読んでたのしい、当たってうれしい。

私のイチオシコレクション

情報通信の技術 NTT技術史料館

高品質の光ファイバーを量産化

VAD法で製造された母材。長さ約200×直径12センチ。長さ2千キロの光ファイバーの材料になる
VAD法で製造された母材。長さ約200×直径12センチ。長さ2千キロの光ファイバーの材料になる
VAD法で製造された母材。長さ約200×直径12センチ。長さ2千キロの光ファイバーの材料になる VAD法の製造装置。研究者が自ら設計し装置を作りあげた 海底中継器。下のメタルケーブル用(長さ約370×直径約20センチ)から、上の光ファイバー用(約370×約30センチ)になったことで中継距離が約10倍に伸びた

 当館は、官営からNTTに至る自主開発の歴史的資産を電電公社以降を中心に収集し、約1500点を展示しています。電気通信技術を支える様々な分野の史料のなかで、VAD法により製造された光ファイバー母材と海底ケーブルの中継器は、当館ならではの収蔵品です。

 国際電話やネット、映像中継など私たちが現在使っている通信では、光ファイバーを使った海底ケーブルが重要な役割を担っています。光ファイバー製造にはまず素材の円柱形の塊(母材)をつくり、それを髪の毛の細さまで長く引き伸ばします。光ファイバーは、光が通る部分と光を閉じ込める部分の二層構造からなり、透明な母材をよく見ると、それがわかります。

 母材を大きくすると、継ぎ目のない、長く高品質な光ファイバーの量産化ができるのですが、これを可能にしたのが、1970年代後半から80年代にかけて、NTTとメーカー3社が共同開発したVAD法です。

 回転する石英棒にバーナーでガラス成分のガスを吹きつけ成長させる製法で、従来あった、ガラス管の内部に母材を生成させるなどの製法に比べ、大型化が可能になりました。この技術は15年に、長期間にわたって社会に貢献した歴史的技術革新に贈られるIEEEマイルストーンに認定されました。

 海底ケーブルの中継器は、現在では約100キロごとに設置され信号を増幅します。最大水深8千メートルの深海で故障なく作動するため、高い信頼性が要求されます。

(聞き手・隈部恵)


《NTT技術史料館》 東京都武蔵野市緑町3の9の11 (問い合わせは0422・59・3311)。(木)(金)の午後1時~5時。団体は要予約。無料。6月中は臨時休館。

岩田玲子

史料館担当(学芸員)岩田玲子

いわた・れいこ レスター大学博物館学修士課程修了、大学の研究所展示室勤務を経て、2010年から現職。イベントや企画展など運営全般を担当。

(2020年6月23日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

今、あなたにオススメ

私のイチオシコレクションの新着記事

  • 世田谷文学館 東京都世田谷区にある当館は、東宝の撮影所が区内にある縁もあって映画に関連する資料も多く所蔵しています。

  • 十和田市現代美術館 街に開かれた美術館がコンセプトの当館は、広い開口部のある展示室が特徴です。

  • 薩摩伝承館 幕末から明治にかけて新しい時代を切り開いた薩摩藩。

  • 三笠市立博物館 巻き貝やカタツムリに似ていると思われるアンモナイトですが、実はイカに非常に近い生物と推測されます。殻の内部は隔壁によっていくつもの小部屋に区切られ、一番外側に1対の目と複数本の触手を持つ軟体部が収容されていました。

新着コラム