読んでたのしい、当たってうれしい。

大沼紀子さん
TRAIN BLEU 大納言

TRAIN BLEU 大納言

 どちらかというとハード系の生地感のあるパンです。表面がすごくパリッとしていて、でも中はふわっとやわらかい。そのやわらかな部分の小麦の味と、表面のちょっと焦げた感じの香ばしい味が、口のなかで混ざっていってとてもおいしいです。かみごたえもあるので、かむほどに楽しい感じ。そこに、小豆のほどよい絶妙な甘さがプラスされて、いくらでも食べられる味なんです。甘すぎるとやっぱりどうしても「もういいかな」ってなるんですが、本当にちょうどいい。ここが毎回食べてしまう理由かもしれません。家でバターなどをのせると甘じょっぱくなって、それもおすすめです。

 知り合いから、おいしいパン屋ができたらしいと聞いたのがきっかけで、はじめは親が買ってきてくれたんです。そこからすっかり気に入ってしまって、地元に帰るたびついつい立ち寄ってしまいます。

 トランブルーって、デニッシュをはじめとしてきらびやかなパンも多い。ずらっとパンが並んでいて、行くたびに「素敵なところにきたぞ」と気分が華やぎます。その中だと大納言は素朴な感じもあったりしますが、そこが落ち着きます。他のパンも魅力的で、ついつい色んな種類を買ってしまいますが、大納言だけは毎回必ず購入しています。

(聞き手・中山幸穂)

 ◆岐阜県高山市西之一色町1の73の5(☎0577・33・3989)。330円。午前9時半~午後5時半。原則(火)(水)休み(その他不定休有)。


 脚本家・小説家。1975年、岐阜県出身。2005年に「ゆくとし くるとし」で第9回坊っちゃん文学賞大賞を受賞し、小説家としてデビュー。著書に「真夜中のパン屋さん」シリーズなど。

(2023年11月30日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

今、あなたにオススメ

グッとグルメの新着記事

新着コラム