読んでたのしい、当たってうれしい。

美博ノート

碧南市藤井達吉現代美術館「顕神の夢 幻視の表現者」

藤井達吉 紺紙金泥・着色
92×60㌢ 碧南市藤井達吉現代美術館寄託

 穴窯の中で金色にゆらめく炎に焼かれているのは、仏教の経典を収めるための経筒。描いたのは、現在の愛知県碧南市出身の美術工芸家・藤井達吉(1881~1964)。七宝、染織、金工、和紙工芸、日本画などジャンルを横断して制作し、刺繡(ししゅう)やアップリケを施したびょうぶなど先駆的な作品を生み出した。


 経筒を保管する容器は、愛知県の猿投窯でも生産されていたという。「高温の窯の中は、人為の及ばない世界。そこに聖なるものを見いだしたのだろう」と、碧南市藤井達吉現代美術館学芸員の大長悠子さんはみる。背景には月と星、太陽が並び、神秘的な雰囲気を強調している。


 藤井は作品のモチーフに野の草花、天体を繰り返し採り入れた。「本作からも自然への畏敬(いけい)の念が感じられる」と大長さんは説明する。今展では藤井が晩年に描いた「土星」なども展示されている。

(記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

今、あなたにオススメ

美博ノートの新着記事

  • 置物・人形 ヘラの跡がよく見える、素焼きの人形。本作の作者・月谷初子(1869~1945)は、日本で最初期に洋風彫刻を学んだ陶彫作家だ。

  • 円筒深鉢 近現代美術を中心に所蔵する愛知県美術館と、古代~現代の陶磁器専門の愛知県陶磁美術館。両館コレクションを一堂に集める本展では、学芸員が独自の視点で設定した四つのテーマで作品が展示される。

  • 尿(いばり)する裸僧 裸の僧侶が鉢に向かって放尿する、強烈な印象の作品を生み出したのは、夭折の洋画家・村山槐多(1896~1919)だ。

  • 千手 上部に描かれた白い形は骨か顔か、指で輪を作る仏の手のようにも見える。それをとりまく赤、黄、オレンジは命あるもののよう。岡本太郎(1911~96)が60年代、抽象的なモチーフで呪術的な世界観を描いた作品の一つだ。

新着コラム