街の十八番

甲斐雨端硯(かいあめはたすずり)本舗@山梨県富士川町

工芸とアートの両立目指す

右肩にのみを当てながら、体全体の力で硯を彫る雨宮弥太郎さん

右肩にのみを当てながら、体全体の力で硯を彫る雨宮弥太郎さん

  • 右肩にのみを当てながら、体全体の力で硯を彫る雨宮弥太郎さん
  • 弥太郎さんの作品は、日本画のように余白を活かした祖父のデザイン、抽象彫刻のような父の作風を引き継ぐ

 山梨県西部を流れる富士川に沿った国道52号沿いに、同県の郷土伝統工芸品に指定される雨畑硯の工房がある。「甲斐雨端硯本舗」は、元禄3(1690)年創業。初代雨宮孫右衛門が、富士川支流の河原で黒い石を拾い、硯を作ったことがはじまり。石は鋒鋩(ほうぼう)と呼ばれる細やかな粒子が均質に含まれた粘板岩で、硯作りに適していた。

 東京芸大で彫刻を学び、30歳で家業を継いだ13代目弥太郎さん(58)と、職人1人が硯を手がける。原石の大きさや形を整え、墨池と墨道を彫り、砥石(といし)で磨き、仕上げに墨液やうるしを塗布。

 雨宮家は祖父、父も東京美術学校(現・東京芸大)で学び、工芸作品としての硯を確立していった。店舗に並ぶ作品は、使いやすさと洗練された造形を両立させる。弥太郎さんは「硯は墨をすりながら心を落ち着け、自分の内面に向き合うための道具で現代彫刻でもある」と話す。明治の最盛期に約60人いたという雨畑硯職人は、現在5人になった。工房見学の小学生に魅力を伝えるなどし、石の硯が受け継がれるよう努めてもいる。

(文・写真 上江洲仁美)


 ◆山梨県富士川町鰍沢5411(TEL0556・27・0107)。午前9時~午後6時。不定休。鰍沢口駅から車。来訪時は事前に電話を。

(2019年3月1日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「街の十八番」の新着記事 一覧を見る
大和屋@日本橋

大和屋@日本橋

東京・日本橋、三越前に店を構えるかつお節専門店。江戸末期、新潟出身の初代が、魚河岸のあった日本橋で商いを始めた。

佐野造船所@東京・潮見

佐野造船所@東京・潮見

水都・江戸で物流を担ったのは木造船だった。かつて、和船をつくっていた船大工は今はほとんど姿を消した。佐野造船所は、船大工の職人技を代々受け継ぎながら生き延びてきた。

天真正伝香取神道流本部道場@千葉・香取

天真正伝香取神道流本部道場@千葉・香取

「エイ」「ヤー!」。勇ましいかけ声と木刀の打ち合う音が響く。千葉県香取市、香取神宮のほど近く。約600年連綿と伝えられてきた古武術、天真正伝(しょうでん)香取神道流の本部道場だ。

大高園@千葉・佐原

大高園@千葉・佐原

〽お江戸見たけりゃ佐原へござれ 佐原本町江戸まさり 香取神宮の社領で、江戸時代に利根川水運によって商人町として栄えた佐原。香取街道や小野川沿いには多くの商家が軒を連ねた。

新着コラム 一覧を見る
国立科学博物館

気になる一品

国立科学博物館

博物館漫画「へんなものみっけ!」の作者、早良(さわら)朋さんが国立科学博物館で開催中の「大哺乳類展2」のために描き下ろしたチーターの「チー太」とマッコウクジラの「まっ子」がぬいぐるみになった。

OROCHI 澄川喜一作(島根県益田市)

アートリップ

OROCHI 
澄川喜一作(島根県益田市)

飛行機が萩・石見空港に近づくと、赤褐色の石州瓦の屋根が点在する益田市内の町並みが見えてきた。ひときわ目を引いたのが、建物すべてが石州瓦で覆われた文化施設、島根県芸術文化センター「グラントワ」だ。

現代グラフィック CCGA現代グラフィックアートセンター

私のイチオシコレクション

現代グラフィック 
CCGA現代グラフィックアートセンター

当館は1995年、大日本印刷が本業に近い分野で文化活動を行う目的で、設立しました。ポスターや版画など約2万点を所蔵しています。

ブームの卵

ブームの卵

3月22日 注目グッズ
「モリラボ 花粉バリアスティック」など

スギ花粉のシーズンまっただ中。マスクだけでは対策しきれない人も多いでしょう。そんな人向けに開発されたのが、「モリラボ 花粉バリアスティック」だよ。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。