おんなのイケ麺(めん)

田嶋陽子さん
「函館らーめん 船見坂」の海老わんたんそば

「函館らーめん 船見坂」の海老わんたんそば

「函館らーめん 船見坂」の海老わんたんそば

  • 「函館らーめん 船見坂」の海老わんたんそば
  • 田嶋陽子さん

 月に1回、東京・四谷のシャンソンライブハウス「蟻ん子」の舞台に立ってるのね。64歳の時に、軽井沢の町おこしに一肌脱ぐつもりで「歌いましょうか」なんて軽口たたいたのが運のつき。七転八倒の日々よ。ライブ終わり、つけまつげのギラギラした顔のまんまで船見坂さんの暖簾くぐってラーメンを食べるんだけど、これ、自分へのご褒美なの。

 変な話、子どものころ我が家の年越しそばはラーメンでね。即席麺なんかは食べさせてもらえなくて、静岡県沼津市に「とんちんけん」って店が昔あったんだけど、そこのラーメンだけ年に1度食べられたの。そのおいしかったこと。今もってラーメンは私の憧れ。

 うんちくは傾けられないけど、ここのスープがおいしいの。見た目はあっさりなのに口に運ぶと、こだわりの塩ベースに、豚や鶏、ホタテなどの魚介、野菜なんかのうまみが凝縮されていて濃厚。78歳にもなると過度な塩分摂取は命取り。でも、エビの香味油にも食欲をそそられ、残さずズズズよ。たまにだけれど、疲れた時やうれしい時にはラーメンが食べたくなるよね。

 ◆東京都中央区銀座2の12の11(問い合わせは03・5565・5541)。
 900円。
 塩そば700円、手作り餃子380円(6個、持ち帰り可)。
 午前11時~翌午前4時((土)(日)(祝)は午後10時まで)。
 原則無休。


 たじま・ようこ 女性学研究家。
 13~19日、東京・表参道のギャラリーコンセプト21で個展「書アート」を開催。7月7日、東京・渋谷のNHKホールで開催されるシャンソンの祭典「パリ祭」に出演。

(2019年6月13日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「おんなのイケ麺(めん)」の新着記事 一覧を見る
「辛麺 華火」の辛麺

森七菜さん
「辛麺 華火」の辛麺

辛党です。甘いものも好きですけど、あんまり食べ続けられなくて。でも、辛いものは無限に食べられるんです。

ソニンさん 「冷麺ダイニングつるしこ」のベジタブル特濃豆乳冷麺

ソニンさん
「冷麺ダイニングつるしこ」のベジタブル特濃豆乳冷麺

私ベジタリアンなので、外食の時に食べられる麺のメニューが少ないんです。ここは、動物性食品を使わないビーガン対応のメニューもある冷麺専門店で、知人がSNSで紹介していて知りました。

「中国名菜 銀座アスター」のアスター麺

森昌子さん
「中国名菜 銀座アスター」のアスター麺

エビに豚肉、白菜、ネギ、タケノコ、青菜、干しシイタケ、シメジの8種の具材がのった餡かけ麺。

「登龍 麻布店」の湯麺

保坂知寿さん
「登龍 麻布店」の湯麺(タンメン)

劇団四季在団中、ミュージカルのロングラン公演に出演していた時に出会ったお店です。

新着コラム 一覧を見る
竹内浩一さん(日本画家) 「牛の鈴音」(2008年)

私の描くグッとムービー

竹内浩一さん(日本画家)
「牛の鈴音」(2008年)

韓国農村部の四季の中で、79歳の寡黙な農夫と、老いた一頭の牛との生活を淡々と撮影したドキュメンタリーです。

ブームの卵

ブームの卵

7月19日 注目グッズ
「Pen」など

手に持つとひんやり冷たくて独特な手触り、心地よい重量感……。「Pen」は、ペン軸がコンクリート製のボールペンなんだ。

「3doo(サンドウ)」のジェラート(ベルガモット紅茶&ベリーチップ)

オトコの別腹

田川隼嗣さん
「3doo(サンドウ)」のジェラート(ベルガモット紅茶&ベリーチップ)

新しいもの好きの性格なので、チョコレートとか王道のものは、つい外したくなっちゃって。それなら、紅茶味にいってみようと思ったのがきっかけ。

国立科学博物館

気になる一品

国立科学博物館

特設ショップでは、国宝絵巻「鳥獣人物戯画」から着想を得た「恐竜人物戯画」シリーズの豆皿(直径約10センチメートル、計3種)が販売中だ。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。