私の描くグッとムービー

丸山誠司さん(絵本作家)
「Pina ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち」(2011年)

身体表現 想像力を刺激

 ドイツの舞踊団を率いた振付家で舞踊家のピナ・バウシュを、この映画で知りました。コンテンポラリーダンスに縁は無かったのですが、好きなベンダース監督のドキュメンタリーだったので映画館へ。ピナの4作品と団員たちの語りや踊りで淡々と進むところが気に入りました。見る側がどう受け取っても自由な気がして。とても感激して、映画のチラシを今も仕事場に貼っています。

 ダンスの動きは、美しくて不思議。時にユーモアも感じます。日常にはないような動きなのに、なぜか日常とつながっているようで、想像力をかき立てられます。映画の公開は、ピナが急逝した後。舞台を見ることができず、残念です。

 印象深いのは、列をなしたダンサーが、季節の変化をジェスチャーで表しながら進む場面。腕を曲げてブルブルと震わせる「冬」の表現には、親近感が湧きました。このダンスは複数回登場します。終盤、小高い丘のような場所で、遠景からダンサーの列を捉えた構図は見応えがありました。

 映画で、ピナが「言葉で表現するのではなく、特別な何かを感じてもらうのがダンスの出発点」と語っていますが、言葉にしなくても伝わることがあると思います。ダンスは理屈抜きで、説明のつかないところが面白い。私も絵本をつくる時、お話の筋とは別に、何だか笑っちゃうような仕掛けを意識します。例えば、擬人化した城が登場する絵本の主人公は「おしろ」と「おくろ」で、語尾は「じょう」。声に出すと、言葉の響きが楽しくなるように考えます。ダンスと同じく、音読も身体表現ですね。

(聞き手・木谷恵吏)

  監督・脚本=ビム・ベンダース
  製作=独・仏・英
  出演=ピナ・バウシュ、ブッパタール舞踊団のダンサーたち
まるやま・さとし
 ヤッホーブルーイング(長野県)のクラフトビール2ブランドのパッケージイラストを担当。絵本「ノブーナガ」(絵本館)が2月刊行。

(2020年1月17日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
「幻の光」(1995年)

さわひらきさん(美術家)
「幻の光」(1995年)

1996年に渡英して3、4年経った頃、ホームシック的なものになりまして。そんな時にロンドンの映画館で日本映画が上映されていると知り、何の前情報も無しに見に行きました。

名久井直子(ブックデザイナー) 「ムーンライズ・キングダム」(2012年)

名久井直子(ブックデザイナー)
「ムーンライズ・キングダム」(2012年)

アンダーソン監督作品が大好きです。童話風の世界観にシニカルな演出やほろ苦さがあって。この映画も公開前から心待ちにしていました。

なばたとしたかさん(イラストレーター)  「ゴーストバスターズ」(1984年)  想像力をかき立てる異世界の物語

なばたとしたかさん(イラストレーター)
「ゴーストバスターズ」(1984年)

小学2年生の時に家族で映画館へ行って初めて見た映画。超常現象の研究をする3人の博士が大学を追い出されて「お化け退治人(ゴーストバスターズ)」の商売を始めるという喜劇です。

相原コージさん(漫画家)「イレイザーヘッド」(1977年)

相原コージさん(漫画家)
「イレイザーヘッド」(1977年)

最後まで訳の分からない悪夢みたいな話です。主人公の男と彼女の間に子どもができるんだけど、その赤ちゃんは首から下を包帯で巻かれた、顔も体も異形の姿。

新着コラム 一覧を見る
『約束のネバーランド』

シネマNEWS

『約束のネバーランド』追加キャスト決定!

17巻までで全世界累計発行部数1800万部を突破しているほか、10月からはアニメ第2期の放送も決定しているなど、日本のみならず世界で愛されている“約ネバ”が、12月18日に実写映画化されることが決定し、大きな話題となっている。

目白 志むらの「姫薯蕷饅頭(ひめじょうよまんじゅう)」

オトコの別腹

小林研一郎さん
「目白 志むら」の姫薯蕷饅頭(ひめじょうよまんじゅう)

演奏会は、なるべくおなかがすいた状態で臨んでいます。満腹では集中力が欠けてしまうので、特に難曲の前は何も食べないこともあります。

「東京うりずん」の沖縄そば

おんなのイケ麺(めん)

木村衣有子さん
「東京うりずん」の沖縄そば

琉球料理のお店には学生の頃からよく行っています。年明け、久しぶりに沖縄に旅行して、このお店の那覇の本店に入りました。

『パラサイト 半地下の家族』

シネマNEWS

日本大ヒット記念!『パラサイト 半地下の家族』ポン・ジュノ監督、主演ソン・ガンホ来日!

本年度アカデミー賞最多4部門を受賞した韓国映画『パラサイト 半地下の家族』の日本大ヒットを記念して、24日、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて舞台挨拶が行われた。

お知らせ(更新情報)
新型コロナウイルス感染症拡大を受け、開催を中止・延期するイベント、プレゼントがございます。

中止を決定したものにつきましては、その都度情報を更新し、公開を取り下げます。
なお、中止・延期となったイベント等の詳細につきましては主催者にお問い合わせいただきますようお願いいたします。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願いいたします。

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。