読んでたのしい、当たってうれしい。

美博ノート

京都加茂川筋 川浚(かわざらえ)略図

豊橋市二川宿本陣資料館「瓦版展」

37・6×50・6㌢ 19世紀 大垣市教育委員会蔵

 河原にのぼりが林立し、そろいの衣装を着た大勢の人々が荷車を引く。一見すると祭りのようだが、荷車に積み込まれているのは土砂にみえる。


 1856年5月16日から「晴天凡(およそ)百日」の期間に行われた京都・加茂川(鴨川)の川ざらえの様子を伝える瓦版だ。


 川ざらえとは、川の底にたまった土砂などを取り除く作業。「つらい重労働を、非日常的な祝祭のように盛り上げて楽しんだのだろう」と、豊橋市二川宿本陣資料館の和田実館長はみる。


 幕末の不安定な世相を背景に、人々は不安を紛らわすかのようにお祭り騒ぎを好んだという。東海地方でも「ええじゃないか」とはやしながら乱舞する民衆運動が起き、各地に広がった。「本作のように気勢を上げる民衆を描いた瓦版が出回ったことも、人々の気持ちをかきたてたのかもしれない」と和田さんは解説する。

 

 ※会期は12月10日まで。

(記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

今、あなたにオススメ

美博ノートの新着記事

  • 置物・人形 ヘラの跡がよく見える、素焼きの人形。本作の作者・月谷初子(1869~1945)は、日本で最初期に洋風彫刻を学んだ陶彫作家だ。

  • 円筒深鉢 近現代美術を中心に所蔵する愛知県美術館と、古代~現代の陶磁器専門の愛知県陶磁美術館。両館コレクションを一堂に集める本展では、学芸員が独自の視点で設定した四つのテーマで作品が展示される。

  • 尿(いばり)する裸僧 裸の僧侶が鉢に向かって放尿する、強烈な印象の作品を生み出したのは、夭折の洋画家・村山槐多(1896~1919)だ。

  • 穴窯の中で金色にゆらめく炎に焼かれているのは、仏教の経典を収めるための経筒。描いたのは、現在の愛知県碧南市出身の美術工芸家・藤井達吉(1881~1964)。七宝、染織、金工、和紙工芸、日本画などジャンルを横断して制作し、刺繡やアップリケを施したびょうぶなど先駆的な作品を生み出した。

新着コラム