おんなのイケ麺(めん)

沢村豊子さん
「美加志屋」の天ざる

「美加志屋」の天ざる

「美加志屋」の天ざる

  • 「美加志屋」の天ざる
  • 沢村豊子さん

 家から徒歩数分の、近所のおそば屋さんなんですよ。でも店で食べたのは1度だけ。弟子が家に稽古にくる時にいつも出前をお願いしています。

 弟子は丼なんかを頼んだりもしますけどね、私はいつも天ざるです。おつゆに入ったそばだと少し量が多いでしょ。天ざるくらいがちょうどいい。透き通るように白い二八そばに、カラッと揚がった天ぷらがうれしいんですよ。野菜ものが好きだから、肉厚なカボチャやナスの天ぷらがおいしくてね。いい油を使ってますよ。天つゆの大根おろしがたっぷりついているのも、薬味好きにはたまりませんね。

 最近は落語や講談など、古典芸能が盛り上がっていてうれしいね。下火だった浪曲にも若い弟子が入ってきて、定席のお客さんも増えてきた。曲師は譜面を持たず浪曲師の節や啖呵(たんか)に即興で三味線を合わせるので、「ジャズだね」って言われることがあるんですよ。そんなところにも注目して楽しんでもらえたら。おいしいもので英気を養って、手が動く限り舞台に上がり続けたいですね。

 

◆東京都荒川区南千住5の30の1(TEL03・3801・6549)。
 1150円。
 午前11時半~午後3時、5時~8時(ラストオーダーは30分前)。
 (火)と1月1~4日休み。
 半径500メートル内は出前可。


 さわむら・とよこ 曲師。
 芸歴約70年の浪曲三味線の第一人者。東京・浅草の浪曲定席「木馬亭」(毎月1~7日)を拠点に活動。DVD「浪曲三味線 沢村豊子の世界」が発売中。

(2018年12月21日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「おんなのイケ麺(めん)」の新着記事 一覧を見る
「KIMIDORI」のおろしうどん

土村芳さん
「KIMIDORI」のおろしうどん

3、4年ぶりに会う大学時代の友達がお昼に連れて行ってくれた、うどんとお総菜のお店です。その日は胃が弱っていたので、温かいお出汁(だし)に大根おろしや薬味がのった「おろしうどん」を注文しました。

「ポルティチェッロ横浜店」のニョッキ 挽き肉とカボチャのクリームソース

吉川愛さん
「ポルティチェッロ横浜店」のニョッキ 挽き肉とカボチャのクリームソース

もっちもちの食べ物が大好き! だから、イタリアンのお店でニョッキがあると必ず、もうメニューも見ずに頼んじゃいます。

「食無双」のスーラー湯麺(タンメン)

詩歩さん
「食無双」のスーラー湯麺(タンメン)

1月の中国、香港、マカオ旅行をきっかけに、スーラータンメンにはまっています。酢の酸味と、コショウやラー油の辛さが、こんなに合うとは知らず、驚きました。

「gion(ぎおん)」のナポリタン

甲斐みのりさん
「gion(ぎおん)」のナポリタン

生まれが静岡県富士宮市なのですが、ここのナポリタンを食べたときに地元の「富士宮やきそば」を思い出したんです。

新着コラム 一覧を見る
国立科学博物館

気になる一品

国立科学博物館

博物館漫画「へんなものみっけ!」の作者、早良(さわら)朋さんが国立科学博物館で開催中の「大哺乳類展2」のために描き下ろしたチーターの「チー太」とマッコウクジラの「まっ子」がぬいぐるみになった。

OROCHI 澄川喜一作(島根県益田市)

アートリップ

OROCHI 
澄川喜一作(島根県益田市)

飛行機が萩・石見空港に近づくと、赤褐色の石州瓦の屋根が点在する益田市内の町並みが見えてきた。ひときわ目を引いたのが、建物すべてが石州瓦で覆われた文化施設、島根県芸術文化センター「グラントワ」だ。

現代グラフィック CCGA現代グラフィックアートセンター

私のイチオシコレクション

現代グラフィック 
CCGA現代グラフィックアートセンター

当館は1995年、大日本印刷が本業に近い分野で文化活動を行う目的で、設立しました。ポスターや版画など約2万点を所蔵しています。

ブームの卵

ブームの卵

3月22日 注目グッズ
「モリラボ 花粉バリアスティック」など

スギ花粉のシーズンまっただ中。マスクだけでは対策しきれない人も多いでしょう。そんな人向けに開発されたのが、「モリラボ 花粉バリアスティック」だよ。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。