デパ地下グルめぐり

オリーブ大福【たねや 小田急百貨店新宿店】

フレッシュな香りを味わう大福

オリーブ大福

オリーブ大福(6個入り、オリーブオイル1本付き)945円

  • オリーブ大福
  • 栗月下
  • たねや 小田急百貨店新宿店

 小ぶりな大福にかかっているのはオリーブオイル。ちょっと驚きの組み合わせですが、これが不思議と合うのです。

 革新的な和菓子を生み出したのは、明治5年、近江に創業した「たねや」。たねやグループの社長が、ワインやオリーブオイルの製造で有名なイタリアのCMV社のエキストラバージン・オリーブオイルの味に惚れ込み、「これまでにない新しいものを」との思いで“日伊のコラボ”が実現しました。このオリーブオイルは、肥沃な土地で育てられた最上級の4種類のオリーブを組み合わせ、搾油後ボトリングと同時にマイナス25度で瞬間冷凍する特別な製法で作られます。そのため香りも風味も搾りたてのまま。10ミリリットルの小瓶に詰めるのもフレッシュさを保つこだわりです。

 大福も負けてはいません。餅に使うのは、粒が大きく、蒸し上げた時の甘い香りとコシのあるやわらかさが特徴の「滋賀羽二重糯(もちごめ)」。歯切れのよさにこだわり粗搗きで仕上げ、すっきりした甘さのこし餡と合わせました。

 こだわりの大福にこだわりのオリーブオイルをひとたらし。ほんのり塩気の効いたお餅と甘いあんこをオリーブオイルがなめらかに包み込み、さわやかな風味がふわりと立ち上がります。香りをいただく大福ははじめて。新鮮な味わいがいつまでも記憶に残ります。オリーブオイルが余ったら、パンにつけたり料理に使っても。目新しさに加え、オリーブの実を入れる麻袋をイメージしたというパッケージもおしゃれなので、手土産にもぴったりです。

 

たねや 小田急百貨店新宿店
店長・寺岡修平さん

「オリーブ大福はおかげさまでご好評いただいております。お電話いただければお取り置きもいたします。搾りたての状態を保った特別なオリーブオイルと、やわらかく歯切れのいい大福の組み合わせをお楽しみください」


  栗月下(1050円~)

寒天を使わずに、たっぷりの蒸し栗を押し固めた贅沢なひと品。香りがよく、栗そのものの味が凝縮されている。2月中旬までの季節限定品。


 

SHOP DATA 
「たねや 小田急百貨店新宿店」
住所:東京都新宿区西新宿1の1の3、小田急百貨店新宿店地下2階
電話番号:03-3342-3618(直通)
営業時間:10:00~20:30(日祝は~20:00)

(記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は更新時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「デパ地下グルめぐり」の新着記事 一覧を見る
スコーン

スコーン【CHIFFERS 銀座三越店】

ロンドンの五つ星ホテル「ザ・サヴォイ」でエグゼクティブパティシエを務めたマーティン・シファーズのスイーツショップ「CHIFFERS(シファーズ)」。シファーズといえば、この大きなスコーンが有名です。

にゅうめん

にゅうめん【菊乃井 高島屋横浜店】

大正元年に創業し、京都に本店を構える懐石料理の老舗「菊乃井」。百貨店では、気軽に買える惣菜や弁当をメインに、漬物も15種類ほど揃います。その菊乃井のヒット商品が、今回ご紹介する「にゅうめん」です。

みとわ

みとわ【菓匠みとわ 松坂屋上野店】

3月にリニューアルした食品フロアが連日盛況の上野松坂屋。和洋菓子はフロアが一階になり、洋菓子の森、和菓子の里、お江戸新町など、各売り場を街に見立てて構成され、下町名物や限定品が多く並びます。

米沢牛入りメンチ

米沢牛入りメンチ【肉の上杉 日本橋三越店】

松阪牛と並び、東の横綱と称される米沢牛。4月に日本橋三越にオープンした「肉の上杉」は、その米沢牛をふんだんに使った惣菜や弁当を取り揃えて、人気を集めています。

新着コラム 一覧を見る
『男はつらいよ』

シネマNEWS

シリーズ史上初!『男はつらいよ』入場者プレゼントで豪華3種ポストカードセット!!

観客動員数が100万人を突破!大ヒットを記念して、『男はつらいよ』シリーズ史上初となる入場者プレゼントの実施が決定した。

世田谷美術館

気になる一品

世田谷美術館

「素朴派」の絵画を多く収蔵する世田谷美術館。ショップでは、素朴派を代表する仏のアンリ・ルソー「フリュマンス・ビッシュの肖像」をモチーフにした「ルソースタンドメッセージカード」が人気だ。

段ボールSL 島英雄作(熊本県南関町)

アートリップ

段ボールSL
島英雄作(熊本県南関町)

千平方メートルの屋内展示場に子どもたちの歓声が響く。その指さす先にあるのは段ボール製の蒸気機関車(SL)「D51」だ。全長20、幅3、高さ4メートルの実物大で、車輪を動かす装置など1700の部品はすべて段ボール。精巧に再現され、今にも動き出しそうだ。

「六月の光」

美博ノート

「六月の光」

異国の地で「描くこと」と向き合い続けた画家・木村忠太(1917~87)。36歳で渡仏して以来、帰国したのは一度だけだが、フランス語は全く話せなかったという。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。