読んでたのしい、当たってうれしい。

おんなのイケ麺(めん)

町田そのこさん
「山小屋」のラーメン

「山小屋」のラーメン
「山小屋」のラーメン
「山小屋」のラーメン 町田そのこさん

 福岡の実家の近くにお店があって、子どもの頃から食べ慣れている豚骨ラーメンです。祖父母は、香春町にある本店が一番おいしいっていうので、足を延ばしたこともあります。各店でスープを仕込んでいるので、お店によって微妙に味が違うんです。

 だから、初めて入るお店はどんな味かしら~と確認します。2、3口食べてから「よし!」となって、卓上の紅ショウガと高菜を山盛りにトッピング開始です。翌日に仕事がなければニンニクも。熱いスープに薄めのチャーシューの脂がトロトロに溶けて、それをすくってビールで流し込むと最高です。

 高校生のとき、一時期山小屋さんでアルバイトをしていたことがあります。ラーメンをまかないでたしか安く食べられたという理由だったんですけど(笑)。高校生のお小遣い事情でいつもはラーメン、余裕があるときはチャーシュー麺でした。

 今は、ラーメンを食べに行くときは、原稿を書き終えたときなど仕事に一区切りついたときと決めています。普段、カロリーが気になるので我慢しているんですが、ご褒美として一人打ち上げをしています。このラーメンは、子どもの頃からの思い出の味でもあるし、青春の味でもあるんです。

◆九州地方を中心に約80店舗を展開。問い合わせはワイエスフード(0947・32・7382)。
 参考価格650円。
 写真は東京・早稲田店。営業日時、値段などは各店舗で異なる。


 まちだ・そのこ 作家
 1980年生まれ。福岡県出身。2016年、「カメルーンの青い魚」で第15回「女による女のためのR-18文学賞」大賞を受賞。今年の本屋大賞第1位に「52ヘルツのクジラたち」(中央公論新社)が選ばれた。

(2021年8月5日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

今、あなたにオススメ

おんなのイケ麺(めん)の新着記事

新着コラム