デパ地下グルめぐり

みとわ【菓匠みとわ 松坂屋上野店】

東北うまれのやさしい和菓子

みとわ(5枚入り648円~)

みとわ(5枚入り648円~)

  • みとわ(5枚入り648円~)
  • ら・ふらんす(1個324円)
  • 菓匠みとわ 松坂屋上野店

 2月にリニューアルした食品フロアが連日盛況の松坂屋上野店。和洋菓子はフロアが一階になり、洋菓子の森、和菓子の里、お江戸新町など、各売り場を街に見立てて構成され、下町名物や限定品が多く並びます。和菓子の里の一角にある「菓匠みとわ」は、仙台銘菓・萩の月を手がける菓匠三全の新しいブランドで、松坂屋上野店が1号店。素材の味を大切に、おいしさと美しさを追い求めることをコンセプトに、富貴豆やラフランスなど、東北ゆかりの素材を使ったお菓子もそろえています。

 「みとわ」は、うすく焼き上げた生地に、淡雪をはさんだ珍しい和菓子です。生地に和三盆糖を使っているので口溶けが良く、さくっと軽やかで淡雪が口の中でじんわり溶けていく、なんとも不思議なやさしい味わい。さっぱりした上品な甘さが、素朴で凜とした東北らしさを感じさせ、これからの季節は、冷たい麦茶やアイスコーヒーともよく合いそう。蒸し暑い折、軽やかな和菓子で一息ついてください。

 

菓匠みとわ 松坂屋上野店
店長・小久保亜矢子さん

「みとわは、当店だけのオリジナルの和菓子です。和洋折衷な味わいで、幅広い年代の方にご好評いただいております」


  ら・ふらんす(1個324円)

食べごろのラフランスを、みずみずしい香りごとゼリーで包んだ涼菓。8月末までの限定品。みとわとの詰め合わせもあり、お中元にもぴったり。


 

SHOP DATA 
「菓匠みとわ 松坂屋上野店」
住所:東京都台東区上野3の29の5、松坂屋上野店1階
電話番号:03-3832-1111(代表)
営業時間:10:00~20:00

(2014年7月7日掲載。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は更新時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「デパ地下グルめぐり」の新着記事 一覧を見る
スコーン

スコーン【CHIFFERS 銀座三越店】

ロンドンの五つ星ホテル「ザ・サヴォイ」でエグゼクティブパティシエを務めたマーティン・シファーズのスイーツショップ「CHIFFERS(シファーズ)」。シファーズといえば、この大きなスコーンが有名です。

にゅうめん

にゅうめん【菊乃井 高島屋横浜店】

大正元年に創業し、京都に本店を構える懐石料理の老舗「菊乃井」。百貨店では、気軽に買える惣菜や弁当をメインに、漬物も15種類ほど揃います。その菊乃井のヒット商品が、今回ご紹介する「にゅうめん」です。

米沢牛入りメンチ

米沢牛入りメンチ【肉の上杉 日本橋三越店】

松阪牛と並び、東の横綱と称される米沢牛。4月に日本橋三越にオープンした「肉の上杉」は、その米沢牛をふんだんに使った惣菜や弁当を取り揃えて、人気を集めています。

牟尼庵トリュフ

牟尼庵トリュフ【牟尼庵・松屋銀座店】

松屋銀座が24年ぶりに地下の食品フロアをリニューアル。和洋菓子ゾーンも、注目のショップが10店新たにオープンしました。そのひとつ「牟尼庵(むにあん)」は、京都にあるチョコレート菓子専門店で、今回が関東初出店。

新着コラム 一覧を見る
開花 サハンド・ヘサミヤン作(奈良市)

アートリップ

開花
 サハンド・ヘサミヤン作(奈良市)

江戸時代末期から明治時代にかけての風情が残る、奈良市の旧市街「ならまち」。町家の間を抜けていくと、巨大なこまのような物体が現れる。

ランプワーク KOBEとんぼ玉ミュージアム

私のイチオシコレクション

ランプワーク KOBEとんぼ玉ミュージアム

当館は、ランプワークで作られた国内外作家のガラス作品約2千点を所蔵しています。

鎌倉市鏑木清方記念美術館

気になる一品

鎌倉市鏑木清方記念美術館

歌舞伎の登場人物などを題材にした日本画が並ぶ「物語に魅せられて 清方の芝居絵を中心に」展を開催中(2月25日まで)の鎌倉市鏑木清方記念美術館。

『あの頃。』

シネマNEWS

松坂桃李がハロプロオタクに!

ハロー!プロジェクトへの熱い愛と、大切な仲間たちとの出会いと別れを描いた劔樹人の自伝的青春コミックエッセイ「あの頃。 男子かしまし物語」(イースト・プレス刊)が、実写映画化されることが決定。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。