美博ノート

「人物土偶」

古代中南米文明展(光ミュージアム)

1000~1470、同館蔵

1000~1470、同館蔵

 もともと南米の小さな部族社会だったインカ帝国は、周辺に栄えたいくつもの文化を15世紀に征服して大帝国となった。その一つがチャンカイ文化(11~15世紀)。ペルーの中部海岸地帯で形成された。ユーモラスな造形の土器や色鮮やかな織物が見つかっている。

 写真の土偶は墓から出土した。両手を上げるのは神に祈るポーズで、顔や体の文様は入れ墨。頭部の小さな穴には羽根を差し、当時の人々と同じように飾り付けていたようだ。

 当時は貴族階級の人が死ぬとミイラにして、衣装を替えたり、食べ物を供えたり、生きているように扱った。「これによって権威が保持され、政治的にも利用していました。土偶も副葬者を表したのかもしれません」と学芸員の松本庸子さんは話す。

(2019年10月1日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「美博ノート」の新着記事 一覧を見る
「デュルシュ通り」

「デュルシュ通り」

フランスで暮らし、南仏やパリの風景を描きながら、光の表現を追究した画家・木村忠太(1917~87)。

「呼ぶ」

「呼ぶ」

伊勢神宮に奉納された作品は神宮美術館に所蔵されるものの、あくまで神への献納品。「当館に納められること自体が、祈りの行為に基づきます」と学芸員の瀬戸裕子さんは話す。

「紬織(つむぎおり)着物 青垣」

「紬織(つむぎおり)着物 青垣」

植物染料にこだわった紬織を手がける人間国宝の染織家、志村ふくみ(95)。「自然への畏敬の念を持ちながら制作する姿勢は祈りそのもの」と学芸員の瀬戸裕子さんは話す。

「絹垣(きんがい)渡御(伊勢神宮遷宮)」

「絹垣(きんがい)渡御(伊勢神宮遷宮)」

人間の力を超えるものに対してなにがしかを願う「祈り」という行為。本展では、伊勢神宮に奉納された芸術作品450点超の中から、祈りの精神性を表した約40点を紹介する。

新着コラム 一覧を見る
『ゴジラ』

シネマNEWS

「ゴジラ・ストアTokyo」にて限定カード“ゴジラと東京篇”が毎月配布されるキャンペーンの実施が決定!

第1作目となる映画『ゴジラ』が1954年に公開され、今年で65周年を迎えるゴジラ。

丸山誠司さん(絵本作家)「Pina ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち」(2011年)

私の描くグッとムービー

丸山誠司さん(絵本作家)
「Pina ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち」(2011年)

ドイツの舞踊団を率いた振付家で舞踊家のピナ・バウシュを、この映画で知りました。

ブームの卵

ブームの卵

1月17日 注目グッズ
「電動スムージーメーカー」など

生野菜や果物の栄養を、丸ごと摂取できるスムージー。オフィスでもアウトドアでも楽しみたい!なら、「電動スムージーメーカー」はいかが♪

『弥生、三月-君を愛した30年-』

シネマNEWS

30年間、3月だけで紡ぐ誰もみたことのないラブストーリーの全貌が明らかに…

遊川和彦による第二回監督作品『弥生、三月 ー君を愛した30年ー』の予告編とポスターが解禁された。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。