読んでたのしい、当たってうれしい。

気になる一品

五島美術館

五島美術館

 日本と東洋の古美術を中心に紹介する五島美術館では、所蔵品を模した20センチ四方弱の「リアルモチーフタオル」(写真、全3種、各1100円)を販売中だ。モチーフは、縁まで装飾された中国・明時代の「青花唐草文輪花皿」、ユニークな形やひび割れが特徴の重要文化財「古伊賀水指 銘 破袋」、赤みを帯びた色合いの「長次郎赤楽茶碗 銘 夕暮」(ともに桃山時代)。質感も忠実に再現した。タオルは愛媛・今治産。名品を実物の代わりに手にしてみては。

 ◆東京都世田谷区上野毛3の9の25(問い合わせは03・3703・0662)。午前10時~午後5時(入館は30分前まで)。(月)((祝)(休)の場合は翌日)、12月9日~13日(展示替え期間)、23日~来年1月4日休み。

(2019年11月19日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

今、あなたにオススメ

気になる一品の新着記事

  • 川崎市立日本民家園 東日本の代表的な民家のほか、水車小屋や船頭小屋など25件の建物を展示する川崎市立日本民家園。

  • 野球殿堂博物館 王貞治さんや長嶋茂雄さんら野球殿堂入りした人の肖像レリーフや、選手が使用したバットなどを展示する野球殿堂博物館。

  • 世田谷美術館 「素朴派」の絵画を多く収蔵する世田谷美術館。ショップでは、素朴派を代表する仏のアンリ・ルソー「フリュマンス・ビッシュの肖像」をモチーフにした「ルソースタンドメッセージカード」が人気だ。

  • 三浦綾子記念文学館 作家・三浦綾子の創作ノートや書簡など約3万点を所蔵する三浦綾子記念文学館。

新着コラム