おんなのイケ麺(めん)

東直子さん
「讃岐うどん 根の津」のちく玉天うどん

「讃岐うどん 根の津」のちく玉天うどん

「讃岐うどん 根の津」のちく玉天うどん

  • 「讃岐うどん 根の津」のちく玉天うどん
  • 東直子さん

 森鴎外記念館(東京都文京区)に何度かイベントに伺っていて、昔ながらのお店と新しいお店が両方あるこの町の雰囲気が楽しくて、去年の4月、仕事場を移しました。地元の方にこの店を教わってから、ひとりでさくっと食べたい時や、友人や家族とも気軽に利用しています。ツツジで有名な根津神社のすぐ近くなので、お参りや谷中・根津・千駄木の「谷根千」観光、外国の人もよく来ています。

 讃岐うどんは硬めで太いのが特徴ですが、こちらはコシがあって太すぎずつるつるしていて、女性にも食べやすいですね。ぶっかけもありますが、基本的にうどんは温かいのがいいです。ちく玉天うどんは、最初はちくわのサクサク感を味わって、ちょっとおつゆに入れてじわっとした変化を楽しみます。卵の天ぷらも半熟で、あれはなかなか難しそう。きれいにあがっていて感動的な感じです。ほかには、鴨肉好きなので九条ネギがざくざくのっている「鴨ねぎうどん」も好きです。

 築60年だという古い家を改装した店内は、落ち着いた上品な感じで、静かに讃岐うどんを楽しみたい時にいいですね。

 ◆東京都文京区根津1の23の16(問い合わせは03・3822・9015)。
 870円(昼7、夜3の1日10食)。
 午前11時~午後3時、5時半~8時50分(いずれもラストオーダー)。


 ひがし・なおこ 歌人・作家。
 著書に小説「とりつくしま」(ちくま文庫)、エッセー「千年ごはん」(中公文庫)など。6月29日に東京都千代田区の内幸町ホールで上演の朗読劇「晴れ女の耳 紀ノ国奇譚」に作・出演。

(2019年6月20日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「おんなのイケ麺(めん)」の新着記事 一覧を見る
「辛麺 華火」の辛麺

森七菜さん
「辛麺 華火」の辛麺

辛党です。甘いものも好きですけど、あんまり食べ続けられなくて。でも、辛いものは無限に食べられるんです。

ソニンさん 「冷麺ダイニングつるしこ」のベジタブル特濃豆乳冷麺

ソニンさん
「冷麺ダイニングつるしこ」のベジタブル特濃豆乳冷麺

私ベジタリアンなので、外食の時に食べられる麺のメニューが少ないんです。ここは、動物性食品を使わないビーガン対応のメニューもある冷麺専門店で、知人がSNSで紹介していて知りました。

「中国名菜 銀座アスター」のアスター麺

森昌子さん
「中国名菜 銀座アスター」のアスター麺

エビに豚肉、白菜、ネギ、タケノコ、青菜、干しシイタケ、シメジの8種の具材がのった餡かけ麺。

「登龍 麻布店」の湯麺

保坂知寿さん
「登龍 麻布店」の湯麺(タンメン)

劇団四季在団中、ミュージカルのロングラン公演に出演していた時に出会ったお店です。

新着コラム 一覧を見る
竹内浩一さん(日本画家) 「牛の鈴音」(2008年)

私の描くグッとムービー

竹内浩一さん(日本画家)
「牛の鈴音」(2008年)

韓国農村部の四季の中で、79歳の寡黙な農夫と、老いた一頭の牛との生活を淡々と撮影したドキュメンタリーです。

ブームの卵

ブームの卵

7月19日 注目グッズ
「Pen」など

手に持つとひんやり冷たくて独特な手触り、心地よい重量感……。「Pen」は、ペン軸がコンクリート製のボールペンなんだ。

「3doo(サンドウ)」のジェラート(ベルガモット紅茶&ベリーチップ)

オトコの別腹

田川隼嗣さん
「3doo(サンドウ)」のジェラート(ベルガモット紅茶&ベリーチップ)

新しいもの好きの性格なので、チョコレートとか王道のものは、つい外したくなっちゃって。それなら、紅茶味にいってみようと思ったのがきっかけ。

国立科学博物館

気になる一品

国立科学博物館

特設ショップでは、国宝絵巻「鳥獣人物戯画」から着想を得た「恐竜人物戯画」シリーズの豆皿(直径約10センチメートル、計3種)が販売中だ。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。