の部屋に引っ越してきます。

 バンパイアものの単なるホラー映画ではなく、孤独や生きづらさを描いたストーリーに入り込みました。グレー、ブルーと色彩があまりない世界にどろっとした血の色。エリの青白い肌に真っ黒な髪と目。あのコントラストも良かった。ハリウッドでリメイクもされたけど、北欧の空気感がストーリーには合っていると私は思いました。半袖に裸足で雪の中にいるエリの姿が異様でしたね。

 エリの同居人ホーカンは、人を殺して血を取り、エリに捧げていました。でも中盤で警察に捕まってしまう。負傷した彼が入院している病室にエリがやって来ます。ホーカンは今までのような生活は続けられないと悟り、エリにかまれるんです。そのシーンが1番好きですね。いつ捕まるかわからない危険な生活が終わること、彼自身の血を与えることでエリとひとつになれたこと、両方の安堵の気持ちを感じました。

 英語のタイトル「Let the Right One In」は、正しい者を招き入れよという意味。お互いを受け入れ合う姿をイラストに描きました。エリは飢えた時に、獣のような声を出すんです。でもオスカーにだけは襲いかからない。「早く行って!」と言う。本能と理性がせめぎ合って、エリの人間らしさが垣間見える瞬間です。

聞き手・伊藤めぐみ

  監督=トーマス・アルフレッドソン
  製作=スウェーデン
  出演=カーレ・ヘーデブラント、リーナ・レアンデションほか
えのもと・まりこ
 韓国の小説「82年生まれ、キム・ジヨン」日本語版の装画や、季刊のライフスタイル情報誌「アンナマガジン」の表紙を手がける。

(2019年4月19日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
竹内浩一さん(日本画家) 「牛の鈴音」(2008年)

竹内浩一さん(日本画家)
「牛の鈴音」(2008年)

韓国農村部の四季の中で、79歳の寡黙な農夫と、老いた一頭の牛との生活を淡々と撮影したドキュメンタリーです。

菊池武夫さん(ファッションデザイナー) 「ゲッタウェイ」(1972年)

菊池武夫さん(ファッションデザイナー)
「ゲッタウェイ」(1972年)

創作の世界であっても、男のかっこよさが出ている映画はいい、と思うきっかけになったのが、サム・ペキンパー監督の作品です。

死後くん(イラストレーター) 「薄氷の殺人」(2014年)

死後くん(イラストレーター)
「薄氷の殺人」(2014年)

映画は、高校生の頃から意識してよく見るようになりました。一時期、映画監督を目指していたこともあり、いろんなジャンルを見ていました。

田中達也さん(ミニチュア写真家) 「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」(2010年)

田中達也さん(ミニチュア写真家)
「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」(2010年)

実はバンクシーにはあまり興味ないんですよ。正直好きな映画じゃない(笑)。でも現代アートについて、言いたいことが詰まってるんです。

新着コラム 一覧を見る
ブームの卵

ブームの卵

7月19日 注目グッズ
「Pen」など

手に持つとひんやり冷たくて独特な手触り、心地よい重量感……。「Pen」は、ペン軸がコンクリート製のボールペンなんだ。

「3doo(サンドウ)」のジェラート(ベルガモット紅茶&ベリーチップ)

オトコの別腹

田川隼嗣さん
「3doo(サンドウ)」のジェラート(ベルガモット紅茶&ベリーチップ)

新しいもの好きの性格なので、チョコレートとか王道のものは、つい外したくなっちゃって。それなら、紅茶味にいってみようと思ったのがきっかけ。

「辛麺 華火」の辛麺

おんなのイケ麺(めん)

森七菜さん
「辛麺 華火」の辛麺

辛党です。甘いものも好きですけど、あんまり食べ続けられなくて。でも、辛いものは無限に食べられるんです。

国立科学博物館

気になる一品

国立科学博物館

特設ショップでは、国宝絵巻「鳥獣人物戯画」から着想を得た「恐竜人物戯画」シリーズの豆皿(直径約10センチメートル、計3種)が販売中だ。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。