読んでたのしい、当たってうれしい。

グレゴリー・ケズナジャットさん
「ファラフェルガーデン」ファラフェルのピタサンド

「ファラフェルガーデン」ファラフェルのピタサンド

 初めてお店を訪れたのは、もう十数年も前。外国語指導助手として来日したころでした。その後、大学院入学を機に京都市内に引っ越し、お店が近くで常連になりました。

 僕は自炊がすごく苦手で、9割が学食、残りは外食という食生活でした。なるべく多く野菜をとりたい。このピタサンドは結構野菜が入っていてボリュームがあり、味もしっかり。夕方に学校を出て、鴨川沿いや糺の森をちょっと散歩して、ついでに食べて帰ることが多かったですね。

 ファラフェルはここがダントツ一番。ひよこ豆の自然な味を生かしていて、揚げ物で一つが割と大きいのに脂っこくない。タヒニという、ゴマをペースト状にしたソースがまたおいしいんです。

 アメリカから母と弟が来てくれた時、金閣寺や清水寺に加えて、ファラフェルガーデンにも連れて行きました。2人からしたら「京都で中東料理?」という気持ちがあったかも。でも、紹介したくなるくらいおいしい。長く住んでいたからこそ知っている、ローカルなお店を教えたかったのかもしれません。

 現在は東京住まいです。小説「鴨川ランナー」に書いたように、長年過ごした同じ場所に立つと、過去の記憶が浮かぶ。自分の中の変化を京都に行く度に実感します。ファラフェルの味は変わりませんね。

(聞き手:伊東哉子)

 ◆京都市左京区田中上柳町15の2(問い合わせは075・712・1856)。
  M890円、L1570円。
  平日が午前11時半~午後9時(ラストオーダーは30分前)、土・日・祝が午前11時半~午後8時半。(水)休み。


 作家、法政大准教授。
 1984年、米国生まれ。2021年「鴨川ランナー」で京都文学賞を受賞し、デビュー。22年、「開墾地」が芥川賞候補に(共に講談社)。「群像Web」でエッセー「物語を探しに」を連載中。

 

▽群像Web:グレゴリー・ケズナジャットさん
https://gendai.media/list/author/gregorykhezrnejat

(2023年9月21日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

今、あなたにオススメ

グッとグルメの新着記事

新着コラム

  • シネマNEWS 廃墟と化したソウルの街に燃え上がる炎…『コンクリート・ユートピア』 イ・ビョンホン、パク・ソジュン、パク・ボヨン出演のパニックスリラー『コンクリート・ユートピア』。

  • 美博ノート 本草図説 「本草図説」は195冊に及ぶ、江戸時代のカラー博物図鑑。市井の本草家・高木春山(?~1852)がただ一人で、20年以上かけて作成した。植物をはじめ魚、鳥、獣、虫、鉱物、自然現象にいたるまで万物を描いた精密な肉筆画に、見聞や書籍に基づいた解説が付く。

  • 建モノがたり くぼみアパートメント(埼玉県 戸田市) カーブした壁に沿って2棟の建物の間を進むと、深いポケットのような中庭があった。

  • 私のイチオシコレクション 耕三寺博物館 瀬戸内海の生口島にある耕三寺は、大阪の溶接技術者で実業家となった(こうさんじ・こうぞう)(1891~1970)が母の供養のため1936年から建て始めた寺です。収集した仏教美術などの美術品約2千点を一般公開するにあたって寺全体を53年に博物館とし、法宝蔵と僧宝蔵、分館・金剛館で展示しています。