私のイチオシコレクション

影絵 藤城清治美術館那須高原

現実と融合したメルヘン世界

「魔法の森に燃える再生の炎」2013年

「魔法の森に燃える再生の炎」2013年

  • 「魔法の森に燃える再生の炎」2013年
  • 「軍艦島」2009年

 栃木県那須町に、影絵作家の父・藤城清治の美術館が開館したのは6年前。小人が現れそうな緑豊かな庭の雰囲気は、父の作品のイメージにも合っていましたし、この辺りも東日本大震災の被害に遭ったことで、「復興」も開館のきっかけのひとつになりました。現在、影絵約140点をはじめ、デッサンや資料などを常設展示しています。

 父は震災後、多くの被災地の作品を描きましたが、この幅6メートルもある「魔法の森に燃える再生の炎」は、メルヘンでありながら震災という現実を表した集大成といえる作品です。身近な存在に感じられるように地元・栃木県にちなんだ栃の木を配し、メルヘン調に描かれた魔法の炎には「幾度となく起こる災害の傷は、何年かかっても自然と人間の力で再生できる」という意味が込められているんです。

 今年で95歳になる父は、戦争の時代を生き抜いたからこそ幸福な世界を望み、「メルヘンの世界」を作り続けてきましたが、80歳になった頃、広島の「原爆ドーム」を見て決断しました。それまでは、メルヘンであるべきだと現実的なものを作ることを否定してきましたが、やはり、自分が残したいものを自分らしく作りたいと。それから描きたい、残したいと思うものを積極的に作り始めたような気がします。

 長崎市の端島(軍艦島)を描いた「軍艦島」も、廃墟の瓦礫から今なお感じるエネルギーを、「残さなくちゃけない」という思いで作った作品です。

(聞き手・白井由依子)


《藤城清治美術館那須高原》 栃木県那須町湯本203(問い合わせは0287・74・2581)。午前9時半~午後5時半(入館は1時間前まで)。(祝)(休)を除く(火)休み。1600円。

館長 藤城亜季

 ふじしろ・あき 藤城清治の娘。2013年の開館時から現職。東京と那須を行き来しながら、父・清治の制作サポートを続ける。

館長 藤城亜季さん

(2019年4月9日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「私のイチオシコレクション」の新着記事 一覧を見る
唐三彩 東京国立博物館

唐三彩 東京国立博物館

唐三彩は唐時代の中国で、主に貴族の墓に埋葬するために作られたやきものです。緑、褐、藍色などの釉薬で装飾されているのが特徴。

復元建造物 江戸東京たてもの園

復元建造物 江戸東京たてもの園

当園は1993年、東京都江戸東京博物館の分館としてオープンしました。歴史的価値があり、取り壊されてしまう建築物30棟を移築・復元しています。

マッチ たばこと塩の博物館

マッチ たばこと塩の博物館

19世紀前半にヨーロッパで発明されたマッチの製造が、アジア諸国に先駆けて日本で本格化したのは明治前期です。

茶釜 大西清右衛門美術館

茶釜 大西清右衛門美術館

当館がある京都市の三条釜座(かまんざ)には、安土桃山時代、鉄を中心に扱う座人の家が80軒ほどあったようです。

新着コラム 一覧を見る
ブームの卵

ブームの卵

6月21日 注目グッズ
「撮れる傘 instabrella」など

旅先やアウトドアで自撮り棒があると便利だけど、梅雨の時期は傘も持ち歩きたいし、荷物が増えちゃう……。

私の描くグッとムービー

佐藤穂波さん(イラストレーター)
「ヘアスプレー」(2007年)

高校生の頃、有志でダンスを披露する文化祭の企画がありました。この映画に出てくる曲で踊ることになり、みんなで映画を見たのが最初です。

「讃岐うどん 根の津」のちく玉天うどん

おんなのイケ麺(めん)

東直子さん
「讃岐うどん 根の津」のちく玉天うどん

森鴎外記念館(東京都文京区)に何度かイベントに伺っていて、昔ながらのお店と新しいお店が両方あるこの町の雰囲気が楽しくて、去年の4月、仕事場を移しました。

「菓房処(どころ) 京家」かりんとう饅頭(まんじゅう) 鬼の金棒

オトコの別腹

寺田真二郎さん
「菓房処(どころ) 京家」かりんとう饅頭(まんじゅう) 鬼の金棒

これは都内の表参道にある新潟のアンテナショップで見つけました。もともと、道の駅や物産展、アンテナショップへ行くことが趣味なんです。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。