読んでたのしい、当たってうれしい。

美博ノート

吉祥文蒔絵振々香合

桑山美術館「新春万福 吉祥の日本画と工芸」

江戸後期 長さ11×高さ6.3×幅6.2㌢
桑山美術館蔵

 金色に輝く小づちのような六角柱の振々香合(ぶりぶりこうごう)。珍しい形は江戸時代の玩具「ぶりぶり」に由来する。ひもを付けて木の球を打ったり、車輪を付けてひもで引いたりして遊んだという。


 転じて、吉祥のモチーフを配した正月の置物や、茶席の香合として用いられるようになった。本作には鶴亀や松竹柄のほか、タンポポやタケノコも配されて春の始まりを思わせる華やかさだ。下部には願いを成就するとされる宝珠も。


 振々香合の多くは木地に金箔(きんぱく)を貼って彩色されるというが、本作には蒔絵(まきえ)の技法が駆使されている。文様の部分を高蒔絵で盛り上げ、竹の葉や鶴の羽根は細い輪郭線を描割(かきわり)技法で表現した。鶴の頭の赤色はサンゴ片の象嵌(ぞうがん)が施されている。


 「細部まで丁寧に表現されていて、豪華さと品格を兼ね備えている」と桑山美術館学芸員の前田明美さんは説明する。

 ※会期は2月4日まで。

(記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

今、あなたにオススメ

美博ノートの新着記事

  • 置物・人形 ヘラの跡がよく見える、素焼きの人形。本作の作者・月谷初子(1869~1945)は、日本で最初期に洋風彫刻を学んだ陶彫作家だ。

  • 円筒深鉢 近現代美術を中心に所蔵する愛知県美術館と、古代~現代の陶磁器専門の愛知県陶磁美術館。両館コレクションを一堂に集める本展では、学芸員が独自の視点で設定した四つのテーマで作品が展示される。

  • 尿(いばり)する裸僧 裸の僧侶が鉢に向かって放尿する、強烈な印象の作品を生み出したのは、夭折の洋画家・村山槐多(1896~1919)だ。

  • 穴窯の中で金色にゆらめく炎に焼かれているのは、仏教の経典を収めるための経筒。描いたのは、現在の愛知県碧南市出身の美術工芸家・藤井達吉(1881~1964)。七宝、染織、金工、和紙工芸、日本画などジャンルを横断して制作し、刺繡やアップリケを施したびょうぶなど先駆的な作品を生み出した。

新着コラム