シネマNEWS

『名探偵コナン緋色の弾丸』赤井一家総集結の本ビジュアル解禁!

4月17日(金)ROADSHOW!

(C)2020 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

(C)2020 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

  • (C)2020 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
  • (C)2020 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

▼シネマNAVI シネマNEWS一覧
https://www.cinemanavi.com/article_list/ 

 

 昨年4月に公開した劇場版23作目『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』がシリーズ最高興収93.7億円という驚異的な数字を記録、7作品連続で興行収入最高記録を更新するという驚異の成績を樹立! 更に、原作コミックス発行部数も全世界累計2億3千万部を突破(2019年11月時点)するなど、年々進化を続け、今や世界中で愛されている作品として不動の地位を築き上げた大人気映画が今年もやってくる。

 劇場版24作目となる今作は『名探偵コナン 緋色(ひいろ)の弾丸(だんがん)』。日本で開催される4年に1度の世界最大のスポーツの祭典「WSGーワールド・スポーツ・ゲームスー」と、その開会式に併せて開発された最高時速1000㎞を誇る世界初の「真空超電導リニア」を巻き込んだ未曾有の大事件が発生!事件のカギを握るメインキャラクターとして、現FBI捜査官かつ狙撃のスペシャリスト・赤井秀一が、劇場版20作目『純黒の悪夢(ナイトメア)』に続き劇場版に満を持して登場!更には赤井の弟・羽田秀吉、妹・世良真純、母・メアリーという、原作者・青山剛昌が描く原作本筋ストーリーの超重要人物たち「赤井一家」も登場することが発表され、既に大きな話題を呼んでいる。

 完成したメインビジュアルは、赤井秀一・メアリー・世良真純・羽田秀吉(吉の正式表記は土に口)といった原作本筋ストーリーの鍵を握る超重要人物・赤井一家が総結集する中、コナン・蘭・灰原・少年探偵団に加え、FBIの面々や秀吉の彼女である宮本由美も登場! 時速1,000㎞を誇る真空超電導リニアの走行姿や、WSG(ワールド・スポーツ・ゲームス)のメイン会場となるスタジアムも印象的なビジュアルに仕上がりになっている。

 「引き裂かれた運命――― いま<世界>が動き出す」と綴られたコピーのとおり、バラバラとなってしまっている赤井一家の共闘は見られるのか? 世界を巻き込んだ壮大な事件にコナンと赤井はどう立ち向かうのか?

 さらには映画公式HPにて、新プロジェクト【CONAN TABOO-TAG PROJECT】も始動!4年に1度の閏年、劇場版最新作に引き合わされる様々な“禁断のタッグ”が展開されていく危険なプロジェクトにも今後ご注目を!

 4月17日(金)ROADSHOW!

(記事・画像の無断転載・複製を禁じます。すべての情報は更新時点のものです。資料提供:シネマNAVI )

「シネマNEWS」の新着記事 一覧を見る
『ゴジラにかける特撮の未来』

世界初︕ゴジラと講談&落語がコラボ︕︖

初代ゴジラ作品である『ゴジラ』(1954)と伝統芸能である<講談>と<落語>がコラボレーションした世界初のイベントゴジラ寄席 in OSシネマズ『ゴジラにかける特撮の未来』の開催が決定。

『MOTHERマザー』

新境地!長澤まさみが暗黒面の顔を見せる!

『日日是好日』の大森立嗣監督が、長澤まさみ、阿部サダヲを迎えた最新作『MOTHER マザー』が初夏に公開される。

『ソニック・ザ・ムービー』

主人公ソニック役は中川大志!

日本発、大人気キャラクターのハリウッド実写映画化!『ソニック・ザ・ムービー』の吹替声優キャストが解禁された。

『サマーウォーズ』

『サマーウォーズ』10年の時を経て4DX上映、公開3日間で動員9,900人、興収2,376万円の大ヒット!

2009年8月1日に公開した『サマーウォーズ』は日本を代表するアニメ映画といっても過言ではない。

新着コラム 一覧を見る
「宗家 源 吉兆庵」の陸乃宝珠(りくのほうじゅ)

オトコの別腹

大貫勇輔さん
「宗家 源 吉兆庵」の陸乃宝珠(りくのほうじゅ)

甘い物は舞台の合間に、片手でパッと食べられる物が好み。陸乃宝珠は差し入れでいただきました。

「中国飯店」の五目あんかけ焼きそば

おんなのイケ麺(めん)

石井幹子さん
「中国飯店」の五目あんかけ焼きそば

この店の料理はどれもおいしいんですが、必ず注文するのがこれ。魅力は何と言っても具材の種類が多いこと。豊富な野菜に豚肉やエビなどが入っていて、これだけで必要な栄養分がとれたような安心感があるんです。

開花 サハンド・ヘサミヤン作(奈良市)

アートリップ

開花
サハンド・ヘサミヤン作(奈良市)

江戸時代末期から明治時代にかけての風情が残る、奈良市の旧市街「ならまち」。町家の間を抜けていくと、巨大なこまのような物体が現れる。

「セーヌ河畔」

美博ノート

「セーヌ河畔」

ヤマザキマザック美術館の創立者、故・山崎照幸氏は、画家の木村忠太(1917~87)を高く評価し、油彩の大作3点を購入した。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。