私の描くグッとムービー

鈴木ヒラクさん(アーティスト)
「コヤニスカッツイ」(1982年)

地球と調和する生き方 考える

 せりふは一切なく、映像とミニマル・ミュージックで知られる作曲家フィリップ・グラスの音楽だけで描いたドキュメンタリーです。アメリカ先住民がユタ州の洞窟内に描いた壁画から始まり、壮大な自然のシーンが続く。そこへショベルカーが出てきて人間が地球に痕跡を残し始めます。宇宙にロケットを飛ばし、核実験を実施し、工場で機械の歯車のように働く姿などが、俯瞰する神の視線のように、残酷に映し出される。題名の「コヤニスカッツィ」はアメリカ先住民ホピ族の言葉で「平衡を失った世界」という意味です。

 映画を見て、自分の内面という洞窟に刻まれたイメージを絵に描きました。壁画と夜の高速道路のシーンが重なっていて、過去と未来が同時に存在します。映画は最後も壁画で終わり、壁画が未来を暗示していると僕は受け取ったんです。

 現在の地質年代は約1万1700年前から続く「完新世」。でも産業が急激に発達して、人間が地質に大きく影響を与えるようになった時代を新たに「人新世」としようと、複数の学者が提唱しています。つまり平衡を失った時代。壁画はタイムカプセルみたいなもので、地球と調和を取りながら生きる方法が刻まれているように思います。

 ただ監督は作品の解釈は見た人にゆだねると言っている。映画は、テクノロジーが悪いと言っているわけではないんです。美大生の時、アートって既存の言葉で説明できる、人間対人間の世界だということに違和感があった。そんな時にこの映画を見て、受け手に様々な解釈を許す作品のあり方に感動しました。

 (聞き手・伊藤めぐみ)

 

  監督=ゴッドフリー・レジオ
  製作=米
  音楽=フィリップ・グラス
すずき・ひらく
 11月16日~来年2月16日に東京都現代美術館で開催の「MOTアニュアル」に出展。1月に作品集「SILVER MARKER」を発売。

(2019年9月13日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
「幻の光」(1995年)

さわひらきさん(美術家)
「幻の光」(1995年)

1996年に渡英して3、4年経った頃、ホームシック的なものになりまして。そんな時にロンドンの映画館で日本映画が上映されていると知り、何の前情報も無しに見に行きました。

名久井直子(ブックデザイナー) 「ムーンライズ・キングダム」(2012年)

名久井直子(ブックデザイナー)
「ムーンライズ・キングダム」(2012年)

アンダーソン監督作品が大好きです。童話風の世界観にシニカルな演出やほろ苦さがあって。この映画も公開前から心待ちにしていました。

なばたとしたかさん(イラストレーター)  「ゴーストバスターズ」(1984年)  想像力をかき立てる異世界の物語

なばたとしたかさん(イラストレーター)
「ゴーストバスターズ」(1984年)

小学2年生の時に家族で映画館へ行って初めて見た映画。超常現象の研究をする3人の博士が大学を追い出されて「お化け退治人(ゴーストバスターズ)」の商売を始めるという喜劇です。

相原コージさん(漫画家)「イレイザーヘッド」(1977年)

相原コージさん(漫画家)
「イレイザーヘッド」(1977年)

最後まで訳の分からない悪夢みたいな話です。主人公の男と彼女の間に子どもができるんだけど、その赤ちゃんは首から下を包帯で巻かれた、顔も体も異形の姿。

新着コラム 一覧を見る
『映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』

シネマNEWS

きゃりーぱみゅぱみゅ『映画クレヨンしんちゃん激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』

1990年より「漫画アクション」で連載が開始され、その後1992年にアニメが放送されて以来、長い間愛され続けている国民的アニメ「クレヨンしんちゃん」。大人気シリーズ28作目となる最新作『映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』。

「ブルース・リー 4Kリマスター復活祭2020」

シネマNEWS

「ブルース・リー 4Kリマスター復活祭2020」開催!

没後47年たった今も、世界中で愛され、崇められ、様々なジャンルに影響を与え続ける映画史上最高のアクション・スターにして伝説の武道家ブルース・リー。2020年は彼の生誕80周年となる記念すべき年である。

ブームの卵

ブームの卵

2月21日 注目グッズ
「Balance Pets(ばらんすぺっと)」など

最初は運動する気満々で買ったバランスボール。でも、いつの間にか部屋の隅っこで忘れ去られている、なんてことあるよね。

『Fukushima50』

シネマNEWS

『Fukushima50』池上彰トークイベント実施!

神楽座にて2月19日(水)ジャーナリスト・池上彰を迎えたトークイベントを開催した。

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。