目利きのイチオシコレクション

近代西洋ガラス工芸【下】 箱根ラリック美術館

ラリック作品の変遷を堪能

ルネ・ラリック 香水瓶「シクラメン」コティ社(1909年)

ルネ・ラリック 香水瓶「シクラメン」コティ社(1909年)

  • ルネ・ラリック 香水瓶「シクラメン」コティ社(1909年)
  • ルネ・ラリック 彫像「コート・ダジュール」(1929年)

 20世紀前半、近代化による大量生産を背景に機能美を追究するアールデコが登場すると、一線に躍り出たのが仏のルネ・ラリック(1860~1945)です。宝飾作家として成功し、50代でガラス工芸家に転身後も活躍しました。ラリック作品の変遷と当時の装飾美術を堪能できるのが、箱根ラリック美術館です。

 ラリックが手がけた初期のガラス作品の代表作、香水瓶「シクラメン」は香水を扱うコティ社から依頼され、制作しました。瓶のデザインは、それまでのアールヌーボー様式の特徴である曲線や華やかな色彩とは趣が異なり、直線的でよりシンプル。表面にはシクラメンの花を持った妖精が、花の匂いを嗅ぐ姿が描かれ、中の香りが想像できるデザインになっています。この斬新な香水瓶が人気を博すと、各メーカーが制作を依頼。これを機に、日常を彩るガラス工芸に力を注ぎました。

 創作の場は豪華列車の内装にも及びます。手がけた列車と同名の彫像「コート・ダジュール」は、路線の開通記念に招待客に贈呈した記念品です。モチーフの女性の姿はさっそうと風を切って走る列車を表現。女性たちが活発になった時代と呼応していますね。

 多種多様な作品を生み出したラリック。人々が求める「美」に応えた彼の手腕が見て取れます。

(聞き手・吉田愛)


 どんなコレクション?

 髪飾りやブローチなどのジュエリーのほか、香水瓶やグラス、花器など約1500点を収蔵。ラリックが内装を手がけた豪華列車「コート・ダジュール号」(後のオリエント急行)の1車両の展示も。美術館は不動産業などを営んだ籏功泰(はた・かずやす、1929~2016)が設立。仏の蚤(のみ)の市で、ラリックのカーマスコットを見つけたのを機に収集し、2005年に開館した。「シクラメン」は常設、彫像「コート・ダジュール」は11月26日まで展示。

《箱根ラリック美術館》 神奈川県箱根町仙石原186の1(TEL0460・84・2255)。午前9時~午後5時(入館は30分前まで)。1500円。

山根郁信さん

美術商 山根郁信

やまね・いくのぶ 兵庫・神戸のアンティーク専門店「アンティック・エルテ 1920」の代表。アールヌーボー期の美術品に精通し、展覧会図録にも多数執筆する。編著に「別冊太陽 ガレとラリックのジャポニスム」など。

(2017年8月1日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「目利きのイチオシコレクション」の新着記事 一覧を見る
漆芸【下】 東京国立近代美術館工芸館

漆芸【下】 東京国立近代美術館工芸館

江戸時代まで漆芸は、寺院や大名の注文を受け、職人が分業で制作していましたが、明治になると、作り手が自ら発想し、全工程を手がける作家活動が盛んになります。

漆芸【上】 首里城公園

漆芸【上】 首里城公園

漆芸は、漆の樹液を塗料として用い、金や貝で装飾を施す美術工芸品です。漆の木は、日本から東南アジアまでのモンスーン地帯にのみ生育します。

色絵【下】 石川県九谷焼美術館

色絵【下】 石川県九谷焼美術館

今回は、色絵の中でも「再興九谷」に焦点を当てて紹介します。

色絵【上】 戸栗美術館

色絵【上】 戸栗美術館

色絵は陶磁器に赤や緑、黄などで上絵付けし、低温で焼成した焼き物の総称です。中国様式を踏襲し、日本では1640年代以降、有田の伊万里焼や、京都の京焼など各地で盛んに作られました。

新着コラム 一覧を見る
ブームの卵

ブームの卵

9月13日 注目グッズ
「しゅくだいやる気ペン」など

漢字の書き取りや計算。宿題はあるけど、やる気が出ない……。そんな子には、やる気を「見える化」する「しゅくだいやる気ペン」だ。

鈴木ヒラクさん(アーティスト)「コヤニスカッツイ」(1982年)

私の描くグッとムービー

鈴木ヒラクさん(アーティスト)
「コヤニスカッツイ」(1982年)

せりふは一切なく、映像とミニマル・ミュージックで知られる作曲家フィリップ・グラスの音楽だけで描いたドキュメンタリーです。

「廣榮堂」の元祖きびだんご

オトコの別腹

鈴鹿央士さん
「廣榮堂(こうえいどう)」の元祖きびだんご

岡山出身の僕にとってきびだんごと言えばこれ。小さいころから食べていたし、学校の給食で1個とか2個とか出てきたんですよ。

「金蠍」の汁あり金胡麻担担麺

おんなのイケ麺(めん)

望月理恵さん
「金蠍」の汁あり金胡麻担担麺

ラーメンはあまり食べないのですが、担々麺は大好き。特にこのお店は、一時期週3回も通っていたほどはまりました。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。