旅してサプリ

年の初めの富士づくし 
箱根で絶景探し

芦ノ湖に映った逆さ富士が見られるかも=箱根町提供

芦ノ湖に映った逆さ富士が見られるかも=箱根町提供

  • 芦ノ湖に映った逆さ富士が見られるかも=箱根町提供
  • 大涌谷くろたまご館から徒歩15分ほどの自然研究路では、噴煙を近くに見られる
  • 取材では、残念ながら頭頂部の雲が晴れることはなかった
  • 絹地に墨で描かれた、横山大観「霊峰一文字」(部分)。大観は生涯に1500〜2千点の富士山の絵を描いたといわれている=岡田美術館提供

 
 箱根といったら温泉に駅伝、そして富士山。その雄大な姿を近くに望めるスポットが、箱根にはたくさんあるんです。たとえ天候に恵まれなくても、いろいろな趣の「富士山」に出合える場所も紹介します。

 取材・文/河瀬久美
 撮影/篠塚ようこ

 

 富士山、見えるかな?

 午前7時、新宿駅から箱根湯本駅に向かうロマンスカーに乗った。今日は晴天。箱根が近づくとさっそく、車窓から富士山の姿が見えた。

 まずは大涌谷へ。ロープウェーで近づくと、眼下の谷に火山性蒸気の白煙が噴き出していた。しかし前方に見えるはずの富士山は雲の中。観光施設「大涌谷くろたまご館」の三山彰彦さんによれば、朝が一番富士山が見えやすく、晴天でも時間がたつほど雲に覆われてしまうそうだ。

 次の目的地は桃源台港。おもちゃのような「箱根海賊船」から富士山を眺めつつ芦ノ湖をクルーズするはずが、その姿は見えないまま元箱根港に到着。芦ノ湖のほとりでやっと姿が拝めたが、頂上は雲に隠れたままだ。

 疲れを癒やしに、姥子の「ホテルグリーンプラザ箱根」へ。露天風呂から富士山が望めるはずだが、やはりここでも……。しかし自家源泉の湯は、歩き回って冷えた体をじんわりと温めてくれた。

 美術館で出合える富士山

 箱根には、天候に恵まれなくても「富士山」に出合える場所がある。

 小涌谷の岡田美術館。目当ては横山大観の絵画「霊峰一文字」だ。照らし出された横9メートルの大作が、薄暗い展示室で浮かび上がっていた。1926年、大観が当時の大阪文楽座の総座頭の病気回復を祝い贈った作品。小林忠館長によれば、黒雲を割り姿を現した富士山は、病を克服した生命力を表しているという。

 強羅の箱根写真美術館では、箱根出身の写真家、遠藤桂さんが富士山を写した作品を展示している。「毎日夜中の1時半に起きて、空の感じが良ければ撮影に出かける」と遠藤さん。月明かりに照らされた富士山に、一面の銀世界の中の富士山……。遠藤さんが「生活の一部として」撮影した富士山は、時に力強く、時に神秘的で、どれも美しかった。

 

 

大涌谷くろたまご館
TEL0460・84・9605

ホテルグリーンプラザ箱根
日帰り温泉は正午〜3時、大人1600円。毎月第1・第3木曜休業(臨時休業あり)。
TEL0570・092・489

岡田美術館
「霊峰一文字」が展示されているのは、開館一周年記念展「大観・春草・御舟と日本美術院の画家たち」(3月31日まで)の期間中。
TEL0460・87・3931

箱根写真美術館
TEL0460・82・2717
※岡田美術館と箱根写真美術館の入館券などをプレゼント。詳細は下に。

 

 

ナマズLL

 食べれば7年延命?

大涌谷の温泉でゆでることで、殻が黒くなる「黒たまご」。大涌谷の「延命地蔵尊」にあやかり、食べると7年寿命が延びると言われているのだとか。自然研究路の玉子茶屋でゆでたてを販売。5個入り500円。問い合わせは、大涌谷くろたまご館へ。

 

 


大涌谷くろたまご館のおみやげセットをプレゼント!


大涌谷くろたまご館のおみやげセット大涌谷くろたまご館のおみやげセットを7人にプレゼントします。応募には朝日マリオン・コムの会員登録が必要です。以下の応募ページから会員登録を行って、ご応募ください。

【応募締切 1月29日16時】

終了しました

たくさんのご応募ありがとうございました。

(2015年1月14日、マリオン・ライフ、マリオン・プレゼント掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「旅してサプリ」の新着記事 一覧を見る
食、エンタメ、歴史――韓国・ソウル、水原(スウォン)で新たな魅力を探す

食、エンタメ、歴史――韓国・ソウル、水原(スウォン)で新たな魅力を探す

日本人にすっかりおなじみになった韓国の観光地。パワーあふれる韓国で、さらなる魅力に触れるツアーに参加しました。

4千メートルの高低差が織りなす富山の自然

4千メートルの高低差が織りなす富山の自然

富山県が誇る、3千メートル級の立山連峰と水深千メートルを超える富山湾。高低差4千メートルのダイナミックな地形が生み出す、豊かな自然をめぐる旅に参加しました。

トーマス号に乗って大井川沿いを走る

トーマス号に乗って大井川沿いを走る

静岡県の南北をほぼ大井川沿いに走る大井川鐵道。期間限定で運行する「きかんしゃトーマス号」に乗車して、SLの旅を味わってみました。

山口県東部 錦帯橋から工場夜景まで

山口県東部 錦帯橋から工場夜景まで

本州の最西端に位置する山口県。瀬戸内海に面した街を巡りました。

新着コラム 一覧を見る
「江戸蕎麦(そば) ほそ川」の穴子天せいろ

おんなのイケ麺(めん)

石原洋子さん
「江戸蕎麦(そば) ほそ川」の穴子天せいろ

ほそ川さんの天ざるは、穴子の天ぷらです。よくあるエビ天じゃなくて。珍しいでしょ?

「PATISSERIE Pavlov」のフレンチトースト

オトコの別腹

LEO(今野玲央)さん
「PATISSERIE Pavlov」のフレンチトースト

まだ実家暮らしの頃、共働きの母が週末になると時折、朝食に作ってくれたフレンチトースト。外で食べるような立派なものではなかったものの、僕にとっては特別な味です。

ひさご通り商店街のサマーフェスティバルに登場したパンダバージョンの台東くん。商店街キャラクターのひさごろうと一緒にイベントを盛り上げた=2019年7月14日 東京都台東区浅草2丁目、小松麻美撮影

ご当地キャラ大集合

仏様が書いた文字から浮かび上がる区のまもり神

首都圏周辺のご当地キャラクターを紹介する「ご当地キャラ大集合」。第7回は東京都台東区の「台東くん」です。

ご当地キャラ大集合

台東くんのおすすめ観光スポット&グルメ(1)

台東くんのおすすめ観光スポット&グルメ(1)

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。