美博ノート

「アルプスの猫」

美術のなかのどうぶつたち(古川美術館)

1973年ごろ キャンバス・油彩

1973年ごろ キャンバス・油彩

 ふわふわとした毛に色鮮やかなマフラーをまとう猫。愛らしい瞳は何を見ているのだろう。

 作者の井上覚造(1905~80)は、猫に魅了された画家の一人。神戸にいた頃、近くに住む谷崎潤一郎から、タマという名の猫を上等なかつお節付きで譲り受けて以降、猫を描き続けた。筆を何年も使い込み、先がちょうどよく削れた筆で毛並みやひげをリアルに表現。中でも、マフラーを巻いた猫は自画像だった。人にこびない自由な猫に、自身を重ねたのだろう。

 農村や建築などの克明な風景描写には、シュールレアリスムの影響が透けて見えるという。その中の猫を見ていると、幻想と現実の境に引き込まれるようだと学芸員の早川祥子さん。「猫には見えない何かを見ているような時があります。井上の猫は超現実の世界への案内人かもしれません」

 本展では、井上がパリで交流した藤田嗣治らが、鳥獣虫魚を表現した絵画や彫刻を紹介する。

(2020年6月9日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「美博ノート」の新着記事 一覧を見る
「眼をとじて」

「眼をとじて」

フランス象徴主義を代表するオディロン・ルドンは、1890年ごろにその作風の転換期を迎える。

「『起源』Ⅱ.おそらく花の中に最初の視覚が試みられた」

「『起源』Ⅱ.おそらく花の中に最初の視覚が試みられた」

ギョロリとした人の目を持つ花。目の周りを取り巻くのはまつげか、綿毛か、それとも光か

「裸婦」

「裸婦」

フランス象徴主義を代表するオディロン・ルドンが活動した19世紀末の潮流や、日本でルドンがどのように受容されてきたのかを所蔵品の約70点で考察する。

「スイスタモ」

「スイスタモ」

1960年代以降、白や黒、金色の小さなタイルを並べ、幾何学的な模様に仕上げた抽象的な作風に様変わりする。

新着コラム 一覧を見る

ロゴ散歩

国立アイヌ民族博物館

北海道に先月オープンした、東北以北で初の国立博物館。

山の絵画 安曇野山岳美術館

私のイチオシコレクション

山の絵画 安曇野山岳美術館

山好きだった亡父・水上巌が37年前、北アルプスのふもとで山の絵を鑑賞してほしいという思いから開いた小さな美術館です。山に入って描く山岳画やふもとから描いた風景画など約200点を収蔵しています。

川崎大師平間寺薬師殿(旧自動車交通安全祈祷殿)(川崎市)

建モノがたり

川崎大師平間寺薬師殿
(旧自動車交通安全祈祷殿)(川崎市)

川崎大師境内の南端で異彩を放つ薬師殿は、建築史家で長年にわたり古社寺保存に携わった大岡實さん(1900~87)が設計した

ボヤンシー眼差しの向こうに

シネマNEWS

『ボヤンシー眼差しの向こうに』公開決定!

ベルリン映画祭パノラマ部門、第92回アカデミー賞豪代表作品『 ボヤンシー 眼差しの向こうに 』公開決定!

お知らせ(更新情報)
新型コロナウイルス感染症拡大を受け、開催を中止・延期するイベント、プレゼントがございます。

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪


♦お知らせ

中止を決定したものにつきましては、その都度情報を更新し、公開を取り下げます。
なお、中止・延期となったイベント等の詳細につきましては主催者にお問い合わせいただきますようお願いいたします。
マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。