おんなのイケ麺(めん)

米澤よう子さん
「サロン・ド・テ アンジェリーナ」の
モッツァレラチーズとキノコのトマトパスタ

イメージ 「サロン・ド・テ アンジェリーナ」のモッツァレラチーズとキノコのトマトパスタ

イメージ
「サロン・ド・テ アンジェリーナ」のモッツァレラチーズとキノコのトマトパスタ

  • イメージ 「サロン・ド・テ アンジェリーナ」のモッツァレラチーズとキノコのトマトパスタ
  • 米澤よう子さん

 フランス・パリに本店があるティールーム。メニューは月替わりなのですが、いつも美しい盛りつけで楽しませてくれるんです。10月のこの一品は、トマトソースの赤いパスタの上に白のモッツァレラチーズ、緑と紫のスプラウトがちりばめられていました。

 色彩が整っていると、おのずと素材の味のバランスも良いので、おいしいんですよね。最初にサラダ、パン、スープを味わって、メインのパスタ。いずれも量は多くないですが、食べ終わる頃にはおなかが程良く満たされているのを感じます。いわゆるスパゲティのメニューは本店にありませんが、フランスの美的感覚と日本の繊細さが融合した一品だと思います。

 外堀通りを望む、お店の大きな窓もお気に入りの理由。晴れの日が少ないパリに住んでいた時、太陽が見えたらみんな外に出てひとときを楽しんでいました。それを見ているうちに、いつしか私も日当たりの良い場所探しが趣味になったのです。ぜひ晴れた日に、窓際の席でゆっくりお食事を。体と心が心地よくなるのを感じるはずです。

 

◆東京都中央区銀座、マロニエゲート銀座2の2階(TEL03・3567・7871)。
 午前11時~午後8時(ラストオーダー)。
 1296円(サラダ、パン、スープ、ドリンク付き、平日の午後4時まで提供)。


 よねざわ・ようこ イラストレーター、作家。
 パリ在住経験を基にした著作多数。近著は「ねことパリジェンヌに学ぶリラックスシックな生き方」(文芸春秋)。2019年1月に新刊を発売予定。

(2018年10月12日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「おんなのイケ麺(めん)」の新着記事 一覧を見る
「讃岐うどん 根の津」のちく玉天うどん

東直子さん
「讃岐うどん 根の津」のちく玉天うどん

森鴎外記念館(東京都文京区)に何度かイベントに伺っていて、昔ながらのお店と新しいお店が両方あるこの町の雰囲気が楽しくて、去年の4月、仕事場を移しました。

「函館らーめん 船見坂」の海老わんたんそば

田嶋陽子さん
「函館らーめん 船見坂」の海老わんたんそば

月に1回、東京・四谷のシャンソンライブハウス「蟻ん子」の舞台に立ってるのね。64歳の時に、軽井沢の町おこしに一肌脱ぐつもりで「歌いましょうか」なんて軽口たたいたのが運のつき。

「手打ち そば処ほさか」の鴨(かも)汁そば

銀粉蝶さん
「手打ち そば処ほさか」の鴨(かも)汁そば

昔よく、そばの食べ歩きに近いことをしていたんですよね。

「豊前房」の豊前房うどん

平野紗季子さん
「豊前房(ぶぜんぼう)」の豊前房うどん

小学生の頃から通っています。もともと福岡出身で関西風のダシの方が好きだったので、関東風のスープが黒いうどんに食べ慣れませんでした。

新着コラム 一覧を見る
ブームの卵

ブームの卵

6月21日 注目グッズ
「撮れる傘 instabrella」など

旅先やアウトドアで自撮り棒があると便利だけど、梅雨の時期は傘も持ち歩きたいし、荷物が増えちゃう……。

私の描くグッとムービー

佐藤穂波さん(イラストレーター)
「ヘアスプレー」(2007年)

高校生の頃、有志でダンスを披露する文化祭の企画がありました。この映画に出てくる曲で踊ることになり、みんなで映画を見たのが最初です。

「菓房処(どころ) 京家」かりんとう饅頭(まんじゅう) 鬼の金棒

オトコの別腹

寺田真二郎さん
「菓房処(どころ) 京家」かりんとう饅頭(まんじゅう) 鬼の金棒

これは都内の表参道にある新潟のアンテナショップで見つけました。もともと、道の駅や物産展、アンテナショップへ行くことが趣味なんです。

浄瑠璃人形「お里」

美博ノート

浄瑠璃人形「お里」

中部地方などの祭礼や人形浄瑠璃で使うからくり人形の制作、修復を行う木偶師・二代目萬屋仁兵衛。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。