私の描くグッとムービー

鈴木ヒラクさん(アーティスト)
「コヤニスカッツイ」(1982年)

地球と調和する生き方 考える

 せりふは一切なく、映像とミニマル・ミュージックで知られる作曲家フィリップ・グラスの音楽だけで描いたドキュメンタリーです。アメリカ先住民がユタ州の洞窟内に描いた壁画から始まり、壮大な自然のシーンが続く。そこへショベルカーが出てきて人間が地球に痕跡を残し始めます。宇宙にロケットを飛ばし、核実験を実施し、工場で機械の歯車のように働く姿などが、俯瞰する神の視線のように、残酷に映し出される。題名の「コヤニスカッツィ」はアメリカ先住民ホピ族の言葉で「平衡を失った世界」という意味です。

 映画を見て、自分の内面という洞窟に刻まれたイメージを絵に描きました。壁画と夜の高速道路のシーンが重なっていて、過去と未来が同時に存在します。映画は最後も壁画で終わり、壁画が未来を暗示していると僕は受け取ったんです。

 現在の地質年代は約1万1700年前から続く「完新世」。でも産業が急激に発達して、人間が地質に大きく影響を与えるようになった時代を新たに「人新世」としようと、複数の学者が提唱しています。つまり平衡を失った時代。壁画はタイムカプセルみたいなもので、地球と調和を取りながら生きる方法が刻まれているように思います。

 ただ監督は作品の解釈は見た人にゆだねると言っている。映画は、テクノロジーが悪いと言っているわけではないんです。美大生の時、アートって既存の言葉で説明できる、人間対人間の世界だということに違和感があった。そんな時にこの映画を見て、受け手に様々な解釈を許す作品のあり方に感動しました。

 (聞き手・伊藤めぐみ)

 

  監督=ゴッドフリー・レジオ
  製作=米
  音楽=フィリップ・グラス
すずき・ひらく
 11月16日~来年2月16日に東京都現代美術館で開催の「MOTアニュアル」に出展。1月に作品集「SILVER MARKER」を発売。

(2019年9月13日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
山田参助さん(漫画家)「本日休診」(1952年)

山田参助さん(漫画家)
「本日休診」(1952年)

戦後まもなく医院を再開した町医者の先生と周りの人々を描いた群像劇。たまの休診日なのに急患が続々とやってきたり往診に呼ばれたり

後藤美和さん(イラストレーター)「レジェンド 狂気の美学」(2015年)

後藤美和さん(イラストレーター)
「レジェンド 狂気の美学」(2015年)

映画の舞台となったロンドンと、公開当時、私が住んでいたダブリン。どんよりとしたグレーの空と街の雰囲気が重なる。親近感が湧いた映画でした。

田名網敬一さん(アーティスト)「愛の嵐」(1973年)

田名網敬一さん(アーティスト)
「愛の嵐」(1973年)

この映画はナチスをテーマにした他の映画とは違う。ナチズムという暴力的な政治理念のもと、ユダヤ人をはじめ多くの人が苦しめられた。それが下敷きにあるんだけど、民衆の苦しみというより、もっとプライベートな事件を描いている。

信濃八太郎さん(イラストレーター) 「殺人者たち」(1964年)

信濃八太郎さん(イラストレーター)
「殺人者たち」(1964年)

「なぜあの男は逃げようとしなかったのか?」。依頼を受けて盲学校の教師ジョニーを殺した2人組の殺し屋の一人が疑問をもちます。彼らはジョニーを知る人物を訪ね、脅迫しながら過去を聞きだしていくんです。

新着コラム 一覧を見る
ブームの卵

ブームの卵

10月11日 注目グッズ
「とびだすキッチンタイマー」など

毎日の家事って本当に大変だよね。忙しい日々のキッチンに、「とびだすキッチンタイマー」(幅7.2×奥行き3.2×高さ8.7センチメートル、1980円)で癒やしを取り入れてみない?

「八宮松雪堂」の小鹿野こいし

オトコの別腹

佐藤弘道さん
「八宮松雪堂」の小鹿野こいし

母の実家が埼玉・小鹿野町にあり、小さいころは東京から電車とバスを乗り継いで行っていました。着いて、食卓にこのお菓子があるのを見ると、ほっとしたのを覚えています。

窪美澄さん 「ニコラ」のピスタチオのペンネ

おんなのイケ麺(めん)

窪美澄さん
「ニコラ」のピスタチオのペンネ

2013年ごろ、東京・三軒茶屋に住む友達とお芝居を見た後に、連れてきてもらったのが最初。

江戸東京博物館

気になる一品

江戸東京博物館

江戸時代から現代までの東京の暮らしに関する資料や、大型模型などを展示する同館。

お知らせ(更新情報) 10月1日からはがき代が62円から63円に、往復はがき代が124円から126円になりますのでご注意下さい。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。