おんなのイケ麺(めん)

城南海さん
「土濱笑店」の油ぞうめん

「土濱笑店」の油ぞうめん

「土濱笑店」の油ぞうめん

  • 「土濱笑店」の油ぞうめん
  • 城南海さん

 最近は都内にも奄美料理のお店が増えてきたんですけど、土濱さんは「あたたかい料理が食べたいな」って思ったら行きたくなる味。東京に住んでから、もう10年くらい通っています。

 ここの料理はミャンマー出身のマスターが作っているんです。でもミャンマーと奄美の味と近いのか、「ふるさとの味」って感じがするんですよね。

 油ぞうめんは奄美の代表的な郷土料理なんですが、家庭ごとで味が違っていて、私の実家ではイリコの香りをバーッと立たせてから作るんです。土濱さんの味はしょうゆの印象が強くて少し違いますが、食べると落ち着くし、島に帰ったような安心感がありますね。

 奄美ってよく沖縄と混同されがちですけど、風土も文化も、沖縄とも本土とも違う独自のものがけっこうあって。「島唄」も元は奄美の人々の生活の中から生まれてきたブルースなんですよ。たまにお店の三味線を借りて仲間内で歌うこともありますが、お酒と島料理と音楽、三位一体で聞いて、奄美の魅力を感じてほしいですね。

 ◆東京都渋谷区神泉町12の4の2階(問い合わせは03・6416・1027)。
 750円。
 午後5時半~11時45分(ラストオーダー11時)。
 (日)(祝)(休)休み。


 きずき・みなみ 歌手。
 鹿児島県奄美大島出身。NHK大河ドラマ「西郷どん」では紀行テーマ、劇中歌を担当。11月から東京、名古屋、大阪、札幌、仙台、福岡を回る「ウタアシビ 10周年記念ツアー」を開催。

(2019年9月5日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「おんなのイケ麺(めん)」の新着記事 一覧を見る
「金蠍」の汁あり金胡麻担担麺

望月理恵さん
「金蠍」の汁あり金胡麻担担麺

ラーメンはあまり食べないのですが、担々麺は大好き。特にこのお店は、一時期週3回も通っていたほどはまりました。

「蕎麦懐石 義」のすだち蕎麦

芦田多恵さん
「蕎麦懐石 義」のすだち蕎麦

子どもの頃から柑橘系のフルーツが大好きだったので、以前から気になっていたんです。たまたま美食家の知人がSNSにアップしている情報を見て、オフィスに近いからと、ランチタイムに行きました。

「江戸蕎麦(そば) ほそ川」の穴子天せいろ

石原洋子さん
「江戸蕎麦(そば) ほそ川」の穴子天せいろ

ほそ川さんの天ざるは、穴子の天ぷらです。よくあるエビ天じゃなくて。珍しいでしょ?

「農心ジャパン」の辛ラーメン(袋麺)

長与千種さん
「農心ジャパン」の辛ラーメン(袋麺)

体のほぐし方を覚えれば選手たちの役に立つはずと、昨年韓国にマッサージを受けに行ったんです。

新着コラム 一覧を見る
ブームの卵

ブームの卵

9月13日 注目グッズ
「しゅくだいやる気ペン」など

漢字の書き取りや計算。宿題はあるけど、やる気が出ない……。そんな子には、やる気を「見える化」する「しゅくだいやる気ペン」だ。

鈴木ヒラクさん(アーティスト)「コヤニスカッツイ」(1982年)

私の描くグッとムービー

鈴木ヒラクさん(アーティスト)
「コヤニスカッツイ」(1982年)

せりふは一切なく、映像とミニマル・ミュージックで知られる作曲家フィリップ・グラスの音楽だけで描いたドキュメンタリーです。

「廣榮堂」の元祖きびだんご

オトコの別腹

鈴鹿央士さん
「廣榮堂(こうえいどう)」の元祖きびだんご

岡山出身の僕にとってきびだんごと言えばこれ。小さいころから食べていたし、学校の給食で1個とか2個とか出てきたんですよ。

棟方志功 棟方志功記念館

私のイチオシコレクション

棟方志功 棟方志功記念館

青森県出身の版画家・棟方志功(1903~75)。自身が生み出す版画を「板画」、肉筆画を「倭画」と呼び、他にも油絵や書を手がけました。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。