読んでたのしい、当たってうれしい。

私のイチオシコレクション

鎌倉市鏑木清方記念美術館

江戸趣味映す 妻への留め袖

「絽地扇面描絵柄江戸褄」明治末~大正、鏑木家の家紋「七星くずし」付き
「絽地扇面描絵柄江戸褄」明治末~大正、鏑木家の家紋「七星くずし」付き
「絽地扇面描絵柄江戸褄」明治末~大正、鏑木家の家紋「七星くずし」付き うちわ「のれん」1957年ごろ

 当館は美人画で知られる日本画家・鏑木清方(1878~1972)が晩年を過ごした旧宅跡地に1998年に開館。門や画室は当時の様子を再現しています。

 清方が描いた女性はほとんど着物姿です。駆け出しの挿絵画家だったころ、収入を補うために浴衣地の図案を作る仕事もしていた清方は、画中の人物の着物に、自ら考案した柄を緻密(ちみつ)に描きました。

 身内の浴衣や手ぬぐいなどの意匠を手がけることもあり、「絽地扇面描絵柄江戸褄(ろじせんめんかきえがらえどづま)」は妻・照(てる)にあつらえた留め袖です。柄はすそだけにあり、そのほかは無地。一見すると素っ気ないようにも感じます。

 ところが、照が着た姿を写した写真では印象がガラリと変わります。椅子に座った照のひざ下を、風に舞うような涼しげな扇が飾ります。みずみずしいグラデーションといい、女性を観察し尽くした清方ならではの絶妙な配置を感じます。

 扇面のリンドウやナデシコ、ヤブランなど秋を先取りした花は絵筆で描かれています。閉じた扇子が一つ、目を留めさせるポイントを置いているのが心憎いですね。全体に派手ではなく、東京で生まれ育った清方の洗練された江戸趣味が表れています。

 清方は絵の中に市井の情景や風俗を残そうとしました。自らの作品を美人画と呼ばれるのを好まず、庶民の生活を描く「社会画」と自負していたこともありました。

 うちわ「のれん」に描いたのも日常の何げない一コマ。のれん越しに「ちょいとあなた」とでも呼びかける声が聞こえてきそうです。

(聞き手・斉藤由夏)


 《鎌倉市鏑木清方記念美術館》 神奈川県鎌倉市雪ノ下1の5の25(問い合わせは0467・23・6405)。300円(特別展は450円)。月(祝の場合は翌平日)、展示替え期間など休み。2点は9月11日まで展示。

いまにし・あやこ

学芸員 今西彩子

 いまにし・あやこ 2010年から現職。開催中の企画展「夏から秋へ 季節のよそおい」ほか、日本画や多色摺(ず)り木版画ワークショップなども担当。

鎌倉市鏑木清方記念美術館
http://www.kamakura-arts.or.jp/kaburaki/

(2022年7月5日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

私のイチオシコレクションの新着記事

  • 日本・モンゴル民族博物館 当館は兵庫県北部、山あいの豊岡市但東町にあります。

  • カメイ美術館 当館は仙台市に本社をおく商社カメイの第3代社長を務めた亀井文蔵(1924~2011)が半世紀以上かけて収集したチョウをコレクションの柱の一つとし、約4千種、1万4千匹の標本を展示しています。

  • シルク博物館 幕末以来長く横浜港の主要輸出品だった生糸(絹)をテーマに約7千点を所蔵

  • 平山郁夫美術館 平山郁夫(1930~2009)の「アンコールワットの月」は、好んで用いた群青ほぼ一色でカンボジアの遺跡を描いた作品です。

新着コラム