デパ地下グルめぐり

栗のテリーヌ【足立音衛門 そごう横浜店】

栗オタクのこだわりケーキ

栗のテリーヌ

栗のテリーヌ(3980円)

  • 栗のテリーヌ
  • 贅沢和三盆パウンドケーキ
  • 足立音衛門 そごう横浜店

 「いつか食べてみたい」。そう思いながら、踏ん切りがつかずにいる方も多いのでは? 栗好きが憧れてやまないケーキ、足立音衛門の栗のテリーヌを紹介します。

 足立音衛門は京都に本店を持つ、焼き菓子の専門店です。季節を問わず栗を使った商品が多いのは、社長が“栗オタク”だから。その社長が自ら、日本はもとより、イタリア、チリ、韓国、トルコなど世界中の栗畑を巡っておいしい栗を選んできます。

 いろいろある栗のケーキの中でも、テリーヌは栗の量が生地よりも多いのが特徴で、700グラムの総量のうち400グラムが栗。今年からお目見えしたそごうと西武限定バージョンの栗のテリーヌは、熊本とイタリアの栗を2種類使用し、渋皮ごと低糖度で煮込んだ栗がごろごろ入っています。2種類の栗を使うのが音衛門のこだわりで、熊本の栗は味が強くてしっとり、イタリアの栗はあっさりしてほっくり感があり、この個性の違いによって重層的で深みのある味わいに。つい栗ばかりに目が行きがちですが、発酵バターとブランデーが香る生地も栗と調和して、じわじわと幸せがこみ上げてくるようなおいしさです。冷蔵庫で2週間持つので、じっくり何度も味わえます。

 お歳暮やお使い物にも人気で、贈られた人がおいしさのあまり、お店にお礼の電話をかけてくることもあるそう。今年もあと2ヶ月。自分へのご褒美に、お世話になった人に、憧れのスイーツを奮発してみては。

 

足立音衛門 そごう横浜店
店長・及川恵理子さん

「最高級の素材を使った栗のテリーヌ「天」(10500円)もありますが、通常の栗のテリーヌでも十分美味しいです! 栗オタク自慢の味が揃っていますので是非一度ご来店ください」


  贅沢和三盆パウンドケーキ(1580円)

フランスのラヴィエットバターや讃岐の手作り和三盆糖など厳選素材を使用。しっとりふわふわで、ブランデーの効いたシンプルな味わい。


 

SHOP DATA 
「足立音衛門 そごう横浜店」
住所:神奈川県横浜市西区高島2の18の1、そごう横浜店地下2階
電話番号:045-465-2111(代表)
営業時間:10:00~20:00
西武百貨店池袋店、松屋銀座店にも店舗がある

(記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は更新時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「デパ地下グルめぐり」の新着記事 一覧を見る
スコーン

スコーン【CHIFFERS 銀座三越店】

ロンドンの五つ星ホテル「ザ・サヴォイ」でエグゼクティブパティシエを務めたマーティン・シファーズのスイーツショップ「CHIFFERS(シファーズ)」。シファーズといえば、この大きなスコーンが有名です。

にゅうめん

にゅうめん【菊乃井 高島屋横浜店】

大正元年に創業し、京都に本店を構える懐石料理の老舗「菊乃井」。百貨店では、気軽に買える惣菜や弁当をメインに、漬物も15種類ほど揃います。その菊乃井のヒット商品が、今回ご紹介する「にゅうめん」です。

みとわ

みとわ【菓匠みとわ 松坂屋上野店】

3月にリニューアルした食品フロアが連日盛況の上野松坂屋。和洋菓子はフロアが一階になり、洋菓子の森、和菓子の里、お江戸新町など、各売り場を街に見立てて構成され、下町名物や限定品が多く並びます。

米沢牛入りメンチ

米沢牛入りメンチ【肉の上杉 日本橋三越店】

松阪牛と並び、東の横綱と称される米沢牛。4月に日本橋三越にオープンした「肉の上杉」は、その米沢牛をふんだんに使った惣菜や弁当を取り揃えて、人気を集めています。

新着コラム 一覧を見る
『男はつらいよ』

シネマNEWS

シリーズ史上初!『男はつらいよ』入場者プレゼントで豪華3種ポストカードセット!!

観客動員数が100万人を突破!大ヒットを記念して、『男はつらいよ』シリーズ史上初となる入場者プレゼントの実施が決定した。

世田谷美術館

気になる一品

世田谷美術館

「素朴派」の絵画を多く収蔵する世田谷美術館。ショップでは、素朴派を代表する仏のアンリ・ルソー「フリュマンス・ビッシュの肖像」をモチーフにした「ルソースタンドメッセージカード」が人気だ。

段ボールSL 島英雄作(熊本県南関町)

アートリップ

段ボールSL
島英雄作(熊本県南関町)

千平方メートルの屋内展示場に子どもたちの歓声が響く。その指さす先にあるのは段ボール製の蒸気機関車(SL)「D51」だ。全長20、幅3、高さ4メートルの実物大で、車輪を動かす装置など1700の部品はすべて段ボール。精巧に再現され、今にも動き出しそうだ。

「六月の光」

美博ノート

「六月の光」

異国の地で「描くこと」と向き合い続けた画家・木村忠太(1917~87)。36歳で渡仏して以来、帰国したのは一度だけだが、フランス語は全く話せなかったという。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。