読んでたのしい、当たってうれしい。

私のイチオシコレクション

アサヒビール大山崎山荘美術館

若き日の巨匠 木との格闘

「欅拭漆食卓」「欅拭漆肘掛(ひじかけ)椅子」「欅拭漆椅子」 黒田辰秋 1928年
「欅拭漆食卓」「欅拭漆肘掛(ひじかけ)椅子」「欅拭漆椅子」 黒田辰秋 1928年
「欅拭漆食卓」「欅拭漆肘掛(ひじかけ)椅子」「欅拭漆椅子」 黒田辰秋 1928年 「黒朱漆灯火器」 黒田辰秋 1928年ごろ

 京都郊外、天王山の中腹にある当館は、大正から昭和初期にかけて建設された実業家の別荘を修復し、アサヒビール初代社長・山本為三郎のコレクションを中核として開館しました。民芸運動の支援者だった山本の収集品の中には木漆工芸家・黒田辰秋(1904~82)の作品も55件ほどあります。

 祇園の塗師(ぬし)屋に生まれた黒田は20歳の時に柳宗悦らと出会い、民芸運動と深く関わります。27年に同年代の仲間3人と上賀茂神社近くで「上加茂民芸協団」を結成。寝食を共にしながら柳の指導のもと制作に励みました。

 翌年、昭和天皇即位の礼を記念して東京・上野で開かれた博覧会に、民芸の同志たちはパビリオン「民芸館」を出展します。木造平屋の建築を含め、「手で培われてきた美」の再認識を提案するもので、協団にとって初の大舞台でした。

 「欅拭漆(けやきふきうるし)食卓」は民芸館のために黒田が制作した木工家具類の一つです。食卓は三つに分かれ、左右をつなげば円卓になります。中央部は単体で戸棚としても使えるようになっています。

 併せて制作された6脚の椅子はよく見るとそれぞれ少しずつ違いがあり、手作業ゆえの温かみが感じられます。椅子の背面と食卓の側板に透かし彫りされた井桁の文様は、柳が考案し、黒田が図案化した協団のシンボルマークです。

 博覧会終了後、民芸館を丸ごと買い取ったのが山本為三郎で、大阪の自邸敷地内に「三国荘」として移築しました。「黒朱漆灯火器」はこの時追加制作されたもので、黒と赤の漆が効果的に使われています。黒田が灯火器を制作したのは若い頃だけで、貴重な作品です。

 名匠と呼ばれ、65歳で木工芸分野初の人間国宝となった黒田ですが、20代前半には迷いながら木と格闘していたことがうかがえます。実験的なアイデアに挑戦した作品には、後年にない魅力があるように思います。

(聞き手・伊東哉子)


 《アサヒビール大山崎山荘美術館》 京都府大山崎町銭原5の3(問い合わせは075・957・3123)。午前10時~午後5時(入館は30分前まで)。900円。2点は「没後40年 黒田辰秋展」(5月7日まで)で展示中。(月)休み(5月1日は開館)。

のざき・ふみこ

学芸員・野崎芙美子さん

 のざき・ふみこ 東京大学大学院人文社会系研究科博士課程満期退学。朝日新聞社文化事業部勤務を経て、2022年から現職。

(2023年4月4日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

今、あなたにオススメ

私のイチオシコレクションの新着記事

  • 世田谷文学館 東京都世田谷区にある当館は、東宝の撮影所が区内にある縁もあって映画に関連する資料も多く所蔵しています。

  • 十和田市現代美術館 街に開かれた美術館がコンセプトの当館は、広い開口部のある展示室が特徴です。

  • 薩摩伝承館 幕末から明治にかけて新しい時代を切り開いた薩摩藩。

  • 三笠市立博物館 巻き貝やカタツムリに似ていると思われるアンモナイトですが、実はイカに非常に近い生物と推測されます。殻の内部は隔壁によっていくつもの小部屋に区切られ、一番外側に1対の目と複数本の触手を持つ軟体部が収容されていました。

新着コラム