私のイチオシコレクション

影絵 藤城清治美術館那須高原

現実と融合したメルヘン世界

「魔法の森に燃える再生の炎」2013年

「魔法の森に燃える再生の炎」2013年

  • 「魔法の森に燃える再生の炎」2013年
  • 「軍艦島」2009年

 栃木県那須町に、影絵作家の父・藤城清治の美術館が開館したのは6年前。小人が現れそうな緑豊かな庭の雰囲気は、父の作品のイメージにも合っていましたし、この辺りも東日本大震災の被害に遭ったことで、「復興」も開館のきっかけのひとつになりました。現在、影絵約140点をはじめ、デッサンや資料などを常設展示しています。

 父は震災後、多くの被災地の作品を描きましたが、この幅6メートルもある「魔法の森に燃える再生の炎」は、メルヘンでありながら震災という現実を表した集大成といえる作品です。身近な存在に感じられるように地元・栃木県にちなんだ栃の木を配し、メルヘン調に描かれた魔法の炎には「幾度となく起こる災害の傷は、何年かかっても自然と人間の力で再生できる」という意味が込められているんです。

 今年で95歳になる父は、戦争の時代を生き抜いたからこそ幸福な世界を望み、「メルヘンの世界」を作り続けてきましたが、80歳になった頃、広島の「原爆ドーム」を見て決断しました。それまでは、メルヘンであるべきだと現実的なものを作ることを否定してきましたが、やはり、自分が残したいものを自分らしく作りたいと。それから描きたい、残したいと思うものを積極的に作り始めたような気がします。

 長崎市の端島(軍艦島)を描いた「軍艦島」も、廃墟の瓦礫から今なお感じるエネルギーを、「残さなくちゃけない」という思いで作った作品です。

(聞き手・白井由依子)


《藤城清治美術館那須高原》 栃木県那須町湯本203(問い合わせは0287・74・2581)。午前9時半~午後5時半(入館は1時間前まで)。(祝)(休)を除く(火)休み。1600円。

館長 藤城亜季

 ふじしろ・あき 藤城清治の娘。2013年の開館時から現職。東京と那須を行き来しながら、父・清治の制作サポートを続ける。

館長 藤城亜季さん

(2019年4月9日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「私のイチオシコレクション」の新着記事 一覧を見る
素朴派 ハーモ美術館

素朴派 ハーモ美術館

素朴派とは、美術教育を受けていない画家たちの総称です。

鳥類標本 我孫子市鳥の博物館

鳥類標本 我孫子市鳥の博物館

当館は1990年、山階鳥類研究所の千葉県我孫子市への移転を機に、隣接して設置された、日本初の鳥の専門博物館です。当時は近くの手賀沼の汚さが問題視され、市が水質改善の指標として鳥に注目したことも開館理由です。

酒の文化資料 「食と農」の博物館

酒の文化資料 「食と農」の博物館

東京農大に付属する当館のコレクションは、大学の研究分野に関わる資料です。収集の柱の一つは、醸造科学科創設者の住江金之が集めた酒の文化資料。日本各地の酒器など約200点を所蔵しています。

現代グラフィック CCGA現代グラフィックアートセンター

現代グラフィック 
CCGA現代グラフィックアートセンター

当館は1995年、大日本印刷が本業に近い分野で文化活動を行う目的で、設立しました。ポスターや版画など約2万点を所蔵しています。

新着コラム 一覧を見る
「子供遊水合戦」

美博ノート

「子供遊水合戦」

本展は、展示機会の少ない民具などを披露するシリーズ展の初回で、「消防」がテーマ。

刀剣博物館

気になる一品

刀剣博物館

国宝を含む多数の刀剣類を所蔵、公開する刀剣博物館。ショップでひときわ存在感を放つのが、「日刀保たたら 玉鋼」(50グラム前後、1500円)だ。

蛇の樹 ニキ・ド・サンファル作(東京都多摩市)

アートリップ

蛇の樹
ニキ・ド・サンファル作(東京都多摩市)

多摩センター駅から遊園地へ向かうれんが道を歩いていくと、原色の色鮮やかなモニュメントに出くわした。口を開け、四方八方を向く多頭の蛇。

「九つ井」のざるそば

おんなのイケ麺(めん)

酒井はなさん
「九つ井」のざるそば

鎌倉にある実家に近くて、亡くなった両親とよく行ったお店です。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。