おんなのイケ麺(めん)

大黒摩季さん
「がいがい.」の手打ちざる蕎麦(そば)

「がいがい.」の手打ちざる蕎麦(そば)

「がいがい.」の手打ちざる蕎麦(そば)

  • 「がいがい.」の手打ちざる蕎麦(そば)
  • 大黒摩季さん

 深夜までかかるレコーディング後、いつも立ち寄るのがこのお店です。まさに「夜食の救世主」。お酒と刺し身を頂いて、締めはそば。そばつゆ、くるみだれが付きますが、私は水そばを頼み、水を追加してもらいます。

 料理人の情熱がおいしさのもう一つのスパイスだと思います。ここの板さんは石臼でそばをひき、水そばには日本酒の仕込み水を使っている。そのこだわりに心打たれます。水につけたそばに藻塩をぱらっとかけて一口、次につゆと多めのワサビで味わいます。

 パン屋だった父からは、何でも一番おいしいのは素材のままの味だと教わりました。だから、そばの香ばしい味や苦い味が味わえる水そばが好き。「そばの苦みや香りが感じられた今日の私は正常だ」っていう体調のバロメーターにもなる。感じ取れないときは歌入れをやめちゃおうかなとも思う。

 「誰とどこで食べるのか、それが味をもっとおいしくする」。これも父が言っていた大切な言葉。音楽仲間や気心知れたスタッフと一緒に味わうと、翌朝また元気に仕事ができるんです。

 

◆東京都港区麻布十番1の3の1(TEL03・3586・3335)。
 972円。
 午後5時~翌午前5時(ラストオーダーは4時まで)。
 無休。


 おおぐろ・まき シンガー・ソングライター。
 1992年デビュー。「ら・ら・ら」などのヒット曲がある。12月5日、8年ぶりのオリジナルアルバム「MUSIC MUSCLE」をリリース。

(2018年11月9日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「おんなのイケ麺(めん)」の新着記事 一覧を見る
「スパ吉」の明太子(めんたいこ)とウニとイカのバター風味

花澤香菜さん
「スパ吉」の明太子(めんたいこ)とウニとイカのバター風味

学生の頃はお仕事と学業の両立で、頑張った日は「自分にご褒美」って、スパ吉に行っていました。本当においしいんです。

「手打ちうどん でら打ち」のかけうどん

大沢逸美さん
「手打ちうどん でら打ち」のかけうどん

一人で外食って実は苦手。でも時々、あまりにも空腹で「家まで持たない」ってことがあるんですよ。1983年に歌手デビューしてから30年以上経って、もういい大人ですし、最近は少しずつ試しています。

「角平(かどへい)」の揚げ茄子(なす)おろし蕎麦(そば)

ふせえりさん
「角平(かどへい)」の
揚げ茄子(なす)おろし蕎麦(そば)

いつも、お店名物の「つけ天」を食べようと思って店に向かうんですよ。まず外の通りまで来ると、ごま油のいい香りが漂ってくるのね。引き戸を開けると、レジに女性がいて銭湯の番台みたいなのよ。

「タイ国料理 ゲウチャイ 新宿」のパッタイ ゲウチャイ

小谷実由さん
「タイ国料理 ゲウチャイ 新宿」の
パッタイ ゲウチャイ

初めての海外旅行先は、卒業旅行で行ったタイでした。それからも仕事で訪ねたり、仲のいいタイ人の友人がいたり、どこか親近感のある国。タイ料理は定期的に食べたくなります。

新着コラム 一覧を見る
シャンプーハット こいでさん(芸人) 「レナードの朝」(1990年)

私の描くグッとムービー

シャンプーハット こいでさん(芸人)
「レナードの朝」(1990年)

この物語は、脳神経科医オリバー・サックスの回想録が基になっています。

「銀座 立田野」の立田野あんみつ

オトコの別腹

木場勝己さん
「銀座 立田野」の立田野あんみつ

子どもの頃、祖母が火鉢であんこを煮てくれました。それをお汁粉にしたり、おはぎにしたりと、あんこは家で食べる物だったんです。

タブレット純の「昭和歌謡に恋した私」

タブレット純の「昭和歌謡に恋した私」

<上> ムード歌謡・ロシア民謡編

歌手でお笑い芸人のタブレット純さんが、自身のエピソードを交えながら昭和歌謡の魅力を紹介します。

西村千太郎「納屋橋風景」

美博ノート

西村千太郎「納屋橋風景」

名古屋市美術館は、地元を中心に東海地方にゆかりのある作家の作品も収集している。本作は、同市出身の洋画家・西村千太郎(1907~94)の風景画。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。