おんなのイケ麺(めん)

阿川佐和子さん
「道頓堀今井」のきつねうどん

「道頓堀今井」のきつねうどん

「道頓堀今井」のきつねうどん

  • 「道頓堀今井」のきつねうどん
  • 阿川佐和子さん

 東京生まれで、関東の味に慣れていたので、小学生の頃、初めて食べた関西のきつねうどんに、とても感動しました。すっきりとした薄い色のお出汁(だし)に、大判の甘いお揚げがじゅわんっと入って。以来、東京では食べられない関西の味に、憧れは膨らむばかり。

 このうどんとの出会いは、今から20年くらい前。大阪のテレビ番組にゲスト出演したとき、企画で出てきて。とてもおいしくてね。思わず、お店を教えてくださいって言いました。でもしょっちゅう大阪に行くわけではないので、お取り寄せが多いです。贈答用に購入することもあります。前に、おうちの方が亡くなった知人へ、お悔やみの品として贈ったことがあるのですが、翌日にお電話をいただいて。お葬式とか色々なことでくたくたになって、ご飯どうしようかなって思ったとき、きつねうどんが届いてうれしかったのよって、喜んでくださいました。

 食事や贈りものに悩んだとき、「今井がある」って思うと安心しますね。今は通販でも購入できるので、大変身近な存在です。

 

◆本店 大阪市中央区道頓堀1の7の22(TEL06・6211・0319)。
 810円。
 午前11時~午後9時半(ラストオーダー)。
 (祝)を除く(水)と1月1日休み。
 取り寄せ可。


 あがわ・さわこ 作家、エッセイスト。
 近著に、「看る力 アガワ流介護入門」(共著・大塚宣夫、文芸春秋)、「ことことこーこ」(KADOKAWA)などがある。

(2018年12月14日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「おんなのイケ麺(めん)」の新着記事 一覧を見る
「KIMIDORI」のおろしうどん

土村芳さん
「KIMIDORI」のおろしうどん

3、4年ぶりに会う大学時代の友達がお昼に連れて行ってくれた、うどんとお総菜のお店です。その日は胃が弱っていたので、温かいお出汁(だし)に大根おろしや薬味がのった「おろしうどん」を注文しました。

「ポルティチェッロ横浜店」のニョッキ 挽き肉とカボチャのクリームソース

吉川愛さん
「ポルティチェッロ横浜店」のニョッキ 挽き肉とカボチャのクリームソース

もっちもちの食べ物が大好き! だから、イタリアンのお店でニョッキがあると必ず、もうメニューも見ずに頼んじゃいます。

「食無双」のスーラー湯麺(タンメン)

詩歩さん
「食無双」のスーラー湯麺(タンメン)

1月の中国、香港、マカオ旅行をきっかけに、スーラータンメンにはまっています。酢の酸味と、コショウやラー油の辛さが、こんなに合うとは知らず、驚きました。

「gion(ぎおん)」のナポリタン

甲斐みのりさん
「gion(ぎおん)」のナポリタン

生まれが静岡県富士宮市なのですが、ここのナポリタンを食べたときに地元の「富士宮やきそば」を思い出したんです。

新着コラム 一覧を見る
国立科学博物館

気になる一品

国立科学博物館

博物館漫画「へんなものみっけ!」の作者、早良(さわら)朋さんが国立科学博物館で開催中の「大哺乳類展2」のために描き下ろしたチーターの「チー太」とマッコウクジラの「まっ子」がぬいぐるみになった。

OROCHI 澄川喜一作(島根県益田市)

アートリップ

OROCHI 
澄川喜一作(島根県益田市)

飛行機が萩・石見空港に近づくと、赤褐色の石州瓦の屋根が点在する益田市内の町並みが見えてきた。ひときわ目を引いたのが、建物すべてが石州瓦で覆われた文化施設、島根県芸術文化センター「グラントワ」だ。

現代グラフィック CCGA現代グラフィックアートセンター

私のイチオシコレクション

現代グラフィック 
CCGA現代グラフィックアートセンター

当館は1995年、大日本印刷が本業に近い分野で文化活動を行う目的で、設立しました。ポスターや版画など約2万点を所蔵しています。

ブームの卵

ブームの卵

3月22日 注目グッズ
「モリラボ 花粉バリアスティック」など

スギ花粉のシーズンまっただ中。マスクだけでは対策しきれない人も多いでしょう。そんな人向けに開発されたのが、「モリラボ 花粉バリアスティック」だよ。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。