ひとえきがたり

紀伊田辺駅(和歌山県、JR紀勢線)

最後の姿 みんなで描いて

地元ゆかりの動物などが描かれた駅舎は、取り壊しをこの姿で迎える=和歌山県田辺市湊

地元ゆかりの動物などが描かれた駅舎は、取り壊しをこの姿で迎える=和歌山県田辺市湊

  • 地元ゆかりの動物などが描かれた駅舎は、取り壊しをこの姿で迎える=和歌山県田辺市湊
  • 地図

 若い女性が携帯電話のカメラで駅舎をパチリ。白い壁面をカンバスに、動物のシルエットや三角屋根を飾る赤い幕を描いた壁画を写真に収めると、満足顔で改札へと姿を消した。

 熊野古道の玄関駅である紀伊田辺駅は、沿線の駅舎をアート作品で彩るイベント「紀の国トレイナート」(10月17日~12月24日)の主要駅だ。昨年に続き2回目となる今年は、美術家ら22組が20の駅舎を舞台に作品やワークショップを展開し、特別列車を走らせる。開催期間を前に、紀伊田辺駅の準備は整った。

 1932年に開業した沿線最古の木造駅舎は、震災対策のため近く建て替えられる。トレイナート実行委員長で画家の廣本直子さん(40)は「この駅に愛着がある人に委ねたかった」と、地元の高校に通った榊貴美さん(32)に壁画を依頼。榊さんは、駅舎の最後の姿に舞台の幕が下りるイメージを重ね、「訪れる人がひとときの主役に」と幕を描いた。駅再生の意味を込めた植物の葉は一部を彩色せずに、開幕の日に市民が塗れるようにした。「いろんな人の思いがこもった駅。みんなで作品を作り上げたという感覚になりたくて」。毎日声をかけて制作を見守った小山等駅長(56)も思い出をもつ一人。近くの町に住んだ小学生時代、母親と汽車に乗ってこの駅に買い物に来ることが「ほんま、楽しみやったで」。駅舎の最後を惜しみつつ、舞台の幕がもうすぐ上がる。

文 中村さやか撮影 楠本涼 

 沿線ぶらり
クジラの壁画

 JR紀勢線は亀山駅(三重県亀山市)と和歌山市駅(和歌山市)を結ぶ384.2キロ。紀伊半島を海沿いに走る。

 11月21日(土)~23日(月・祝)、特別列車紀の国トレイナート号を運行。各駅のアート作品を楽しめるよう停車時間を長く設け、車内でジャズライブや各美術家による作品解説などを行う。通常の乗車券のみで利用可能。

 捕鯨の町、和歌山県太地町の太地駅には、昨年ホームに描かれた巨大なクジラの壁画写真=に加えて階段にも新たな絵画が登場する。駅周辺にはクジラ料理店や鯨肉を売る店も。

 新宮駅前の広場には積木の茶室を設置。紀の国トレイナート号の運行に合わせてホームで茶会が開かれる。問い合わせは田辺商工会議所内事務局(0739・22・5064、平日のみ)。

(2015年9月29日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「ひとえきがたり」の新着記事 一覧を見る
南阿蘇水の生まれる里白水高原駅(熊本県、南阿蘇鉄道高森線)

南阿蘇水の生まれる里白水高原駅(熊本県、南阿蘇鉄道高森線)

阿蘇山火口丘にある夜峰(よみね)山の裾野に、田園が広がる。その中を走ってきた列車が、十二角形の屋根を持つログハウス風駅舎の前で止まった。

余部(あまるべ)駅(兵庫県、JR山陰線)

余部(あまるべ)駅(兵庫県、JR山陰線)

城崎温泉駅から普通列車で西へ30キロ。トンネルを抜け、余部橋梁(きょうりょう)に差し掛かった瞬間、眼下に青々とした日本海が広がった。

遠野駅(岩手県、JR釜石線)

遠野駅(岩手県、JR釜石線)

田園風景を抜けると、重厚な佇まいの駅舎が現れる。欧州の建築様式を採り入れた瓦屋根の2階建て。1950年建造の駅舎は今取り壊し論争の渦中にある。

広電宮島口駅(広島県、広島電鉄宮島線)

広電宮島口駅(広島県、広島電鉄宮島線)

今年、世界遺産登録20周年を迎える宮島・厳島神社への玄関口。広電の電車を降りた人々が、JR宮島口駅からまっすぐ港へのびる道を歩いてくる人々と駅前ロータリーで合流し、足早にフェリー乗り場へと向かっていく。

新着コラム 一覧を見る
「和た与」のういろ餅

オトコの別腹

山名文和さん
「和た与」のういろ餅

もちもちの弾力とほんのりとした米粉の甘み。子どものころから夜中につまみ食いするほど大好きな、地元・滋賀の和菓子です。

「博多らーめん Shin-Shin」の博多ShinShinらーめん

おんなのイケ麺(めん)

岸田奈美さん
「博多らーめん Shin-Shin」の博多ShinShinらーめん

前職の出張で私が訪れたのは住吉店。引き戸で、テーブル席があって、「車椅子の母も連れて来られるな」とびっくりさせられました。

(C) 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

シネマNEWS

世界最強の姉妹を育てた父親の<驚きの実話>テニス未経験の父親が立てた常識破りの計画とは!?

過去に2度アカデミー賞(R)にノミネート、人気、実力共にトップのハリウッドスター、ウィル・スミス自身が主演、プロデューサーを務める最新作「KING RICHARD」が、邦題『ドリームプラン』で、来年2022年2月23日(水・祝)より公開されることが決定、特報映像が到着した。

 (C)2021 日本すみっコぐらし協会映画部

シネマNEWS

『映画すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ』主題歌に、BUMP OF CHICKENの新曲「Small world」予告編も到着!

劇場アニメ第2弾『映画すみっコぐらし青い月夜のまほうのコ』の主題歌がBUMPOFCHICKENの新曲「Smallworld」に決定、原作者のよこみぞゆりとBUMP OF CHICKENのコメントが到着。併せて主題歌入りの30秒予告も公開された。

お知らせ(更新情報)
新型コロナウイルス感染症拡大を受け、開催を中止・延期するイベント、プレゼントがございます。

中止を決定したものにつきましては、その都度情報を更新し、公開を取り下げます。
なお、中止・延期となったイベント等の詳細につきましては主催者にお問い合わせいただきますようお願いいたします。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願いいたします。



♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。