読んでたのしい、当たってうれしい。

美博ノート

ひまわり

花咲く絵画 いのちのささやき(刈谷市美術館)

上原欽二 1960年
上原欽二 1960年

 花びらが落ち、茎がしなって、うなだれながらもなお地面に立つヒマワリ。作者の上原欽二(1915~2001)は、40代ごろから20年以上ヒマワリを描き続けたが、学芸員の古池幸代さんは「美しく咲いているヒマワリの作品はほとんどないのでは」と話す。

 愛知県岡崎市生まれの上原は、名古屋の中学などで教壇に立ちながら制作、戦後は画業に専念した。

 ヒマワリのたくましさや生命力に憧れて描き始めたが、咲き誇る盛りの頃よりも、枯れて種の重みにこうべを垂れる姿が面白く美しいと随筆にも書いている。「人間が老いていく姿にも似て、そこに人間的な表情を感じ取ったのでしょう」

 上原は自身の作品について「一点々々自画像であって、その自画像は私の日記帳の様なもの」と語った。ヒマワリを描き続けた画家はその後、琵琶湖へ通い、湖岸のアシを題材に連作を残した。

(2022年2月1日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

美博ノートの新着記事

  • 生田敦盛 穏やかな表情で子を見つめる平敦盛の姿は、今にも消え入りそうだ。

  • 桃太郎/金太郎 歴史画家として知られる守屋多々志は、古今東西の物語や伝説をもとにした作品も多く残した。

  • 帯留「葡萄」 「養殖真珠ならではの統一性という特徴を生かした洗練されたデザイン」

  • 真珠貝玉箱 東南アジアで制作され、貿易により徳川家康が入手したと考えられる小箱

新着コラム